2012年11月12日

九州じゃんがら秋葉原本店、28周年を記念し、11月28日は替え玉が1個50円

秋葉原に本店を持つラーメン店の老舗、九州じゃんがら秋葉原本店さんですが、今年で28周年となるようで、28周年記念で替え玉が1個50円になるというサービスを11月28日に行なうようです。

28周年

秋葉原では多数の飲食店がオープンする中、このお店は安定した人気を誇っていて、休日のお昼時には行列が出来ているのをよく見かけます。
おいしいですよね、ここのラーメンは…。

じゃんがらさんのラーメンが好きな方はチェックですな。



しかし、28周年にもなるのか〜。
これは本当に凄いと思います。



私自身も久しぶりに食べてみようかな…。
posted by Coo at 00:20| 秋葉原情報

ボークス秋葉原ホビー天国、店頭露店にて「一番くじ パンティ&ストッキングwithガーターベルト」のサンプルを展示

ボークス秋葉原ホビー天国さんの店頭露店にて、バンプレストさんが11月17日に発売を予定している「一番くじ パンティ&ストッキングwithガーターベルト」のサンプルの一部が展示されていました。

1






この一番くじは1回600円のくじで、A賞「パンティフィギュア」、B賞「ストッキングフィギュア」、C賞「ホネコネコぬいぐるみ」、D賞「デザイングラス」、E賞「ステーショナリーアソート」、F賞「カードスタンドフィギュア」となります。

また、ラストワン賞も用意されていて、コンビニエンスストアやアニメイトさん、WonderGOOさんでは「パンティフィギュア〜リミテッドver.〜」、他のホビーショップやTSUTAYAさんなどでは「ストッキングフィギュア〜リミテッドver.〜」と異なったものが用意されているというのも特徴かと思います。




今回、ボークスさんで展示されていたのはA賞とB賞、E賞、F賞、ホビーショップのほうのラストワン賞でした。



・A賞:パンティフィギュア

2





・B賞:ストッキングフィギュア

3





・E賞:ステーショナリーアソート

4

5

6





・F賞:カードスタンドフィギュア

7

8

9

10





・ラストワン賞(ホビーショップ):ストッキングフィギュア〜リミテッドver.〜

11

コトブキヤ秋葉原館、創立60周年記念展示会『壽屋60周年記念 言吹展』が開催

コトブキヤ秋葉原館さんの5階イベントスペースにて、壽屋(コトブキヤ)創立60周年記念展示会『壽屋60周年記念 言吹展』が11月10日より開催されています。

1

2

告知ポスターによると、『お客様にもっと壽屋を身近に感じていただきたい。60周年を記念して、壽屋が創立から現代まで歩んできた歴史や今では見ることができない懐かしい商品を集めた展示会』とあり、コトブキヤさんのブログによると、『今期で創立60周年を迎える「壽屋」。60年の歴史を振り返る「回顧展」を開催致します。』『2012年夏のワンダーフェスティバルにて少しだけご紹介した
「コトブキヤの歴史を語る為には欠かせない”作品”」たちを一挙展示。』『今では入手困難となった商品や話題の商品など、コトブキヤの“昔”と“今”を終結した60周年に相応しい展示会となっております。』とのこと。



会場には周囲にコトブキヤさんの長い歴史が当時の写真入りで掲示され、フロア中央には1980年代から現在に至るまでのコトブキヤさんの代表的作品が展示されていました。

1

2

3

4




ちょっと大雑把に紹介すると、コトブキヤさんは1947年に創業し、1948年に立川に玩具店を創業、1967年に第一デパートに出店。
1984年にはコトブキヤさん初のオリジナル商品「アーマメント」を発売、1989年には完全可動式モデルキットを発売しモデルメーカーとして注目されることになったそうです。

1995年にはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」ブームに合わせ、「綾波レイ」やエヴァンゲリオン初号機」を立体化しフィギュアブームに…。

1997年には横浜店がオープン。
初の塗装済み完成品「ナイトメア」を発売。

1999年に秋葉原、2001年に日本橋に出店。

2004年にはコトブキヤ ラジオ会館店がオープン。

2011年にラジオ会館が閉館に伴い現在のコトブキヤ秋葉原館さんがオープンしています。

2012年には長い歴史を持つ立川の第一デパートにあった立川店さんが閉店、福岡天神店がオープンしております。





フィギュアなどの立体物の展示は2000年代から大幅に数を増やしているのがショーケースの数からも一目瞭然で、どれも見応えのあるものばかりでした。
1980年代から2000年代のフィギュアや立体物は、そうなかなか見られるものではないので、これだけでも会場に足を運ぶ価値は十分にあると思いますよ。

ただ、版権などの関係上、最新の2010年のショーケース以外の撮影はNGとなっていますので、これから行かれる方は注意が必要です。

1

2

3





また、会場には第一デパートにあった立川店さんの閉店時の寄せ書きの画像が展示されていた他、「コトブキヤ歴史帳」という冊子の無料配布も…。

1

2

3





この回顧展は11月18日までの開催。
コトブキヤさんの商品が好きな方であれば、期間中にここへ訪れてみてはいかがでしょうか。

魂ネイションズAKIBAショールーム、「D-Arts テリー・ボガード」のサンプルが展示

魂ネイションズAKIBAショールームさんでは、11月23日に発売予定の「D-Arts テリー・ボガード」のサンプルが展示されていました。

1





これはSNKさん(現SNKプレイモアさん)の対戦格闘ゲームの名作「THE KING OF FIGHTERS'94(ザ・キング・オブ・ファイターズ’94)」に登場するテリー・ボガードを立体化したもの。

2

3

4

5

テリーといえば、餓狼伝説の主人公でもありますよね。



かなり細かな部分まで作りこまれた感のあるアクションフィギュアで、特設ページによると、「ユーザーにキャラクターを印象付けるコスチューム、特に着衣の下から浮かび上がる腹筋、デニムのしわが与える質感…細部に至るまで妥協なく作り込まれた造形」、「機構として欠くことのできない関節パーツ、特に肩まわりの多重関節を極力視認させることなく可動領域を飛躍的に拡張させることを実現、両腕を振り上げたポーズはもちろん、前屈のファイティングポーズをはじめとする一連の動作再現において人体に近い、自然なフォルムを再現」とあり、必殺技のエフェクト(バーンナックル、パワーウェーブ、パワーゲイザー)も付属しているようです。

6

7





また、表情パーツは2種類、サンプルにあるような袋も付いてくるとのこと。

カッコイイですわ。



これがシリーズ化されるならば、是非他のキャラも作ってほしいですね。

8

アニメイト秋葉原店、「ストライクウィッチーズ劇場版」コーナーに全パートの台本などが展示

10月26日に発売した「ストライクウィッチーズ劇場版」BD/DVDですが、11月11日、アニメイト秋葉原店に足を運んだところ、ストライクウィッチーズ劇場版BD/DVD特設コーナーに全パートの台本や直筆サイン入りポスターが展示されていました。

1

2

3

全パートの台本は5つあるみたいですね。
Aパートの台本には直筆と思われるサインが入っていました。

4






アニメイト秋葉原店さんでは、公式サイトにもあるように秋葉原店限定で抽選キャンペーンも行なっており、「ストライクウィッチーズ劇場版」BD/DVDを購入された方の中から抽選で直筆サイン入り色紙やサイン入り台本、ダイン入りポスターをプレゼントしていたみたい。

抽選キャンペーンの台本やポスターと今回の展示品は違うものとは思いますが、こういったサイン入り台本やポスターを見てみたい方はここに足を運んでみてはいかがでしょうか。






なお、アニメイト秋葉原店さんでは、10月26日の発売日の前から、アニメイトオリジナル特典のTシャツの展示や、コーナーにはお客さんから頂いた応援メッセージの展示も行われていました。

1

2

3

4





応援メッセージが一番多かったのは坂本さんだったみたいですね。

1

2

3