2012年11月25日

ゲーマーズ本店、TVアニメ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』スペシャルボイストラックCD無料配布会が開催。

ゲーマーズ本店さんでは、TVアニメ『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』スペシャルボイストラックCDの無料配布会が13時より開催されました。

1

2

3





TVアニメ「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」は、裕時悠示先生による同名のライトノベル作品をTVアニメ化したもので、2013年1月から放送開始。
それに先駆けて、今回のスペシャルボイストラックCDが無料配布されました。



スペシャルボイストラックCDは裕時悠示先生による書き下ろしシナリオとなっており、「千和といっしょの晩ご飯」、「真涼といっしょの帰り道」、「姫香といっしょの勉強会」、「愛衣といっしょのイチャイチャ会」、「全員そろって、修羅場」を収録。
約30分の大ボリュームとのこと。

4

1

2





この無料配布イベントは、ゲーマーズ本店さんだけでなく、ゲーマーズ池袋店さん、なんば店さん、アニメイト横浜店さんなど全国13ヶ所で無料配布が行なわれたようです。

1





さて、ゲーマーズ本店さんでは、千和役の赤ア千夏さんも登場し、直接手渡しによる配布が行なわれました。

1

声優さんの直接手渡しということもあり、ゲーマーズ本店さんの前はかなりの行列となっていて、列は、お向かいにあるエスパスさんの隣の路地をはじめ、旧ラジオ会館前にも多数の方が並んでおり、秋葉原新聞さんによると、『列を誘導していたスタッフによると800人位、最低でも500人以上の参加列が形成』されていたみたいです。

1

2

3





来年から始まるアニメも楽しみですわ。

ホワイトキャンバス秋葉原本店、「東方弐番籤」を期間限定で店頭販売

ホワイトキャンバス秋葉原本店さんの店頭では、「東方弐番籤」というくじを11月23日から店頭販売されていました。

1

2





このくじは1回500円のくじで、フィギュア賞、抱き枕賞、タペストリー賞、ラバーキーホルダー賞が当たるというもの。
全て東方関連グッズとなりますね。

フィギュア賞は、コトブキヤさんの「博麗霊夢 〜松倉ねむVer.〜」のようです。
抱き枕は5000円相当のグッズ、タペストリーは4000円相当となかなか豪華なものとなっていました。



・フィギュア賞

1





・抱き枕賞

2





・タペストリー賞

3





・ラバーストラップ賞

4





このくじの販売期間は、11月25日までとなるようです。
気になる方は、挑戦されてみてはいかがでしょうか。

「京騒戯画ちびきゅんキャラ入荷記念イベント in 秋葉原」が秋葉原のゲームセンター5店舗で開催。

11月24日、バンプレストさんの『ちびきゅんキャラ「京騒戯画」vol.1』の入荷を記念した「京騒戯画ちびきゅんキャラ入荷記念イベント in 秋葉原」が秋葉原のゲームセンター5店舗(セガ秋葉原店さん、アドアーズ秋葉原店さん、セガ秋葉原1号館さん、クラブセガ秋葉原新館さん、タイトーステーション秋葉原店さん)にて開催されました。

1

2

3





京騒戯画」はバンプレストさんと東映アニメーションさんの共同アニメーションとしてバンダイチャンネルなどで配信されているアニメ。
現在、第二弾の第3話まで配信されています。

その京騒戯画のプライズ景品『ちびきゅんキャラ「京騒戯画」vol.1』の入荷を記念したイベントで、各店の店頭には主人公であるコトのコスプレイヤーさん達が登場、電撃マオウ特別編集でストーリや商品の紹介などが掲載された「京騒戯画 起動ノ書」やしおり、電撃バンプレマガジンなどの配布が行なわれた他、各店の店頭(もしくは入り口付近)には「ちびきゅんキャラ「京騒戯画」vol.1」の景品が入ったプライズ機(UFOキャッチャー)が置かれ、コスプレイヤーさんたちと記念撮影されている方やプライズゲームに挑戦されている方も多かったです。

1

2

3





スケジュールにあっては、セガ秋葉原店さんが12時から、アドアーズ秋葉原店さんが13時から、セガ秋葉原1号館さんが14時から、クラブセガ秋葉原新館さんが15時から、タイトーステーション秋葉原店さんが16時からとなっており、各店40分ぐらい店頭にて開催されていました。

1

2





なお、余談ですが、今回のコトちゃんのコスプレイヤーさんは、去年の9月に秋葉原で行なわれた京騒戯画のプライズロケテストにて、コトちゃんのコスプレをされていた方でした。

1

2

(※参考:クラブセガ秋葉原新館とタイトーステーション秋葉原店にて、京騒戯画プライズのロケテスト



私のことをしっかり覚えていてくださってまして…。

前回、そんなに私はインパクトがあったかしら…(笑)




今回、撮影協力していただきました「京騒戯画」のスタッフの皆さん、セガ秋葉原1号館のスタッフさん、いろいろとありがとうございました。