2012年09月23日

「一番くじ アマガミSS+ plus」が発売。お昼頃には上位賞が全滅したショップも…。

バンプレストさんの一番くじの新作「一番くじ アマガミSS+ plus」が9月22日に発売されました。

一番くじ アマガミSS+ plus

アソビットシティさんではいっぱいあった(お昼頃)

このくじは1回600円のくじとなるようで、A賞「絢辻詞 きゅんキャラ」、B賞「桜井梨穂子 きゅんキャラ」、C賞「棚町薫 きゅんキャラ」、D賞「中多紗江 きゅんキャラ」、E賞「七咲逢 きゅんキャラ」、F賞「森島はるか きゅんキャラ」、G賞「フェイスタオル」、H賞「グラス」、I賞「クリアファイル【3枚セット】」、J賞「ラバーストラップ」となるそうで、さらにダブルチャンスとして「ラバーストラップ6個セット」が当たるとのこと。

上位賞がヒロイン6人のデフォルメフィギュアとなっている今回の一番くじ。
上位賞のサンプルはこんな感じですね。

絢辻詞 きゅんキャラ

桜井梨穂子 きゅんキャラ

棚町薫 きゅんキャラ

中多紗江 きゅんキャラ

七咲逢 きゅんキャラ

森島はるか きゅんキャラ

どれも可愛らしいですわ。
(※サンプル画像はキャラホビ2012で展示されていたもの)

「アマガミSS+ plus」自体、他のメーカーさんではフィギュアをあまり作られていないこともあり、沢山のアマガミファンの方が挑戦されていましたよ。






秋葉原では、14時頃に店頭販売を確認できたのは、アソビットシティさん、ゲーマーズ本店さん、ボークス秋葉原ホビー天国さん、コトブキヤ秋葉原館さん、ムーランアキバさん。
ソフマップ秋葉原アミューズメント館さんなどでは店内で販売されていました。


・アソビットシティさん

アソビットシティさん

独自のPOP




・ゲーマーズ本店さん

ゲーマーズ本店さん

もうこれしかないとのこと。

ゲーマーズ本店さんでは、この時点で既に狩りつくされており、残っている賞品はこれだけでした。

「すみません、もうこれしかないんですよ〜。」とゲーマーズのスタッフさん。
午前中に沢山の方が挑戦されていたようです。




・ボークス秋葉原ホビー天国さん

ボークス秋葉原ホビー天国さん。





・コトブキヤ秋葉原館さん

コトブキヤ秋葉原館さん

コトブキヤさんは、早くもD賞を残して上位賞が全てなくなっていました。




・ソフマップ秋葉原アミューズメント館さん

ソフマップ秋葉原アミューズメント館さん

ショーケース

店内で販売していたソフマップ秋葉原アミューズメント館さんも、A賞が終了しています。






17時頃に再度回ってみたのですが、ゲーマーズ本店さんでは完売(見かけず)、ボークス秋葉原ホビー天国では残り15回とのアナウンス、巡回を始めた時点で沢山賞品が残っていたアソビットシティさんもごく僅かしか残ってませんでした。

ボークス秋葉原ホビー天国さん、完売寸前

アソビットシティさんもごく僅か

人気が高いですわ、この一番くじは…。

「一番くじ アクセル・ワールド」が発売

バンプレストさんの一番くじの新作「一番くじ アクセル・ワールド」が9月22日に秋葉原のホビーショップで発売されました。

一番くじ アクセル・ワールド

景品がズラリ

このくじは1回600円のはずれなしのくじで、A賞「黒雪姫 フィギュア 黒揚羽蝶ver.」、B賞「ハルユキ&黒雪姫 学園アバターver. きゅんキャラセット」、C賞「スポーツタオル」(新規描きおろし)、D賞「グラス」(3種類)、E賞「クリアファイル【3枚セット】」(一部に新規描きおろし)、F賞「ちびきゅんキャラ『アクセル・ワールド』」で、ラストワン賞に「ちびきゅんキャラ『黒雪姫 黒ワンピースver.』」、さらにダブルチャンスキャンペーンで「黒雪姫フィギュア スペシャルver.」が当たるとのこと。



ゲーマーズ本店さんのレジ横ショーケースではサンプルも展示されていました。

ゲーマーズ本店

A賞

B賞

上位賞を見てもわかるように、賞品はヒロインの黒雪姫が多めのラインナップとなっています。




秋葉原で店頭販売を確認したのは、アソビットシティさん、ゲーマーズ本店さん、ボークス秋葉原ホビー天国さん、コトブキヤ秋葉原館さん、ラムタラアキバさん、アキバ☆ソフマップ2号店さん、ムーランアキバさんで、アソビットシティさんでは店頭の特設コーナーを「一番くじ アクセル・ワールド」仕様に変更されていましたよ。

アソビットシティさん

相変わらず派手ですわ。




14時頃の巡回では大きな行列が出来ていたところは見かけませんでしたが、9月22日は「一番くじ アマガミSS+ plus」も発売もあり、それと合わせて多くの方がくじに挑戦されていたのを確認しています。



