2009年10月21日

久しぶりに「ヴィマナ」をやってみた

今回は、1991年に稼動していた東亜プランの縦スクロールシューティングゲーム、「ヴィマナ」を久しぶりにやってみました。

昔は2周目は行けたんですけれどね…。

このゲーム、東亜プランのシューティングでは、難易度があまり高くなかったゲームなんですよね。
昔、私もそんなに練習しなくてもノーコンティニューで1周目がクリア出来たゲームでした。

ボタンはショットとボムしかないというオーソドックスなゲームですね。
ボタンを押しっぱなしにすればするほど広範囲に広がる拡散ショット、敵を追尾して攻撃するサークルボムのおかげで、パターン化すれば簡単に後半のステージまで進めてしまうというゲームでした。

なお、全6ステージでループします。




久しぶりに遊んでみましたが、最終面でゲームオーバーに…。
敵の攻撃パターンとか覚えていないですよ…(笑)
それでも最終面まで行けるので、やはり他のシューティングゲームに比べて難易度が低いですね。

なお、高田馬場ミカドでプレイしていたのですが、前回の「フェリオス」と同様、音量が大きくていいですね。

あの、味のあるFM音源を堪能することが出来ました(笑)



また時間があるときにでもやってみます。
posted by Coo at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33067290
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック