2012年02月12日

海洋堂ホビーロビー東京、ワンフェス会場のワンダーショウケースで販売されるレジンキットの塗装済みサンプルを展示

海洋堂ホビーロビー東京さんですが、本日12日に開催のワンダーフェスティバル2012[冬]のワンダーショウケースで販売されるレジンキット「#057 戦場ヶ原ひたぎ&八九寺真宵」、「#058 初音ミク ロリータスタイル WSC Ver.」、「#059 みのりの」の彩色済みサンプルを店頭ショーケースに展示しておりました。

12日に発売するレジンキットの彩色済みサンプル展示。

流石に、どれも素晴らしい作品ですね。



#057 戦場ヶ原ひたぎ&八九寺真宵

1

2

原型製作は月桜氏。
イベント販売価格は6000円とのこと。






#058 初音ミク ロリータスタイル WSC Ver.

1

2

3

原型製作はtakezy氏によるもの。
会場価格は4800円。
一般販売価格は6800円を予定しているようです。






#059 みのりの

1

2

原型製作はめぬ氏。
会場価格は19800円。
一般販売価格は24000円になるとのこと。






ワンフェス会場で販売される、これらのレジンキットですが、「#058 初音ミク ロリータスタイル WSC Ver.」と「#059 みのりの」は2月下旬に海洋堂ホビーロビー東京でも販売予定だそうです。

ワンフェスに参加できなかった方で、これらのレジンキャストキットが欲しい方はチェックですね。

秋葉原UDXビル地下2階で「DAME SONIC 2012-Akihabara」の痛車イベントが開催

11日、「秋葉原×音楽×チョコレート」をテーマにした、バレンタイン音楽イベント「DAME SONIC 2012-Akihabara(ダメソニック2012)」が行なわれ、秋葉原UDXビルの地下駐車場(地下2階)ではイベントの一つである痛車イベントが開催されていました。

「DAME SONIC 2012-Akihabara」

UDXビル地下駐車場

いや〜、このイベント、完全にスルーしてました(笑)
「DAME SONIC 2012-Akihabara」は公式サイトによると、『秋葉原のイベント会場数箇所で同時開催。DJ、バンド、アニメ、ゲーム、痛車、アイドル等、多岐に渡る音楽と、チョコレートが楽しめるイベント」だったようで、会場は「秋葉原CLUB GOODMAN」さん、「ROCKET GATE」さん、「AKIHABARA85 HACO」さん、「あきスタ!」さん、「秋葉原UDX駐車場」さんの5箇所。

このうち、痛車展示が行われたのは、秋葉原UDXビルの地下駐車場。



私は痛車イベントしか見てなかったのですが、狭いスペースながらも沢山の痛車が沢山展示されていて、非常に見応えがあるものでした。

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

秋葉原では、痛車はいろいろと見かけますが、こういったイベントはなかなかないですからね〜。




中には、痛車だけでなく、等身大の「けいおん!」HTTメンバーやハルヒ、初音ミクなどのフィギュアを痛車の前に飾っていたり、コスプレイヤーさんの姿も見かけました。

HTTメンバーも

チョコレートを配布してました。

ハルヒやミク、なぎ様の姿も…。

コスプレイヤーさんの姿も





また、レッドブルカーも駆けつけてくれたようで、レッドブルの無料配布もあったみたいです。

レッドブルカーも応援に!





今回の痛車イベント、痛車を間近で見れる、いいイベントだったと思いました。
画像は車の外装のみを撮ったものですが、車の中もいろいろと凝っている(痛くなっている)んですよね、どの車も…。

時間をかけて、ゆっくりと見たいと思えるイベントでした。
posted by Coo at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋葉原情報

「AKIHABARAゲーマーズ別館 ぷちげま」がオープン

2月11日、「AKIHABARAゲーマーズ別館 ぷちげま」さんが北澤ビル地下1階(旧メッセサンオー同人誌館跡地)にオープンしました。

ゲーマーズ別館ぷちげま、オープン

階段部

早速、中に入ってみたところ、階段を降りて左側のフロアは販売スペース、右側はガチャスペースに別れていましたよ。

左側がショップスペース、右がガチャスペースとなっています。





販売スペースのほうでは、オープンと共に始まった「七尾奈留・九尾イラスト展」が開催となっており、フロアの半分以上が美麗イラストの展示を行なっていました。

七尾奈留・九尾イラスト展

イラストは撮影禁止となりますが、撮影可能な展示コーナーもありますね。

撮影可能な展示コーナーも設置。




物販にあっては、コミックマーケット81で販売された画集やグッズなどの販売もありましたよ。

C81限定商品

画集も販売されていました。




また、会場で5000円毎の購入でガラポンに挑戦できるみたいで、あたりが出ると、特製ポストカードやタペストリーが貰えるようです。

今回のイラスト展は3月4日までの開催となります。
興味のある方は期間中に足を運んでおくといいでしょうね。



また、ぷちげまさん限定で、ゲマシフォンケーキが発売されました。

お菓子コーナー

限定のお菓子を販売。

ゲマシフォンケーキ

味はチョコレート味とカスタード味の2種類。



このゲマシフォンケーキを含むお菓子を2つ以上購入すると、限定ゲマシフォンミニチュアストラップがプレゼントされるとのこと。

2つ犯しを買うと、ストラップが貰えるようです。







次に、ガチャスペースのほうですが、その名の通り、フロア内にガチャガチャ機がいっぱい置かれていました。

ガチャガチャがいっぱい!

