2011年03月09日

ナツゲーミュージアム、「蒼穹紅蓮隊 オリジナル・サウンドトラック」発売記念イベントを3月13日に開催

秋葉原にあるナツゲーミュージアムさんにて、2月28日に発売となったSuperSweepさんのベイシスケイプレコーズ『蒼穹紅蓮隊 オリジナル・サウンドトラック』の発売記念トーク&サイン会が3月13日に開催するそうです。



イベントには「蒼穹紅蓮隊」のBGMを手掛けたベイシスケイプの崎元仁氏を始め、今回のサントラのアレンジを担当された阿部公弘氏、金田充弘氏、工藤吉三氏も出演されるようです。




イベント詳細にあっては、ナツゲーミュージアムさんの告知ページにて…。

イベントは無料ですので、ファンの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。
posted by Coo at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | ゲーム音楽

秋葉原に「ブシロード」の宣伝トラック

3月7日あたりから見かけていたのですが、秋葉原では、現在ブシロードさんの宣伝トラックが走ってます。

ブシロードさんの宣伝トラックのようです。

この宣伝トラック、どこかで見たことがあると思ったら、一昨年(2009年)の8月あたりに走っていた「ヴァイスシュヴァルツ」の宣伝トラックと同じものかと思われます。

荷台の看板が回転する、ちょっと変わった宣伝トラックです。

荷台の看板が回転するので、結構目立つ…。

今回は主に「ヴァンガード」の宣伝ですが、中には「劇場版 マクロスF 恋離飛翼〜サヨナラノツバサ〜」やTCG「ヴァイスシュヴァルツ」の新作(マクロスFと灼眼のシャナ)の宣伝も入っていました。



ヴァンガードの看板もミルキィホームズと同様に秋葉原ではよく見かけますよね…。
posted by Coo at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋葉原情報

コミックス「魔法少女リリカルなのはViVid」第3巻限定版、「魔法戦記リリカルなのはForce」第3巻限定版が発売

秋葉原の書店、一部のホビーショップにて、コミックス「魔法少女リリカルなのはViVid」第3巻限定版、「魔法戦記リリカルなのはForce」第3巻限定版が先行発売されました。

2つの限定版が同時発売

限定版は通常版とは違うブックカバーのようです。

この2つの作品は「魔法少女リリカルなのは」第4期シリーズとして「月刊コンプエース」(魔法少女リリカルなのはViVid)と「娘Type」(魔法戦記リリカルなのはForce)で連載しているもので、第3巻限定版にはそれぞれにねんどろいどぷちが付属しております。



それぞれの限定版のセット内容は以下の通り。

・「魔法少女リリカルなのはViVid」コミックス第3巻限定版

ViVid3巻限定版

ねんどろいどぷち高町ヴィヴィオ

特別小冊子
限定版描き下ろしカバー仕様
ねんどろいどぷち高町ヴィヴィオ付属




・「魔法戦記リリカルなのはForce」コミックス第3巻限定版

Force3巻限定版

ねんどろいどぷち 高町なのは

設定資料集
限定版描き下ろしカバー仕様
ねんどろいどぷち 高町なのは付属



ゲーマーズさんやとらのあなさんでは、ショップ特典として描き下ろしブックカバーが付いてくるみたい。

ゲーマーズ

ゲーマーズ

とらのあな

ゲーマーズさんではショップ特典の他にも「リリカルなのはコミックスフェアなの!」という企画も行なわれており、それぞれ4種類ずつのブロマイドがランダムでプレゼントされる他、ViVidとForceの限定版第3巻を両方購入するとB2 リバーシブルポスター、さらに抽選会が店頭で行なわれていて、運が良ければ4種類のポスターがランダムで1枚貰えるようです。

ゲーマーズ本店さんでは抽選会も…。

抽選会告知POP

ViVid特典ブロマイド(ゲーマーズ)

