2011年05月15日

蒼樹うめ先生のCOMIC1新刊「RKGKMDK(ラクガキマドカ)」発売、午前中で完売

5月14日、同人サークルapricot+さんの「魔法少女まどか☆マギカ」の同人誌『RKGKMDK(ラクガキマドカ)』がコミックzinさんととらのあなさんで委託開始となりました。

『RKGKMDK(ラクガキマドカ)』

この同人誌はapricot+の蒼樹うめ先生が描く「魔法少女まどか☆マギカ」の非公式同人誌で、COMIC1で頒布があったときは、長蛇の列が出来、お昼過ぎには完売してしまったもので、5月14日のとらのあなさんやzinさんの通販でも1時間半ほどで完売したようです。

zinさんの店頭POP






秋葉原では、とらのあな秋葉原店Aさんやコミックzinさんに沢山の方が並び午前中で完売した他、全国のとらのあな各店も早い段階で完売してしまったとのこと。




発売日前日の深夜は、とらのあな秋葉原店さんやzinさんで並んでいる方は誰もいなかったですね。

とらのあな秋葉原店さん店頭。午前3時。

とらのあな秋葉原店Aさんと秋葉原店Bさんの店頭シャッターには、このような案内も出ておりました。

列整理について…。





朝の6時からとらのあなさん付近に10数名待機、zinさんの店頭では数人が自主的に並んでいました。

コミックzinさん店頭






その後、徐々に人が増えていき、とらのあな秋葉原店さんでは朝8時半くらいに列整理が行なわれ、開店前に並んでいる方で完売してしまったようです。

とらのあな秋葉原店さんでは、列整理中並んでいる方で完売

すごい並んでいる…。

10時開店後、とらのあな秋葉原店Aさんの店頭では完売告知が早々と出されていました。

とらのあな秋葉原店Aさん店頭

入り口の看板にも完売告知

なお、販売はとらのあな秋葉原店Aさんの地下1階にて行なわれたようです。





早くから列が出来ていたzinさんでは、7時くらいに約40人ほど並んでいましたが、8時くらいになると、2列で列が形成されるも最後尾がクラブセガ秋葉原新館さんの店頭まで延び、9時ごろでは、とらのあな秋葉原店さんで列が締め切られたことでzinさんの列に沢山の方が並び、終いにはJR高架付近のクラブセガ秋葉原店さんあたりまで列が延びてしまいました。

zinさんの店頭。

もう大混雑です。

大行列

クラブセガ秋葉原新館さん前。

Heyさん前。

クラブセガ秋葉原店(旧館)前に最後尾。10時ごろ。





私も7時の段階で列に並びましたが、zinさんの2つ隣にある吉野家さんのスタッフさんが表に出てきて、「弁当はいかがですか〜」などとzinさんに並んでいる方たちに声をかける一幕もありました(笑)

あまりの行列に、zinさんは列先頭付近を4列にして対応(何でも周辺のショップさんからクレームがあったとのこと)、9時40分に開店時間を早め、今回の「RKGKMDK」のみの販売を開始しました。
販売数も1人3限から1限に変更しております。

開店直後の様子。1階レジと3階レジにて販売。

10時過ぎには、購入列の最後尾をクラブセガ秋葉原新館さんの脇の道路に並ばせてますね。

とらのあなさんからのお客さんが沢山…。

この後も並ぶことができましたが、zinのスタッフさんから『もしかすると買えない可能性がある』とお客さんに呼びかけておりました。




そして、正午前に完売しております。




いやはや、ものすごい人気でした。

同人誌一冊でここまでの行列になるとは…。





なお、apricot+の蒼樹うめさんによると、今後、再販を予定しているようですね。
今回、購入できなかった方も、まだ入手できるチャンスはあります。

どんなに欲しくても高額な中古品やヤフオクに手を出さないほうがいいと思いますよ。

コトブキヤ、特大ショボーンクッションを店頭販売、その日のうちに完売

5月13日より、コトブキヤ ラジオ会館店さんですが、通常のショボーンクッションよりも大きい「特大ショボーンクッション」を店頭販売しております。

実際に見ると、その大きさを実感できますよ。

この特大ショボーンクッションは、ショボーンクッション(25cm)よりも一回り大きなサイズ(35cm、つぶすと約40cmぐらい)となっていますね。

13日の発売日は、私が秋葉原に到着した時は既に完売しておりました。
入荷量もそんなに少なくなかったと思われますが、夕方の時点で13日分が完売です。

初日はあっさり完売

流石に人気が高いですわ。




翌日、コトブキヤさんの店頭に足を運んだところ、また特大ショボーンクッションを販売しておりました。

迫力が違います!

ピラミッド状に積み上げられて実感するのですが、今までよりもはるかにデカイですよね〜。

コトブキヤ限定…ということもあり、ドン・キホーテ秋葉原店さんで販売されていたものと違い、顔文字の色が黒ではなくベージュになっていました。

価格は1個2500円。




なお、14日も夕方ごろには完売したようです。
流石、実績のあるコトブキヤさんの店頭販売ですね〜。

ショーケースにサンプル展示されているショボーン3兄弟。一番上のショボーンぬいぐるみにはリボンが取り付けられていました。可愛いです。

コトブキヤさんによると、15日も販売があるようですので、買い逃した方はチェックしていたほうがいいでしょう。



また、人気商品である通常版のショボーンクッション(コトブキヤ限定版)ですが、現在も品切れ中で入荷は未定とのこと。

サンクス神田明神店で、神フランクが発売

秋葉原のコンビニ、サンクス神田明神店さんでは、週末限定で「神フランク」を販売することになったようです。

長さが35cmもあるフランクフルト

長さが35cmにもなる巨大なフランクフルトで、コミケや先日の博麗神社例大祭でもサンクス国際展示場駅前店さんが販売していたものですね。



秋葉原にあるサンクス神田明神店さんでは店頭にこのようなPOPも出しておりました。

今回のPOPはこんな感じ。

『冬コミわずか1日半で2000本が完売! ブログ、twitter等で賞賛の声続々! ついに伝説のフランクが満を持してサンクス神田明神店に降臨!!』とあり、『すごく…大きいです…』『そんな大きさで大丈夫か?』『僕と契約して、神フランクを食べてよ。』と書かれてました。

さらに、下には『あのPOPは使わないでね、ガチで本部に怒られたから。』と店長さんのお言葉も…(笑)

阿部さんは駄目なのか…。
でもちょっと写っているのは気のせいでしょう…(笑)



さて、サンクス神田明神店で販売していた神フランクですが、ケチャップが2つ付いてくるんですよね。
国際展示場駅前店さんでは1つしか付いていなかったのですが、やはりこれぐらいの大きさにもなると必要だと思う方も多いかもしれませんね。



また、秋葉原でtwitterで情報を上げていた方の中には、ネタ画像を入れていた方も多かったですよ。
Togetterで、それを纏めてくれた方もいらっしゃったので、それにリンクしておきますね。




食べ応えは十分な、この巨大フランク。
現時点では、このサンクス神田明神店さんしか扱ってませんからね〜。

食べてみたいと思う方は、週末、サンクス神田明神店さんに足を運んでみてはいかがでしょうか。