2009年05月22日

オーディオテクニカ「ATH-A1000X」のレビュー

今回はオーディオテクニカのヘッドホン、「ATH-A1000X」のレビューを書いてみようかと思います。

上位には及ばないもののかなり繊細な表現をするヘッドホン


同じオーディオテクニカの限定版ヘッドホン「ATH-A900Ti」の比較用として購入したものですね。
音質はアートモニター最上位の「ATH-A2000X」に劣ることは分かっているんですが、それでも音の出方が似ていることや価格が安いことを理由にこちらを購入しております。



○ATH-A1000X
アートモニター最新機種の一つ。
定価は60900円、販売価格が約30000円以上もする高級ヘッドホンです。

同時に発売された「ATH-A2000X」の影に隠れた感のあるヘッドホンですよね。
音質は上位機種に比べてわずかに篭って聴こえるほか、音色の艶やかさや、音場感、解像度などは「ATH-A2000X」に若干劣る程度だと思います。

高音が強めですが、ほとんどシャリつくことはなく、非常に繊細な音を鳴らしてくれます。

中低音は控えめな感じです。
かなり自然な感じに鳴らしてくれます。

全体的に見ると高音寄りの音質ですね。
オーディオテクニカらしい金属的な音といえば分かりやすいかもしれません。
以前のアートモニターシリーズに比べ繊細な音ですが、音のアタック感が強く感じることもあり、ソースによっては耳に刺さるような聴こえ方も…。
繊細な音になってくると、どうしても量感が不足してしまいます。
また、低音が控えめなため、繋ぐ機器によってはスカスカした音になり迫力がなくなると思います。

私の場合はAUDIOTRAKのヘッドホンアンプ「DR.DAC2」で試聴したのですが、弱点の低音を補ってくれるため、非常にスピード感のある演奏が楽しめたんですが…。
ヨドバシカメラなどの店頭の試聴では、わかりづらい部分かもしれません…。



装着感ですが、これは駄目ですね。
今までのアートモニターシリーズに比べ軽いのはいいのですが、側圧が弱く、私のように頭が小さめの人にはすぐずれて落ちてしまうこともあります。
側圧だけでなくウイングサポートの支えも弱いんじゃないでしょうか。
安定感がない状態で聴いている感じです。
おそらく上位版の「ATH-A2000X」もこんな感じだと思います。
頭の大きい方には向いているかもしれませんが…。



音漏れは以前のアートモニターシリーズに比べると、やや漏れていたりしますが、遮音性は同程度ぐらいでしょうか…。

携帯性はもちろんありません…。

コードは「ATH-AD2000」や「ATH-A900Ti」などのようなクセのつきやすいもので、両出しです。




さて、販売価格が同程度の限定版ヘッドホン「ATH-A900Ti」との比較ですが、どちらも一長一短のような気がします。



音質は「ATH-A900Ti」は中低音が強めに出るのに対し、「ATH-A1000X」は高音強め。
前者はマイルドな音色であるのに対し、後者はエッジが効いた音色です。
「DR.DAC2」に繋ぐと、「ATH-A900Ti」は「ATH-A1000X」に比べて音の解像度が落ちているように聴こえますね。
音がぼやけてます。
逆に「ATH-A1000X」は、ほとんど篭り感がなく全体的に音の立ち上がりが良いため、曲にスピード感が出るようにも感じました。

音場表現は互角か、ソースによっては「ATH-A900Ti」のほうがわずかに上。
音の分解能は互角か、「ATH-A1000X」のほうがわずかに上です…。



装着感は正反対で、「ATH-A900Ti」は側圧がきつく、慣れないと長時間つけてられないのに対し、「ATH-A1000X」は前述した側圧の弱さと軽さでずれやすいです。




「ATH-A1000X」は、装着感が良ければ、価格以上の性能を持ったヘッドホンだと思います。
ここはなんとか改良してほしいところですね。

また、低音に迫力を求める方やノリ良く聴きたい方は、上位の「ATH-A2000X」を含め、まったく合わないと感じました。

購入するならば、これらの欠点を覚悟して買われたほうがよいと思います。
この記事へのコメント
低音が薄く高音寄り、側圧が弱いと世評通りオーテクらしさを突き詰めた音みたいですね。ATH-A900Ti は異端児なんだと改めて思います。
音の傾向的に AKG K601 とどういった違いがあるか聞いてみたいものです。
Posted by エル at 2009年06月08日 23:45
>ATH-A900Ti
言われてみれば、その通りですよね。
アートモニターシリーズの中では、唯一音の出方が違います。

ATH-A900Tiの進化系を求めるならば、低域から高域まで満遍なくクリアな音を出す、オープンエアのADシリーズ上位機種になるのかもしれません。
Posted by Coo at 2009年06月09日 08:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29300279
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック