2012年12月10日

ボークス秋葉原ホビー天国、「一番くじ 『テイルズ オブ』シリーズ」のサンプルを展示

ボークス秋葉原ホビー天国さんでは、12月28日に発売を予定しているバンプレストさんの一番くじの新作「一番くじ 『テイルズ オブ』シリーズ」のサンプルを展示していました。

1





このくじは、1回500円のはずれなしのくじで、A賞「クッション」、B賞「ミラ=マクスウェル フィギュア」、C賞「ユーリ・ローウェル フィギュア」、D賞「マーボーカレー皿」、E賞「マフラータオル」、F賞「ラバーストラップ『テイルズ オブ エクシリア2』」、G賞「クリアファイル&ステッカー」、H賞「ちびきゅんキャラ『テイルズ オブ』シリーズ」となり、ラストワン賞に「ミラ=マクスウェル きゅんキャラスマイルver.」が用意されています。



ボークス秋葉原ホビー天国さんでは店頭のショーケースにラストワン賞を除く全てのサンプルが展示されていました。


・A賞:クッション

1





・B賞:ミラ=マクスウェル フィギュア

1





・C賞:ユーリ・ローウェル フィギュア

1





・D賞:マーボーカレー皿

1





・E賞:マフラータオル

1





・F賞:ラバーストラップ『テイルズ オブ エクシリア2』

1





・G賞:クリアファイル&ステッカー

1





・H賞:ちびきゅんキャラ『テイルズ オブ』シリーズ

1

2

3

4




1回500円と一番くじの中では安価なくじ。
価格の割にはフィギュアの数も豊富で、ファンの方であれば挑戦し甲斐があるかと思います。

ゲーマーズ本店、「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」特製マウスパッド無料配布会が開催。長蛇の列に…。

ゲーマーズ本店さんでは、TVアニメ「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」Blu-ray&DVDの第1巻の発売を記念して『「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」特製マウスパッド無料配布会』が開催されました。

1

2

3





このイベントは12月9日と16日の2回に分けて行なわれるもので、今回は「唯&ナナ」の特製マウスパッドが14時から配布。

ゲーマーズ本店さんの店頭では配布前から沢山の人が溢れかえっていました。

1






配布会には、「アニメ“勝手に”応援プロジェクト(A応P)」のメンバーの荻野沙織さん、巴奎依さん、清水川沙季さんの3人が登場し、その3人による手渡しでのマウスパッドの配布となりました。

配布開始10分前に列が形成(3列で形成)され、行列は旧ラジオ会館の工事の壁を半周するほどにまで延びていましたよ。

1

2

3

4





その後の配布は非常にスムーズで、14時15分に配布が終了しております。

あまりにスムーズな列の流れだったため、リピートしていた方もいたかもしれませんね。



12月16日には、絵柄の違う「モモ&ヤミ」の特製マウスパッドが配布され、おそらくこの日も今回のような大行列になることが予想されます。

1




「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」の人気の高さを垣間見たイベントでした。

グッドスマイル×カラオケの鉄人カフェ、「スタプラ!カフェ」が開催。

グッドスマイル×カラオケの鉄人カフェさんではケータイ位置ゲーの「スタプラ!」とのコラボカフェ「スタプラ!カフェ」が12月9日よりスタートしております。

1






「スタプラ!カフェ」では、専用テーブル(1種類?)を用意、「スタプラ!」に登場する各キャラクターのイメージドリンクやフード、スイーツが提供されている他、キャラクターの等身大パネルやタペストリーが展示されていました。


・専用テーブル

1





・タペストリー

1

2

3

4

5

6





・等身大パネル

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16






グッ鉄カフェさんでは、アイマスカフェやひだまりカフェ、さくら荘カフェ、ヴァンガードカフェが現在も継続中であり、これが5つ目のテーマとなりますね。
過去最大じゃないでしょうか…。

そのためかもしれませんが、今回の展示物はショーケースを利用しておらず、天井のタペストリーが6種類、キャラクターパネルはエスカレータ付近の通路に並べられており、展示物に期待している方は、少々がっかりするかもしれませんね。

ただ、展示物の中のタペストリーには声優さんのサインが入っているものもあるのでファンの方はチェックしておきたいですね。





オリジナルメニューですが、フードメニューは「琴寝様の萌豚丼」、「凜々子のジェノベーゼパスタ」、「あやねの華麗なるカレー」の3種類。

1




デザートメニューは、「エリスのわくわくデリシャスケーキ」、「ゆりあさんの旦那様への甘い気持ち」、「花音のちょっとオトナなほろにがチョコアイス」の3種類。

ドリンクメニューには、「十萌お手製熊さんカプチーノ」、「神秘の歌姫のそよ風ドリンク」、「真夜のギルティグラス〜バッカスの原罪〜」、「ファルセットのご主人様へのローズティー」の4種類が提供されています。

2





フードメニューにはそれぞれランチョンマットが付属(3種類:任意に選択が可能)、デザートメニューとドリンクメニューにはコースター(3種類:任意に選択が可能)か缶バッジ(11種類ランダム)のどちらかを選ぶことが出来ました。

1

2

3




ランチョンマットは裏面にも絵柄があるほか、コースターの裏面には「スタプラ!」ゲーム内で使用できるシリアルコードが付いています。


・ランチョンマット

1

2




・コースター

1






さて、今回は「琴寝様の萌豚丼」と「神秘の歌姫のそよ風ドリンク」を注文。

「琴寝様の萌豚丼」は若干量が少なく感じたものの肉がとても柔らかく、細ネギやもやしも美味しく食べることが出来ました。

1

2




「神秘の歌姫のそよ風ドリンク」はライム+ジンジャエールとなっています。

1




最後に、今回の「スタプラ!カフェ」の開催にあわせ、グッ鉄カフェさんの物販コーナーでは、スタプラ!初となる公式グッズの販売も行なわれていました。
グッズはマグカップやタンブラーなどとなります。



この「スタプラ!カフェ」、開催期間は2013年1月14日まで。


ファンの方、気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

グッドスマイル×カラオケの鉄人カフェ、ソフビフィギュア「ミクダヨー」のデコマスが展示

グッドスマイル×カラオケの鉄人カフェさんでは、塗装済み可動フィギュア「ミクダヨー」のデコマスが展示されていました。

1

2

3

4

5




製品情報によると、『着ぐるみでお馴染みの「ミクダヨー」がねんどろいどに引き続き、今度は全高約20cmの1/8スケールのソフビフィギュアになって登場です!髪の毛部分は着ぐるみの質感をリアルに再現した、こだわりの仕様となっております。オプションパーツには“ミクダヨー×不二家”のコラボ商品「ポップキャンディ」が付属しますので持たせてお楽しみ下さい。』とのこと。

展示のあったグッドスマイル×カラオケの鉄人カフェさんでは、先日発売されたグッスマくじのB賞の「ねんどろいど 初音ミク サンタVer.」を中心としたクリスマスショーケースの中に展示されており、妙な存在感が…(笑)

1

2

3

4






今回のサンプルには、左手にポップキャンディを持っていましたよ。
ショーケースの中が明るいせいか、例の販促ポスターのような怖さはありませんでした。

1

2

3

4

5

6




結構、可愛いですね〜(?)

1

販促ポスターのアングルは結構撮るのが難しかったり…(笑)



この1/8スケールのソフビフィギュア「ミクダヨー」は2013年5月に発売予定。
価格は7800円とのこと。
posted by Coo at 00:05| 初音ミク

アーツ千代田 3331にて「電子工作コンテスト2012」の受賞作品の表彰と優秀作品の展示イベント『電子工作フェスティバル2012』が開催。女性の声で喘ぐ大根など多彩な作品が展示。

12月9日、秋葉原の外れにあるアーツ千代田 3331にて「電子工作コンテスト2012」の受賞作品の表彰と優秀作品の展示イベント「電子工作フェスティバル2012」が開催されました。。

1

2





電子工作コンテスト2012によると、『電子工作コンテストは、 私たちの身近な生活、エンタメ、ビジネス、アートを創造していく新しい電子工作の文化を広めていくこと、才能あるモノづくりの担い手の発掘を目的に、年に一度自作した電子工作作品をインターネット上で発表するコンテスト形式の電子工作の祭典』だそうで、今回が4回目。

今回のキャッチコピーは「妄想×技術」で、『初歩的な技術を組み合わせながらもアイディアに富んだ作品から、新たなビジネスを予感させるプロトタイピング、斬新なデバイスアート作品まで、多彩で楽しい作品応募を期待』しているとあり、その受賞作品展が今回のイベント。



会場はアーツ千代田 3331の2階体育館で行なわれ、数々の電子工作作品が並べられていました。

1

2

3

4






さて、twitterで、私も思わずつぶやいてしまいましたが、個人的に、この大根が気になりました。

1





この大根ですが、「セクハラ・インターフェース」というもので、市原えつこさんらによる作品。
大根に触れると女性の声で喘ぎます(笑)

紹介ページによると、『大根を撫でると艶かしく喘ぐデバイス。静電容量式タッチセンサで大根への接触をセンシングしています。敏感で繊細なリアクションにこだわり、タッチストロークの長さに合わせて音声の長さを補正。また、快楽のボルテージをスライダーで設定する事ができ、嫌悪感→恥じらい→快楽→絶頂の順に音声が変化していきます。パフォーマンスに特化したデバイスとして作成したため、喘ぎ声と音楽/喘ぎ声と映像の連動も可能です。』とあり、『ガジェットカフェ賞』を受賞した作品だそうです。

1

2

3





何故、大根かというと、話によると「女性のふともも」を意識してとのこと。

4本の大根はそれぞれ声色が違い(男性の声もあった)、右に行くほど女性の喘ぎ声がやばかった気がします(笑)








他の展示作品も面白いものが多かったですよ。

また、ステージイベントも電子工作コンテスト受賞作品の紹介、プレゼンテーションなどが「行なわれ、電子工作の楽しさがわかるイベントでした。
posted by Coo at 00:00| 秋葉原情報