2009年07月06日

無許可品ばかりの東方プライズ景品…

今回も東方のプライズグッズの話題…。





東方のプライズ景品は、制作元がしっかり明記しているガチャガチャ景品(缶バッチやキーホルダーなど)を除いて、正規に許可されたものはほとんどないと思います。

特に、場末のゲームセンターで見かける「東方遊戯」などの景品が出回っており、こうした景品を私のブログでも取り上げてますが、その全てが制作元不明なんですよね。
いったいどこで作られているのか、全くわからない状況です。

当然、原作の上海アリス幻樂団さんには無許可品であり、無断でイラストを使用された東方の二次創作作家さんたちもショックが大きいのではないかと思います。





前にも書いたことがありますが、現時点ではプライズゲームの景品や秋葉原にある怪しげな雑貨屋などでしか見かけない東方の無許可グッズですが、こういうものが大量に出回ってしまったら、著作権侵害という問題だけでなく、同人業界全体に悪影響を与えてしまうのではないでしょうか。

東方Projectの原作者であるZUNさんはもちろんですが、東方の二次創作をされている同人作家さんたちで、著作権フリー宣言をしているところなどほとんどありませんからね〜。

以前、私も自分が作成したゲーム音楽MIDIを他人に無断で改変され、着メロに盗用されてしまった過去があるので、なんか他人事とは思えない…。




昨日の夜あたりに「東方遊戯 第11弾」でイラストが無断使用された「東匠壽庵」の赤りんごさんにこちらから直接メール致しました。

赤りんごさんは、画像使用に関するガイドラインを公開するなど、今回の件で相当悩んでおられるようです。
ガイドラインや日記を読んで、これらの「東方遊戯」シリーズは全て無許可、イラスト無断使用のグッズであることを私自身確信したわけですが…。

個人的な話になりますが、赤りんごさんのイラストは大好きですよ。
今年の例大祭カタログの表紙を飾っただけはある素敵なイラストで…。

言い訳ではありませんが、初めて「東方遊戯」の景品を取ろうと思ったのは、赤りんごさんのイラストを使用していることで、「東匠壽庵」の赤りんごさんが制作(もしくは許可)したものかと思ったからです(笑)



今回の東方遊戯の案件で、該当する記事を全て削除しようかとも思ったのですが、このようなことを風化させたくはないので残しておきたいと思います。
また、これに関する情報、新商品の情報記事も続けていきたいです。
何かしらの参考資料となると思います…。





さて、話は変わります。

同僚が某所で入手した東方の「ミニタオル」ですが、これも制作した企業やサークル名など書かれておらず、明らかに無許可でイラストも描かれた方には無断使用のものと思われます。

制作元不明のミニタオル

何気に裏側を見てみると…。

日本で作られているものが多いのかもしれません

日本製…!?

今まで、海外(中国あたり)で作られているものかと思っていたのですが、これは国内で制作されているものなのでしょうか。
それともミニタオルの素材そのものが日本製ということなのでしょうか。





これらを景品として扱うゲームセンターから上手く情報を仕入れて、実際に制作している会社を見つけ商品の差し止めを行ったとしても、不正に商品を作っている会社はかなりあると思いますので、そこがグッズの制作を引き継ぐ可能性もあるし、制作会社が名前を変えてしまうことだってありえます。
苦労する割には「いたちごっこ」になる気がしますよ。




何かしらの規制が入れば状況も変わってくるかもしれませんが、今のところそういう動きはないです…。



このイラスト無断使用の無許可グッズ問題は昔からずっと続いており、今後もなくならないのかもしれませんね…。
posted by Coo at 16:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品
この記事へのコメント
人気がある以上必然的にこういうもは出てきますからね…
こういうものがあるのは嬉しんですがなんとも複雑な感じです…
Posted by Takabayashi at 2009年07月06日 23:39
こういう無断使用や版権元から許諾を得てない商品は、昔から沢山あるんですよね。
なかなか難しい問題です…。

景品自体は、そんなに粗悪なものがないというのも、今まであまり話題にならなかった一因かもしれませんね。

景品を取る側から見ると、この無許可品がイラストを描いた同人サークルさんで制作したものと勘違いする方もいらっしゃると思います。
私もその1人でしたが…(笑)

しっかりと使用許可を得たものであるならば、こういうプライズグッズも歓迎すべきですけれどね。
Posted by Coo at 2009年07月07日 00:36
なぜ使用許可を取らないのだろうか
明らかに民度が低いヤクザまがいな業者さんですな
Posted by コリブリ at 2009年07月07日 16:08
コリブリさん、はじめまして。

コリブリさんの仰るとおりですよね。
ZUNさんや赤りんごさんの許可を取っている景品であれば、何も問題なかったはずなのに…。

確かにヤクザまがいな会社なのかもしれません…。
Posted by Coo at 2009年07月07日 21:43
訴訟までやる人がいないから調子に乗ってんだろうね
Posted by ほる at 2009年07月08日 08:04
ほるさん、はじめまして。

>訴訟
おそらく、製作元の会社はそういうのを気にせずやっているんでしょうね。
今回の東方遊戯だけでなく、初音ミクや他の版権人気アニメの絵柄も平気で使ってくる会社ですので…。



今回の件で、こちらもいろいろと調査したのですが、どんどんわかっていくうちにゲーセン業界の闇の部分を垣間見た気がします。
Posted by Coo at 2009年07月08日 22:11
たった一言、許可を貰えるかどうか申請すれば、
協力する絵師も少なくないだろうに……。