約50台ほどです。

よく見てなかったのですが、他ではなかなか見かけないような景品もあったみたいですね。



また、ガチャスペース入り口には、でじこ神社が建立されてましたよ。

でじこ神社

神社には、でじこの姿が。

ヒットして欲しいアニメを書いて奉納

絵馬も置けるスペースもあった。

販売スペースのほうでは『様々なメーカー、タイトル、作家さんとコラボした展開』を企画しているという「ゲーマーズ別館ぷちげま」さん。

今後も楽しくなりそうなショップですね。





なお、余談ですが、ゲーマーズ本店さんでは、このゲーマーズ別館ぷちげまさんの開店を記念して、でじこが店頭に遊びに来ており、チラシを配っておりました。

でじこ

アップで!

コトブキヤ秋葉原館、「トロの一日店長」イベントを開催。沢山の方が集まる。

コトブキヤ秋葉原館さんでは、「どこでもいっしょ」でおなじみのトロが1日店長として登場するイベントが11日に開催され、沢山の方が店頭にて写真撮影をされていました。

コトブキヤ秋葉原館さんでトロ店長が来店!

ふんどし姿(?)のトロ店長

秋葉原でトロの着ぐるみイベントは初めてなのではないでしょうか。
一日店長のトロさんは、12時、13時、15時、16時、18時、19時の6回で各回30分店頭に現れてましたよ。

動きが機敏でした。

結構機敏な動きで、ビックリしましたわ。

前掛けが、ふんどし姿にも見えるんですけどね(笑)





それ以上に驚いたのが、ここに集まったお客さんの多さで、私がここに訪れた15時頃は、店頭に40〜50人くらいの方が、このトロの愛らしい姿を撮影されていましたよ。

このトロ店長を見に、沢山の方が来店。

というか、道を塞ぐぐらいに多いです。

時間が経つにつれてどんどん増えてくる(笑)





さて、コトブキヤさんでは、このトロ店長が店頭でパフォーマンスしている中、「どこでもいっしょ」関連商品を販売しておりました。

ここでグッズを購入するだけで、トロ店長と一緒に記念撮影が出来るようです。

記念撮影で行列も出来ていました。

親子やカップルの方も多かったです。






また、グッズ購入者には「どこでもいっしょ」のショッパーが貰える他、1000円以上の購入で「トロの首振りマスコット」もプレゼントされたようです。

店頭では「どこでもいっしょ」関連グッズを販売

久しぶりに、秋葉原の着ぐるみイベントで沢山の方が集まった気がします。
また、やってほしいですね、このイベントも…。

店内のトロのおみせのショーケースにて…。

コトブキヤ秋葉原館、「ミサカ盛り2」のハメ撮りパネルを設置。

コトブキヤ秋葉原館さんですが、3月に発売を予定している「ミサカ盛り2」の販促用ハメ撮りパネルを4階に設置していました。

ミサカ盛り2のハメ撮りパネル

記念撮影が出来るみたい…なんですが…。




この「ミサカ盛り2」ですが、製品情報によると、ミサカ盛りについては『フィギュアマニアックス乙女組(発行:アスキー・メディアワークス)にて掲載中の『有馬啓太郎の妄想ぷれぜんつ』第9回で立案された企画を商品化した「ミサカ盛り」。商品の好評を受けて第13回・第14回に連続して立案された「ミサカ盛り」の新しい企画を、またコトブキヤが商品化させていただきます!』とあり、『今回ラインナップされたキャラクターは「荒ぶるシスターズ」「インデックス」「御坂美琴(困惑)」「白井黒子」。インデックスがシスターズと共同戦線を張り、木に登って降りられなくなった飼い猫スフィンクスを助け出すという可愛らしい場面。シスターズの中に紛れ、セクシービキニで誘う(いざなう)黒子と、状況を理解できないままに頂点に鎮座してしまい戸惑う美琴。キャラクター達を積み上げれば有馬啓太郎氏が妄想した2つのシチュエーションを再現可能です。』とのこと。

このパネルは2つのシチュエーションのうち、インデックスがシスターズと共同戦線を張り、木に登って降りられなくなった飼い猫スフィンクスを助け出すという可愛らしい場面を想定したものとなっているようで、丁度インデックスの顔の部分に穴が開いており、そこに顔をはめて記念撮影することが出来る…はずなのですが…。

一見問題なさそうに見えるのですが、実はかなり高い位置に穴が開いています。







実は、このパネルでの記念撮影をするには、身長が190cmぐらいないとダメだという…(笑)

インデックスさんの顔の位置がかなり高いんですよね。
このハメ撮りパネルから顔を出すのは、かなり身長が高くないと不可能みたいです。



カップルの方であれば、男性の方が、このフィギュアのように四つんばいになり、女性の方を乗せて、スタッフさんに写真を撮ってもらうという荒業を使えば可能かもしれませんが…。





コトブキヤ秋葉原館さんでは、これについて確認したところ、「後日、パネルの後ろにお立ち台などを置く予定」だそうです。

記念撮影される方は、それまでの辛抱でしょうね(笑)




さて、コトブキヤ秋葉原館さんでは、去年あたりから、この「ミサカ盛り2」のサンプルを展示されております。

ミサカ盛り2のサンプル

黒子

インデックス

小さいながらも、出来がいいですよ。



前作のミサカ盛りのように、沢山積み上げるのもいいでしょうね。

これは、前作のミサカ盛り

(※写真は前作の「ミサカ盛り」)