Force特典ブロマイド(ゲーマーズ)

同時購入特典(ゲーマーズ)






さて、秋葉原では、各ショップで入荷を確認。

メロンブックス秋葉原店さん

コミックzinさん

とらのあな秋葉原店Aさん

K-BOOKSさん

ゲーマーズ本店さんやコトブキヤ ラジオ会館店さんでは店頭販売も行なっていました。



最も大きく展開していたのは、特典が多いゲーマーズ本店さんで1階の新刊平台に山のように積み上げられていただけでなく、3階では天井にも届くくらい積んでおり、「なのはタワー」が出来ていました。

ゲーマーズ本店さん1階

ゲーマーズ本店さん

ゲーマーズ本店さん

棚にもいっぱい

ゲーマーズ本店3階

もう柱ですな。

3階






通常版は3月26日あたりに発売を予定しているようです。

コトブキヤ ラジオ会館店、「顔文字バスボール」を店頭販売

コトブキヤ ラジオ会館店さんの店頭で、ERA Japanさんの「顔文字バスボール」という商品を販売しておりました。

顔文字グッズの新商品

これは、入浴剤のようで、お風呂の中に入れると溶けて、最後に顔文字マスコットが出てくるというもの。



これ、ソープの香りらしいですね。

全部で5種類あるみたい

マスコットの種類はショボーン、キター、ゴルァ、ハァハァとシークレットの5種類あるようです。
価格は1つ399円でした。



コトブキヤさんのPOPには「今夜はショボーン風呂」とありました。

ショボーン風呂…(笑)

お風呂に入るとショボーンな気持ちになるのかな(笑)



こういった顔文字グッズが好きな方にはオススメです。

「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」発売中

アキバBlogさんの記事より…。


ナムコゲームのアンソロジーコミック「僕らのナムコ80'sトリビュートコミック」が3月3日に発売されたそうで、なかなか面白そうなのでこれをとらのあな秋葉原店Aさんで購入してきました。

僕らのナムコ

コミックRUSHブログによると、『「パックマン」「ギャラガ」「ゼビウス」「ドルアーガの塔」「ファミスタ」……。そんな、ビデオゲーム史に残る名作を輩出し続けたナムコ(現バンダイナムコゲームス)を愛してやまない作家陣が描く、1980年代青春グラフィティ&トリビュートコミック!!』とあり、アキバBlogさんによると『カバーイラストはヤスダスズヒト氏で、漫画は、うめ氏、清野とおる氏、久松ゆのみ氏、道満晴明氏、平沢ケンゴ氏+塚本エミイ氏、ドリヤス工場氏、冨士宏氏、押切蓮介氏、水越保氏+たかはしまもる氏、能田達規氏、雑君保プ氏、千翠茉子氏、片瀬優氏の全13編、遠藤雅伸氏×冨士宏氏の特別対談や、ナムコビデオゲーム年表、各ゲームの解説などを収録』されているとのこと。




ああ、私もこの頃のゲームをよく遊んだものですよ。
子供の頃、グラディウスなどのコナミさんのシューティングゲームをゲームセンター遊ぶ一方、ゼビウスやギャラガなどのナムコゲームも楽しんでいましたわ。

ただ、前にもどこかで書いた事があった(多分、「合言葉はCoo!」で配布したMIDIテキスト)のですが、どうも女の子が主人公のゲームが苦手で「ワンダーモモ」とか「ワルキューレの伝説」、「バーニングフォース」などを敬遠しておりまして…(笑)

それも今となってはいい思い出なんですよね〜。




漫画のほうも、ナムコ愛に溢れていてなかなか面白かったです。

昔プレイしていた「あの頃」を思い出しながら、読んでみるのもいいものですね…。




とらのあな秋葉原店さんなどの書店で、3月9日現在も発売中です。

とらのあな秋葉原店Aさんでは1階奥のほうの平台にあった。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム雑記