・ゲーマーズ本店さん

ゲーマーズ本店さん






・ボークス秋葉原ホビー天国さん

ボークス秋葉原ホビー天国さん






・コトブキヤ秋葉原館さん

コトブキヤ秋葉原館さん






・ラムタラアキバさん

ラムタラアキバさん





・アキバ☆ソフマップ2号店さん

アキバ☆ソフマップ2号店さん

ゲーマーズ本店、7階にて「なかいも&おにあいコラボミュージアム」が開催。秋葉原では限定グッズ配布イベントも…。

ゲーマーズ本店さんの7階イベントスペースにて「なかいも&おにあいコラボミュージアム」が9月22日から開催されています。

なかいも&おにあいコラボミュージアム

会場の様子

これは、アニメ『この中に1人、妹がいる!』Blu-ray/DVD第1巻の発売と『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』のTVアニメの放送開始を記念して行なわれるもので、会場では両作品のアニメ原画や絵コンテ、アフレコ台本をショーケースに展示していた他、会場の周りにはイラストや場面写パネルが多数展示。

会場前看板

イラストやアニメ場面写パネル展示






グッズ販売も行なわれ、会場内にて「この中に1人妹がいる」と「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」の関連商品(CD、Blu-ray、DVD、グッズ)を2000円以上の購入、または予約内金2000円以上でミュージアム会場限定の描き下ろしイラストを使用したコラボブロマイドを1枚プレゼントするそうです。

物販も。

コラボブロマイドの配布も




また、アニメ場面パネルプレゼントキャンペーンも行なわれ、ミュージアム開催期間中に関連商品(CD、Blu-ray、DVD、グッズ)を2000円以上の購入、または予約内金2000円以上で応募用紙がもらえるようで、これに応募すると抽選でミュージアムで展示している場面パネルがプレゼントされるとのこと。

パネルのプレゼントキャンペーン





さらに来場者には9月30日にゲーマーズ本店さんの8階にて開催される「なかいも×おにあい 妹上映会」の参加券を配布するようで、こちらは先着順で、なくなり次第(定員に達し次第)終了とのこと。

上映会への参加券も配布。先着順です。

こちらのイベントは「この中に1人妹がいる」のスペシャル映像と「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」の第1話を上映予定だそうで、参加者にはコラボクリアファイルが貰えるようです。



ゲーマーズ本店さんでは、店頭や階段の踊り場、会場内に「なかいも」のキャラクター等身大(?)パネル(5つ確認)を設置し、イベント開催を告知しておりました。

1

2

3





今回のミュージアム開催期間は10月14日までとなりますので、ファンの方は期間中に足を運んでみてはいかがでしょうか。





なお、このイベント開催日の9月22日の秋葉原ですが、「なかいも×おにあい コラボイベント」も開催されており、13時にとらのあな秋葉原店Bさん、15時にゲーマーズ本店さん、17時にアニメイト秋葉原店さんにて、コスプレイヤーさんによるグッズ(コラボクリアファイルといもうと瓦版)の配布会が行なわれ、沢山の方がグッズを手にしておりました。

1

2

3

4

5

6

7

(※画像は全てゲーマーズ本店さんでの開催の様子)

秋葉原のゲームセンターに福岡県の非公認キャラ「めんた君」来店イベントが10月7日に開催

セガ秋葉原1号館さん(旧クラブセガ秋葉原店さん)の店頭に出ていた告知によると福岡県の非公認キャラ「めんた君」来店イベントが10月7日に行なわれるようです。

セガ秋葉原1号館さんの店頭にて。

10月7日に来店

めんた君は、フィギュアイラストレーターのデハラユキノリ氏の生み出したキャラクターで、プライズ景品で「めんた君」のグッズを制作されているシステムサービスさんによると、『体重二キロ、明太子の怨霊が集まってできた魚卵界のスター。舌が溶けるほど辛いので絶対食べてはいけない。なぜ自分がこんなにも辛く味付けされてしまったのか悩みながらも今日も渋谷のストリートに立ち自作のラップを披露する。知っている単語は「メーン」のみ。』とのこと。

具体的な詳細は出ていませんでしたが、着ぐるみが好きな方はチェックすべきイベントでしょうね。



なお、イベント前日の10月6日には同店にて「OH!辛口めんた君」グッズの新作が先行入荷するようです。

プライズファンはチェック





続きを読む

ムービック「魔法少女まどか☆マギカ 抱き枕カバー(巴マミ)」が発売

ムービックさんの「魔法少女まどか☆マギカ 抱き枕カバー(巴マミ)」が9月20日(?)あたりに発売しております。

「魔法少女まどか☆マギカ 抱き枕カバー(巴マミ)」

これは、コミックマーケット82で先行販売されたもので、両面にマミさんの描きおろしイラストが描かれたスムースニットの抱き枕カバー。

大きさは150cm×50cmで価格は10290円となります。



この抱き枕カバーは、以前、アニメイト秋葉原店さんにてサンプルが展示されていましたね。

表

裏

表面は、はだけた魔法少女姿、裏面は夜着で誘っているような感じですね。
マミさん、可愛いな〜。

…中学生…ですよね。




今回、一般販売分の入荷を確認したのは、ゲーマーズ本店さんの1階に設置された魔法少女まどか☆マギカコーナーで、3枚ほど売り場に出ていました(9月22日確認)