この商品の東方界隈における一番の問題点は、
"東方を知らない、東方と関係ない一般人"が触れる危険性があることですね。
Posted by P-38L at 2009年08月30日 17:54
P-38Lさん、はじめまして。

>"東方を知らない、東方と関係ない一般人"が触れる危険性
そうなんですよね。

最近、いろいろと調査してみてわかったことは、かなり広い範囲で出回ってしまっていることでしょうか。

もしかすると東方関連の景品を入れれば、ある程度のインカムを確保することができるのかもしれません。
う〜ん。
Posted by Coo at 2009年08月30日 23:27
東方の二次創作…

その時点で無許可も何もないと思うが…

他の版権物の同人誌とか作ってる人達はメーカーに許可貰って作ってるとでも?
FFとかドラクエとか。
Posted by 通りすがり at 2009年12月13日 07:03
通りすがりさん、はじめまして。

>二次創作
本来、二次創作物を作成する際は、版権元の許可が必要になります。
特に商用利用で使う場合ですね。

個人サークルの二次創作(同人誌や同人グッズ)はその作品のファン活動の一環として作られております。
メーカーは、それを黙認している場合がほとんどです。

しかし、大きくなりすぎて訴えられてしまった同人さんも過去にはありましたが…。



東方Projectに関しては、制作者のZUN氏が二次創作についての規定を設け、その規定に従えば(許可を得れば)自由に制作することが可能です。
そのおかげで、規模がここまで大きくなったと思います。

ここまでは個人サークルに関しての話。



ここで問題にしているのは、個人サークルではなく企業で、こういったものを作っていることです。
企業の場合、グッズを制作、販売する際は、版権元の許可が必要になります。

例えば、企業がドラクエやFFのグッズをスクエニの許可なしで制作、販売していたとしたら、普通に訴えられてもおかしくはないですよ。


このブログで多数取り上げているメーカーが制作している東方関連グッズも、個人サークルと同様にZUN氏の許可が必要です。
また、このような二次創作のイラストを使用するには、当然イラストを描いた方の許可も必要となってきます。
Posted by Coo at 2009年12月13日 10:28
はじめまして。
自分もゲームセンターでこの手の商品を見かけていて、「あやしいなあ〜」とはおもってましたが、まさか同人サークル側にすら許可をとってない商品だったなんて思いもしませんでした。
許可くらいはちゃんととってほしいものですね。
Posted by u.n. at 2010年01月31日 17:49
u.n.さん、はじめまして。

この手の景品は、今後もずっと続いていくと思います。
困ったものです。
Posted by Coo at 2010年02月02日 01:18
はじめまして。

こういう景品は地方でもよく見られますね。(私は東海圏在住です)

私の近辺では東方だけでなく、けいおんやAngelBeats、リトルバスターズなどもありましたね。

景品の品質や入荷してるお店などから察するに、恐らく製作サイドは『人気作品のグッズを薄利多売で売って利益にする』というコンセプトでやっていて、ゲーセン側も『比較的安価で人気のある作品のグッズが手に入る』という利害が一致しているのでしょう。

そう考える理由は、
『ゲームメーカー直営のお店はまず置いていない』
『大抵の景品が1回100円で出来るプライズ機に入っている』
『見た目からしてコストはあまりかかっていない』
という3つからです。

しかも最近になってこういう景品を置くゲーセンが増えている気もしますね。

逆に考えれば『こういう景品を置かないとやっていけないほどゲーセン業界が危うい』とも取れるんじゃないでしょうか。

景品を取る側(いわゆる私達のようなお客さん)も『取り敢えず東方のグッズが欲しい』みたいな人もいるでしょうしね…。
特に地方に住んでる人はなかなかこういうグッズを買う機会がないでしょうし……。

私達が身近に出来ることといえば『こういう景品を取らないようにする』ということぐらいのような気がします。

こういう景品では儲からない、とゲーセン側が認識してくれれば、入荷することもないと思いますし。

長文、失礼しました。

<追記>
そういえばこういった景品、コナミ関係はまったく見たことないですね。マジックアカデミーとかラブプラスとかあってもおかしくなさそうなのに…。
やはりコナミ法務部は怖いんでしょうか。(笑)
Posted by 通りすがりの名無しさん at 2010年04月19日 16:08
通りすがりの名無しさん、はじめまして。

貴重なご意見、ありがとうございます。

>こういう景品を置かないとやっていけないほどゲーセン業界が危うい
そうですね。
ちょっと名前が出せないのですが、このような無許可品を入れている某ゲーセンでは、こういったグッズで大手との差別化をしていかないと全く太刀打ちできないほど追い詰められている噂があります。

これについては、改めて別記事で…。
ここ1年、無許可品について私個人が調査した結果みたいなものを書いていこうかと思います。

>こういう景品を取らないようにする
本当は、そういう流れになってくれるといいんですけれどね。

私もそうでしたが、これらの無許可品が正規品と勘違いする方も多いと思います。
また、正規品とか無許可品とか、どうでもいいと思っている方も沢山いらっしゃいます。

なお、このブログでは、こういった無許可品を獲らないよう、皆さんに訴えかけることはしません。
皆さんの判断に任せます。

ただ、こういった無許可品には何の価値のないものという認識を持ってくれれば、いいかと思います。
Posted by Coo at 2010年04月19日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30344872
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック