2010年10月14日

Xbox360版「ぐわんげ」、11月10日配信

ケイブさんの開発日誌より。


Xbox Live アーケードのタイトルの「ぐわんげ」ですが、配信日と価格が決定したようです。

11月10日配信、800MSPとのこと。



楽しみですよね〜。




続きを読む

GAMESIDE公式サイトにて、「シューティングゲームサイド Vol.1」の詳細が公開

GAMESIDEさんの公式サイトのほうで、10月17日に発売を控えたシューティングゲーム専門誌「シューティングゲームサイド Vol.1」の詳細が公開されています。


アーケードから同人ゲームまで同一線上で扱う専門誌ですね。
シューティングファンであれば、購入しておきたい書籍となるかもしれません。

価格は1260円です。




個人的に、HOBBYの項目まであるのには驚きました(笑)

「figma ミサカ」騒動も一段落…

10月8日に電撃屋さんで予約受付が開始された『ミサカ20,000体プロジェクト/“figma ミサカ”』ですが、開始早々アクセスが集中し、通販サイトが重くなり、予約が非常に困難な状況になっていました。

しかし、現在は対策を講じたためか、不具合が解消されてますね。

現在も予約受付中です。




私も8日から頑張って、予約しようと挑戦していましたが、なかなか上手くいかなくて…。

この頃は、こういうページも作られてましたよ…(笑)




さて、これを購入するからには、こちらも買わないと…。

買うしかないか…。

PSP版の「とある魔術の禁書目録」と「とある科学の超電磁砲」…。
限定版には「figma 御坂美琴」と「figma 白井黒子」がそれぞれ付属しますからね〜。

もうfigmaが特典なのか、ゲームが特典なのかわからなくなってきましたわ…(笑)

ねんどろいどぷち「Angel Beats! セット01」、発売開始

13日、秋葉原のホビーショップで、グッドスマイルカンパニーさんの「ねんどろいどぷちAngel Beats! セット01」が発売されました。

エンジェルビーツ、3体セットの第1弾。

パッケージ裏。

今回のねんどろいどぷちは、TVアニメ「Angel Beats!」の「ゆり」、「椎名」、「遊佐」の3人がセットになっているもので、公式サイトの情報によると「理不尽な運命を呪う少女たちの戦いを、可愛らしく再現してお楽しみください」とのこと。
また、パッケージには『ちっちゃかわいい3体セット♪ 死んだ世界系可動フィギュア!!』と記載されておりました。

これらのフィギュアの出来も良く、なんといっても可愛らしいですよね〜。



夕方頃の確認となりますが、ヨドバシAkibaさん、コトブキヤさん、宇宙船さん、アソビットシティさん、ソフマップ本館さん、ソフマップアミューズメント館さん、ソフマップPCゲーム・アニメ館さん、とらのあな秋葉原店Aさんなど、ほとんどの店舗で入荷しておりました。

アソビットシティさん。

ソフマップPCゲーム・アニメ館さん。

とらのあな秋葉原店Aさん。

ソフマップAM館さん。





11月には「セット02」も発売されますよね。
ファンの方であれば、今回のセット01と一緒に揃えてみてはいかがでしょうか。

ボークス秋葉原SR、ドルフィードリームシスター 博麗霊夢、霧雨魔理沙、予約受付中

秋葉原のラジオ会館6階にあるボークス秋葉原ショールームさんの店頭に、このような掲示が出ておりました。

おや?
これによると東方ドール「ドルフィードリームシスター 博麗霊夢」と「ドルフィードリームシスター霧雨魔理沙」の予約受付の掲示のようですね。

完全受注販売品。

どちらも可愛いんですが、価格が高いですね。



霊夢が57750円。
魔理沙が58800円となります。

わかっているとはいえ、やはり高い。

またDD用のウィッグや小物の予約も受け付けていますね。



これは、価格が価格だけに本当に好きな人じゃないと手が出ないですな。
予約期間は10月24日までとなります。
完全受注生産品です。



なお、DDS霊夢と魔理沙は、現在、大阪のほうで商品の展示を行なっていますが、10月18日から24日まで秋葉原ショールームさんのほうで展示があるみたいです。

表紙絵が「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の『週刊アスキー 10月26日号』が発売

「週刊アスキー 10月26日号」が11日あたりから全国の書店、コンビニなどで販売が始まりました。

秋葉原限定版では、アニメやゲームのキャラクターが表紙になるのはいつものことですが、一般販売の「週アス」では数が少ないと思います。

これは、表紙絵が今秋始まったTVアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の桐乃を採用していることで個人的に注目していたんですよね〜。
「週刊アスキー秋葉原限定版」では、こういったアニメやゲームのキャラクターが表紙になるのはいつものことですが、全国で発売される「週刊アスキー」ではあまりありませんからね〜。



発売されて、すぐに売り切れることはないと思っていたのですが、秋葉原の「とらのあな」さんや「ゲーマーズ」さんのほうでは、この週刊アスキーの購入特典にポストカードが付属していたため、13日の夕方までにはどちらも完売してしまったという情報もありました。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン関連