ゲーマーズ本店さんで確認

露出度はちょっと低めの抱き枕カバーですが、描きおろしイラストを使用しているため、魔法少女まどか☆マギカのファンの方、特に巴マミが好きな方、マミさんを抱いてみたいという方であれば、購入してみてはいかがでしょうか。

「DX MMZ-01 モエモエズキューーン」が発売。

バンダイさんの1/1スケール塗装済み完成品「DX MMZ-01 モエモエズキューーン」が9月22日に発売されました。

DX MMZ-01 モエモエズキューーン

パッケージ裏

これは、非公認戦隊アキバレンジャーに登場する変身アイテムで、魂ウェブさんの商品紹介によると、『バンダイ史上、最高クオリティの変身アイテムが誕生。番組通りに完全変形。モエモエズキューーン登場!』とのこと。

また、特設サイトによると、『「非公認戦隊アキバレンジャー」の3人が変身に、攻撃に、通信に活用するアイテム「MMZ-01 モエモエズキューーン」がまさかの商品化! 全国のアキバレンジャーファン、葵ちゃんファンは重妄想待機だ!!』『劇中で印象的な「葵ちゃんフィギュアモチーフの変身アイテム」を撮影用プロップと同等のスケールで忠実に再現。商品化の際に発生するデフォルメ表現が一切無い、限りなく本物に近い再現度を実現』、『毎回番組で描かれる、フィギュア⇒銃への変形シークエンスを再現』などと紹介されていました。

番組と同スケールで再現されたモエモエズキューーンは、美少女フィギュア型・変身アイテムに完全変形を実現されている他、5種類のサウンドギミックも内蔵されており、アキバレンジャーのファンの方であれば、手にしてみたい商品かと思います。

商品説明POP





秋葉原では、ソフマップさんなどで入荷を確認。

アキバ☆ソフマップ1号店さん

アキバ☆ソフマップ2号店さん




アキバ☆ソフマップ1号店さんには、このモエモエズキューーンを実際に触れるサンプルが展示されていました。

また、ソフマップ本館さんやヨドバシカメラ マルチメディアAkibaさんでは、バンダイのスタッフさんによる体験コーナーも設置されており、スタッフさんの説明を聞きながら、このフィギュアの変形やサウンドギミックなどを楽しむことが出来ました。

アキバ☆ソフマップ1号店さん

ソフマップ本館さん






私も、アキバ☆ソフマップ1号店さんでサンプルを実際に触ってみましたが、これまたよく出来ていますわ(笑)

1

2

3

4

5




最初、変形のさせ方がわからなかったのですが、近くに置かれていた説明POPを見ながら弄ってみると、意外と簡単に変形させることが出来たり…。

6

7

8

9




銃も結構重みがあってあまりチープさを感じさせなかったことや、フィギュア形態時の葵ちゃんの顔が可愛かったり、ぱんつが白だったりと個人的に満足がいくものでした(笑)

10

ソフマップ秋葉原リユース総合館、ホワイトボードのアニメタイトルロゴのネタ募集

ソフマップ秋葉原リユース総合館さんでは、以前からソフマップやリユースを混ぜ込んだアニメタイトルのロゴのホワイトボードを店頭に出しているのですが、9月22日にここへ足を運んでみたところ、このような告知が出ているのを見かけました。

ソフマップ秋葉原リユース総合館さん

ホワイトボード下に告知POP

POPには『タイトルロゴネタなんですが…』と題し、『もうネタ切れて、わりと苦しまぎれでやってます。ソフマップやリユースを上手いことまぜこんだアニメタイトルを思いつきましたら、twitterで『#りゆす』のハッシュタグをつけてつぶやいて下さい。気が向いたら描きます。』といった企画のようです。

今まで沢山のアニメタイトルを使ったホワイトボードのアニメロゴネタと可愛らしいキャラクターで楽しませてくれたリユース館さん。
とうとうネタが尽きてしまったのかな。



最近出ていたので面白かったのはアニメ「人類は衰退しました」を使った、『ソフマップは衰退しました』だったな〜(笑)

あまりにアレだったようで、隠していたことも多かったのですが、自虐的で印象に残ったホワイトボードネタでした。



このアニメタイトルをやってほしいというのがあれば、POPにもあるようにtwitterでつぶやいてみるといいかもですね。

もしかすると、それが採用されて、ホワイトボードのネタになるかもしれません。




ちなみに今回出ていたホワイトボードは、アニメ「撲殺天使ドクロちゃん」より、『撲殺天使リユスちゃん』となっていました。

撲殺天使
posted by Coo at 00:00| 秋葉原情報