2010年10月26日

D-STAGE秋葉原店、「コミックマーケット79カタログ」予約受付開始。

D-STAGE秋葉原店さんの店頭に、このような掲示がされてました。

秋葉原では2番目。

今年の年末に東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット79」のカタログ予約が始まっているようです。

秋葉原では、ゲーマーズ本店さんが冬コミカタログの予約受付を始めたのが最初ですが、それに続いて2番目の開始となりますね。



このPOPによると、どうやら特典が付くようです。
ただし、特典の詳細については、まだわかりません。




冬コミカタログの各店舗予約特典の情報については、ほとんど出揃ってきてから、記事にしたいと思います。
多分、12月中旬頃…かな…。

ちくたくらびっと、「博麗霊夢(第6回例大祭カタログ版)」予約受付中

ちくたくらびっとさんのPVC塗装済み完成品「博麗霊夢(第6回例大祭カタログ版)」の予約が始まっております。



予約受付を行なっているのは、とらのあなさん、アニメイトさん、ゲーマーズさん、メッセサンオーさん、あきばお〜こくさん、D-STAGEさん、サーパラショップ秋葉原店さんの7店舗。

とらのあな秋葉原店Bさんの販促ポスター

価格は税込で13440円と高額ですね…。

完全受注生産で、発売が2011年6月を予定しているとのこと。




このフィギュアは、赤りんご氏が描かれた「第6回例大祭カタログ」の表紙絵を立体化したものですね。
ガレージキット版は、よくワンフェスなどのイベントで見かけましたよ。

写真はトレフェスにて。

今回発売されるPVC完成品も、赤りんごさんのイラストを忠実に再現した出来の良いものになるといいですね。

秋葉原UDXビルにて「萌酒サミット」が開催

24日、秋葉原にあるUDXビルの2階イベントスペース(AKIBA_SQUARE)において、萌え日本酒イベント、「萌酒サミット」が開催されました。

萌えと日本酒の融合「萌酒サミット」が開催。

萌え酒のキャラクター達のパネルと酒樽まであるではないか!

公式によると、『日本伝統の酒「日本酒」とヲタクの魂「萌」による脅威の合体技…「萌酒」。そんな萌酒が全国から集まった』とあり、「秋葉原コスプレ天国」と併催されてました。

料金が3500円もかかるということだったのですが、私が足を運んでみたところ、AKIBA_SQUAREの外でやっている萌酒サミットは実質入場無料。
コスプレ会場に入るには3500円の入場券が必要になってました。



さて、萌酒イベントのほうですが、日本各地の「萌酒」の即売会が中心でした。

ウェーブマスターさんのブース。

栗橋商工会さん。

飛夢さん。

ここに来れば、いろいろな萌え日本酒を購入することができるのですが、試飲コーナーもあり、そこには沢山の方たちが集まっておりましたよ。

おおっ! 瓶の色も鮮やかですわ。

スポイトを使って少しずつ…ですね。

この試飲コーナーで味見してみて、気に入った萌酒の購入を決めた方も多かったのではないでしょうか。

真ん中の黄門様ってBL系の酒か(笑)

うめ物語。確かとらのあな秋葉原店Bさんでも見かけたね。

色っぽいね〜。

パッケージも女の子だけでなく、男性(しかもBL風)のものもあったり…。



私は、秋葉原に車で来ていたこともあり、今回のイベントには参加できなかったのですが、twitterを通じて、りんつさん(「自由な色で広げたい」さん)にお知らせしたところ、足を運ばれておりました。

細かなレポートは、そちらを参照にしていただくと良いかと思います。





いやはや、3500円かかるからスルーするつもりだったのですが、まさか入場無料だったとは…。
わかっていれば、車で秋葉原に来なかったんですけれどね〜(笑)

日本各地の萌酒、飲んでみたかったです。
posted by Coo at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント関連

コトブキヤ、2階のショーケースに「一番くじ きゅんキャラわーるどSP けいおん!」が展示

先日、秋葉原のゲーマーズ本店さんのほうに「一番くじプレミアム 西尾維新アニメプロジェクト」が展示されていると記事にしましたが、コトブキヤ ラジオ会館店さんでは、「一番くじ きゅんキャラわーるどSP けいおん!」がサンプル展示されてました。

もう、この位置からでもわかるA賞の存在感が…。

きゅんキャラ中心の新シリーズのようです。

この一番くじは、きゅんキャラを中心としたもので、なんとも可愛らしい景品が揃ってますね。
「けいおん!」が好きな方は集めたくなってしまうかも…です。

ただ、A賞の圧倒的な存在感が何とも言えないところでしたが…(笑)



・A賞:でかきゅんキャラ『さわ子最終形態』

これがA賞!?

製品版は仮面を取り外して素顔を見ることができるようです。
公式サイトには、写真入りでさわちゃん先生の顔が出てますな。
高さ18cmにもなる巨大なきゅんキャラです。



・B賞:唯&紬セット

おお、可愛いですな〜。




・C賞:澪&律セット

写真は体全体を上手く撮れませんでした。仕方ないね…。




・D賞:梓&憂セット

憂ちゃんがいいですね〜。




・E賞:さわ子&和セット

軽音部時代のさわちゃん。写真が暗くなってすみません…。




・F賞:ピンズセット『けいおん!』
・H賞:ストラップ『けいおん!』


F賞とH賞は一緒に展示してました。

ピンズセットは全3種類(景品一つにつき3個封入)、ストラップは全6種類になっているようです。



・G賞:グラス『けいおん!』

2akiba-327.JPG

全4種類。




この商品ですが、「一番くじプレミアム 西尾維新プロジェクト」と同様に11月中旬を予定しているようです。

素顔が素敵であることを信じたい!唯も可愛いがムギちゃんもいい感じ!





続きを読む

まんだらけコンプレックス、ショーケースが水木しげる特集に…。

まんだらけコンプレックスさんの店頭のショーケースが「水木しげる特集」になっておりました。

こ、これは…。

水木しげる特集

飾られていたのは「水木しげる やのまん 妖怪道五十三次複製原画55枚セット」や「水木しげる 妖怪舎 原作フィギュア&妖怪コレクション」、「水木しげる関連書籍」などです。

まず、「妖怪道五十三次複製原画55枚セット」ですが、複製とはいえ、全て揃って展示されているのはなかなかお目にかかることはないと思います。

正面のショーケースには、「妖怪道五十三次」がズラリ。

複製とはいえ、見応えがあると思います。

POPによると、『旅絵師広重が描いた「東海道五十三次」をモチーフに、各宿場を「妖怪道」として再編集。広重の東海道五十三次と水木しげる先生が長年描き続けた「民話伝承」の世界の見事な融合…。五十三の宿場と起点である京都と日本橋を含む やのまん製の複製画全55枚が登場。』とありました。

オークションも開催。

なお、23日からオークションが90000円からスタートしているようですね。
終了は30日の0時とのこと。

眺めるだけなら無料です(笑)

おそらく展示のほうも30日あたりで終了すると思いますので、興味のある方は、こちらに足を運んで55枚の「妖怪道」を眺めてみてはいかがでしょうか。



フィギュアのほうは、店頭及び1階店内のショーケースに展示されてました。

おおっ!

目玉のオヤジ様。

水木先生と妖怪達。

こちらのほうもなかなか見応えがあると思います。

ゲゲゲの鬼太郎は懐かしくていいですよね〜。