2009年11月09日

「クレイズ萌え〜ろ祭り2009」に行ってきた その2

前回の記事の続きとして、東方Project関連のフィギュアのみを掲載したいと思います。





このイベントにおいては、「T's system.」さんの東方関連しかないと思ったのですが、「83℃」さんのパチュリーも展示してありました。

同じブースに展示していたので、てっきり「T's system.」さんの新作かと思ってしまいましたよ(笑)



・83℃ 「パチュリー・ノーレッジ」

トレフェスでも拝見した八海さんの「パチュリー」

キット販売もされていて、価格は8000円となります。ジト目ではなく、ちょっときつい目が印象的ですね。

きつい表情と下に詰まれた本が印象に残るパチュリーです。
個人的には好きな造型ですね。

これは完成品としての販売はなく、キット販売で8000円という価格でした。





あとは全てT's system.さんのフィギュアになります。

個人的に初めて拝見しましたが、今年のコミケで公開された「ディフォルメ魔理沙」が展示されてました。



・T's system. 「ディフォルメ魔理沙」

可愛らしいですよね。

一般販売はないんでしょうかね〜。

なかなか可愛らしいと思います。
こういうのは一般販売しても売れるんじゃないでしょうか。
なお、このイベントでの販売はありませんでした。





また、イベント限定品である「霧雨魔理沙 赤バージョン」は、新作フィギュアの展示ブースに飾られておりました。



・T's system. 「霧雨魔理沙 赤バージョン 塗装済み完成品」

意外と赤もいいですよね。

帽子のリボンは黒になっております。

販売価格は6000円ですね。
一般流通されない限定品ですので、それなりに価値があるものかと思います。
現物を見ると、この赤色の魔理沙も、なかなかいいですよ。





さて、今年、ワンフェスやトレフェスなど、私が参加したフィギュア関連のイベントで何度もお目にかかっていた「T's system.」さんの東方フィギュアですが、今回、改めてじっくり拝ませていただきました。
やはりどれも出来がいいですよ。

まずは、今度、完成品が発売される霊夢から…。



・T's system. 「博麗霊夢」

魔理沙に続き、これも完成品の発売が予定されている霊夢です。

目が大きくて可愛らしいです。

正面を向けて飾るよりも表情的にはここの向きが一番いいと個人的には思います。

魔理沙と比較するとこんな感じです。

この魔理沙を持っているのならば、完成品の霊夢も購入してみてはいかがでしょうか。

ここで完成品の発売は流石にありませんでした。
ちょっと期待していたんですけれどね。
残念です。

T's systemさんの完成品魔理沙を持っているのならば、こちらも揃えておいていいのではないでしょうか。

なお、キットの販売価格は12000円でした。





・T's system. 「十六夜咲夜」

キットのみの販売。台座にナイフが刺さっております。

前かがみな造型です。

右手にナイフ、左手に懐中時計を持った咲夜さんです。
ちょっと前かがみになった造型が気になる方がいらっしゃるかもしれません。

これも価格は12000円になります。





・T's system. 「レミリア・スカーレット」

艶かしいポーズのレミリアお嬢様。

可愛らしいですよね。

キット販売のみで、こちらも12000円となります。
なかなか可愛らしい感じがしますよね。





・T's system. 「東風谷早苗」

このシリーズで唯一キット販売されなかった早苗さんです。

横から…。

改めて見てみると、かなり塗装も凝ってますね。

早苗さんは、このイベントではキット販売すらされませんでした。
何故でしょうかね〜。

衣服の塗装が結構凝っているのが印象的。





・T's system. 「アリス・マーガトロイド」

キットでも14000円の価格のアリスさん。

服の皺や髪もしっかり作りこまれている感じがします。

う〜ん。

人形もかなり拘って作られてますね。

こっちも…。

気になっていたのは、本体と人形がどのようにして繋がっているかなんですが、なるほど…。

もし完成品が出たら、すぐに人形が外れたりしないか気になるところです…。

アリスのキット販売価格は、14000円と他のものと比べて高くなっております。
これは、上海人形付属により、パーツ数が増えているためだと思います。



こうして見ると、やはり可愛いですね、アリスは…(笑)

可愛いです。

完成品で発売されることは、ないかもしれませんが…。





東方関連は、こんなところでした。

T's system.さんの今後の東方新作がちょっと気になりますね。
まだ製作段階ですが、なかなか期待できそうな気がします。

来年の2月に行われるワンフェスにも注目していきたいですね。




次の記事は、東方以外の新作フィギュア関係です。
posted by Coo at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33513934
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック