2012年09月06日

アニメ「じょしらく」の痛人力車、秋葉原に登場

9月5日、アニメ「じょしらく」にラッピングされた人力車を秋葉原UDXビル前、アニメイト秋葉原店裏のアキバ田代通りにて見かけました。

秋葉原UDXビル前

ラッピング人力車

アニメ「じょしらく」の公式サイトによると『浅草の六区ブロードウェイ商店街、秋葉原の2か所を拠点に桃黒亭一門のメンバー、そしてじょしらくのキャラクターそれぞれフルラッピングされた人力車が9/5〜9/9の5日間限定で登場し、浅草と秋葉原を駆け回ります。』とのこと。

秋葉原だけでなく浅草のほうでも行なっているコラボイベントのようですね。




秋葉原で見かけた「じょしらく」痛人力車は全部で6台。
「じょしらく」仕様の人力車は1台につき1キャラクターが描かれており、人力車全体もそのキャラクターのイメージカラーとなっています。

蕪羅亭魔梨威

空琉美遊亭丸京

防波亭手寅

波浪浮亭木胡桃

暗落亭苦来

桃黒亭一門

蕪羅亭魔梨威(ぶらてい まりい)、空琉美遊亭丸京(くうるびゆうてい がんきょう)、防波亭手寅(ぼうはてい てとら)、波浪浮亭木胡桃(はろうきてい きぐるみ)、暗落亭苦来(あんらくてい くくる)の5人のキャラクターでラッピングされた人力車の他に、桃黒亭一門仕様(写真入り)の人力車1台が用意されていました。



スタッフさんも各キャラの色に合わせたものを着ていましたよ。

各キャラもプリント

色もそのキャラクターのイメージカラー





このイベントですが、9月9日までの開催となり、運営時間は各日12時から19時まで。
走行時間は約10分ほどで、料金は3000円とちょっとお高い値段となっていました。

運行ルートは、秋葉原UDX前からソフマップ本館のある交差点を渡り、中央通りを末広町方面へ。
末広町の交差点から秋葉原UDXビル前に戻ってくるといった感じです。



受付は秋葉原UDX広場、人力車の近くにいるスタッフさんにて行ないます。




さて、早速3000円払って、この痛人力車に乗ってきました。
受付を済ますと、このような乗車券が渡され、防波亭手寅(ぼうはてい てとら)の人力車へ。

女性スタッフさん

乗車券をスタッフさんに渡す

この人力車のスタッフさんは女性の方でした。



最初はゆっくり進むのかと思ったけど、実際に乗ってみると、結構スピードがあるのには驚きました。

アキバ田代通り

ソフマップ本館前

交差点を渡って

中央通りを末広町方向へ

狭いところはちょっと車などの障害物にぶつかるんじゃないかと思いましたが、流石はプロというべきか、安全を確認しながらゆっくり進んでいました。



普段の夜の巡回とは違う秋葉原の眺めで、なかなか楽しかったです。

前述したように期間は9月9日までですので、乗ってみたい方はお早めに…です。




続きを読む

ボークス秋葉原ホビー天国、店頭ショーケースに「一番くじ アマガミSS+ plus」のサンプルが展示

ボークス秋葉原ホビー天国さんですが、9月22日に発売を予定している、バンプレストさんの一番くじの新作「一番くじ アマガミSS+ plus」のサンプルが展示されていました。

ボークス秋葉原ホビー天国さんの店頭ショーケースに展示

展示されていたのは、A賞「絢辻詞 きゅんキャラ」、B賞「桜井梨穂子 きゅんキャラ」、C賞「棚町薫 きゅんキャラ」、D賞「中多紗江 きゅんキャラ」、E賞「七咲逢 きゅんキャラ」、F賞「森島はるか きゅんキャラ」、G賞「フェイスタオル」、H賞「グラス」、I賞「クリアファイル【3枚セット】」、J賞「ラバーストラップ」と全ての賞品が展示されていましたよ。

AからF賞

G賞、H賞

I賞

J賞

上位賞であるきゅんキャラの出来がどれも良いといった印象です。





なお、参考までに、先月行なわれたキャラホビ2012のバンプレストブースでの展示の様子を…。

コトブキヤ秋葉原館、斑鳩のプラキット「飛鉄塊 銀鶏 [白]」のサンプルを展示

コトブキヤ秋葉原館さんでは、今月9月に発売を予定している「飛鉄塊 銀鶏 [白]」のサンプルを展示されていました。

「飛鉄塊 銀鶏 [白]」

製品情報によると、『一世を風靡したシューティングゲーム「斑鳩」の2Pプレイヤー機 飛鉄塊 銀鶏(ひてっかい ぎんけい)が、「上級者向けプラキット」として今蘇る! 原型師伊世谷大士氏によるガレージキット試作をゲームのオリジナルデザイナー鈴木康士氏により「フォルム見直し」「ディテール追加」を行い、装いも新たに1/144スケールプラキットとして生まれ変わりました。』『あえて「上級者向けプラキット」とする事で、普通の商品なら省略されているであろうディテール・フォルムを忠実に立体化。小翼の展開収納状態を差替え式で、降着アームも差替えで再現できます。機体の各紋様は「モールド」と「デカール」にて再現。』『また銀鶏用に鈴木康士氏描き下ろしの“ガレキ”をイメージしたベースが付属、雰囲気をさらに盛り上げます。パッケージアートも鈴木康士氏に描き下ろしていただきました。』とのこと。

右

左>
後




かっこいいですわ、飛鉄塊 銀鶏。
サンプルを見てもわかりますが、かなり精密に作られているといった感じがしていいですね〜。

ただ、上級者向けのプラスチックキットのため、ここまで細かいと完成させるのが難しそうですな。




大きさは1/144スケール(長さ155mm)で、価格は5040円とのこと。

作るのが難しそう。

既に発売中のコトブキヤさんのプラキット「飛鉄塊 斑鳩」を持っている方であれば、これと並べて飾っておくといいかと思います。

グッドスマイル×カラオケの鉄人カフェ、ソードアート・オンラインのキリトの「エリシュデータ」とアスナの「ランベントライト」が展示

グッドスマイル×カラオケの鉄人カフェさんで行なわれている「ソードアート・オンラインカフェ」にて、キリトの愛剣「エリシュデータ」とアスナの細剣「ランベントライト」の2本が追加展示されていました。

2本の剣が展示




この2本の剣は、ソードアート・オンライン先行上映会で展示されていたものと同じものかと思われます。

手前がエリシュデータ、奥の剣がランベントライト

画像では手前の黒い剣がエリシュデータ、奥の白い剣がランベントライト。



どちらも精巧に作られていてカッコイイですね〜。

エリシュデータ

ランベントライト

K-BOOKS秋葉原コスプレ館、9月30日に閉店

今年の3月にAKIBAカルチャーズZONE4階にオープンしたK-BOOKS秋葉原コスプレ館さんですが、9月30日に閉店するとのPOPが出ておりました。

9月30日に閉店

このK-BOOKS秋葉原コスプレ館さんは、AKIBAカルチャーズZONEの4階にあるコスプレ衣装や小物類を販売していたショップさんで、ジーンズメイトアキバあそび館さんの跡地に3月オープン

たった半年で閉店することになったようです。




K-BOOKSさんの出していた告知によると、池袋にある「池袋コスプレ館」さんと統合するとのこと。

K-BOOKS秋葉原コスプレ館さん店頭






twitterで、この情報をアップしたところ、「あやや、もうですか。」「早かったな…」「池袋に統合か(´・ω・`) 」「ここって春にジーンズメイト跡地に出来たばっかりじゃないの」「えっ?もう?早いなあ… あの場所で2店舗目か…」「アキバでは需要無かったのか?(賃料の問題か・・・)」「やっぱりダメだったか、期待してたけど」「無駄にオサレだし、触れない品が多い等も問題だったかと」「ライバルのACOSとガチでブクロで争う体制か。レイヤーなら向こうの方が多そうだし。」など…。



う〜む…。
個人的には、もっと頑張ってほしいと思っていたショップさんだっただけに残念です。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋葉原情報