2013年11月02日

秋葉原で3店舗目となる、とらのあな秋葉原店Cがオープン。

11月1日、とらのあなさんの秋葉原3店舗目(現在、事務所として使われている旧とらのあな秋葉原イベントフロアさんを除く)となる、とらのあな秋葉原店Cさんが東京角田ビル(ソフマップ秋葉原リユース総合館さんの入っているビル)の3・4階にオープンしました。

1

2

3

4





告知ページによると、『現在の秋葉原A・B店の目の前、中央通りをはさむ形で 更にお客様の利便性を向上致します!』『同人誌・商業誌・古物と、1フロアに「とらのあな」のエキスを注入したコアショップとして皆様をお迎え致します。秋葉原店Cは、イベントフロアも常設!!』『秋葉原A・B・Cのトライアングルでユーザーの満足度も無限大!?』と紹介されており、一般向けや成年向けの商業誌や同人誌、男性向けだけではなく女性向けもある中古同人誌、商業・同人グッズなどを販売されていました。

3階の販売フロアは広いですよ。

1

2

3

4

5

6

7

8

とらのあな秋葉原店Aさんや秋葉原店Bさんは大きな店舗ではあるものの建物の構造上、1フロアがそんなに広くなく、複数の階で商業誌や同人誌などを販売しているのに対して、ここは1フロアのみ。

商業誌のほかに同人誌も買いたいという方は、とらのあな秋葉原店Cさんで買い物をされるならば、階段やエレベータを使わずとも良いという利点がありますね。




また、売り場の平台や棚には、イラストレーターや同人サークルさんのお祝い色紙があちこちに展示されていた他、オープン記念でサイン本の販売もあったことも印象的でした。

1

2

3

4

5

6






なお、4階のイベントフロアでは「秋葉原店C オープン記念抽選会」の会場となっていました。
これは、オープン初日の11月1日から11月4日までの開催となるようで、レシート3000円ごとに1回、抽選会に参加することができます。

1

2




その他、オープンフェアも多数行われており、秋葉原店さん3店舗を巡って、「とらのあなオンラインマガジンビジュアルブック2013」が貰えるスタンプラリーや5000円ごとの購入で先着でオリジナルテレカが貰えるキャンペーンなども開催されています。

1

詳細は、特設サイトにて。

メロンブックス、コミックマーケット85カタログの予約受付開始。秋葉原1号店の入り口壁は「尻の壁」に…。

メロンブックス秋葉原1号店さんでは、12月29日より東京ビッグサイトで開催される大型同人誌即売会「コミックマーケット85」のカタログの予約受付を11月1日より開始されていました。

1





メロンブックスさんでは、カタログ特典情報も掲載されており、冊子版、ROM版とも涼香先生の描きおろしイラストを使用した組立式A4クリアケースとなるようです。

1





予約POPには、「これでもかっ! と、言える会心のれもん☆」とあり、『今年のC85カタログのメロンブックス特典は業界に轟くBIGネーム、涼香先生描きおろしのれもんちゃんクリアケース!!』『キュートなサンタ衣装に「履いてないッ!?」様に見える魅惑のお尻がポイントの最強イラスト!』『履いてるか履いてないか……それはアナタ次第です(笑)』と紹介されていました。

1





このコミケカタログの予約開始に伴い、メロンブックス秋葉原1号店さんの入り口壁は、涼香先生の描きおろしイラストのお尻部分をピックアップし、それを大量にメロン貼りしており、「尻の壁」になっていましたよ。

1

2

3

4





階段部にはPOPも貼られていて、『これは尻の壁…? いや、桃の壁だ!!』『たぶん一生分の「はいてない」を目にしたと思う。』『はいてない!? それはいけないね!』『今すぐお兄さんが予約してスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリスリ(』…。

1

いやはや、お尻すげえわ…(笑)



これをtwitterで呟いたところ、イラストを描かれた涼香先生からもコメントをいただきました。








なお、コミケカタログですが、12月7日に冊子版、12月14日にDVD-ROM版が発売。
価格はそれぞれ2400円となるようです。

メロンブックスさんの通販サイトでも予約受付開始となっています。

ラジオ会館工事壁にて、「イラコンAKIBA2013」全1191作品のイラストが展示

ラジオ会館のウォールアートが、10月31日から国内最大規模のイラストコンテスト「イラコンAKIBA2013」の投稿作品に変更されています。

1

2




「イラコンAKIBA2013」は、賞金総額200万円という大型のイラスト投稿コンテストで、「未来のヒロイン」をテーマとして作品を投稿(9月30日まで)、全部で1191作品がノミネート。
10月31日で投票が終了し、得票数の多い7作品から貞本義行さんや深崎暮人さんらの審査を経て、11月23日に優勝者を決めるといったもの。

1

2

3

ラジ館PRESSさんの記事によると、このウォールアートには全1191作品が掲載されているようです。



これはなかなか見ごたえがありますよ。
気になる方は、ここへ足を運んで、作品を眺めてみてはいかがでしょうか。
posted by Coo at 06:00| 秋葉原情報