2009年11月23日

「恋のまほうは魔理沙におまかせ!」に足を運んでみました。

今回は、東京の蒲田にある「大田区産業プラザ」で行われた、東方Projectオンリーイベント「恋のまほうは魔理沙におまかせ!」に足を運んでみました。

おおっ、いつの間にかグランデュオが出来ていたのね…。

個人的に、久しぶりに蒲田に来た気がします。
昔、仕事でよく歩いていた町だったのですが、最近はめっきり来なくなってしまいましたからね〜…。

本当は「京急蒲田駅」のほうが場所的には近いんですが、あえて「JR蒲田駅」から歩いてきました。
駅ビルのグランデュオがいつの間にか出来ていたのね…。



JRの駅からだと10分以上歩きます。ここへ来るには京急を使ったほうがベストです。

前回の「Pixivマーケット」と同様、私にとっては、ここでどうしても欲しいというものがないため、お昼頃にゆっくりと会場入りしましたよ。





中は予想通り混んでいましたね。

ちょっと秋葉原で他のイベントもあったため、1時間ほどで全部見て回れるか不安だったのですが、なんとか…。

このイベントは簡単に言うと東方Projectの主人公である「霧雨魔理沙」中心の同人誌即売会なのですが、魔理沙は東方Projectのあらゆるキャラクターとの絡みが多いため、普通の東方オンリーの同人誌即売会のようになっておりました。



同人サークルさんだけでなく、企業ブースもあったのには驚きました。
あまりカタログをチェックしていなかったので、気付きませんでした…。

というわけで、「まんだらけ」ブースに行ってみました。
そこで「博麗 霊夢 × 霧雨 魔理沙」というデフォルメフィギュアを購入させていただきましたが、なんだかんだで缶バッチを3つも付けてくれたり…(笑)

原型製作はアリヌさんのデフォルメフィギュア。可愛いです。

えっ、これって最初から付いてくるものだったのですか…?
とにかくありがとうございます。

また、「まんだらけ」ブースの隣に、「まんだらけコンプレックス」や「メッセサンオー同人ソフト館」に置かれているような「だんまくけしごむ」のガチャガチャがありました。





同人誌の販売だけでなく、グッズも販売してくるサークルさんも随分と多くなってきた印象がありましたよ。

前回参加した東方Projectオンリーイベントは今年の「例大祭」なんですが、その時はゆっくりと見て回るなんてことはせず、「東方星蓮船」の体験版をなんとか入手したあと、そのまま帰ってしまいましたからね〜(笑)

あの時も同人グッズ販売も多かったんでしょうね、おそらく…。






私はちょっと参加できなかったのですが、即売会が終了したあと、ちょっとしたイベントがあったそうです。
会場の一角に同人サークルさんの描きおろし色紙が飾られているところがあったのですが、そこで色紙の感想などを書くと抽選で、その色紙が貰えるといったものなど…。




せっかくイベントに足を運んでいる以上、もっと買い物をしたり、最後まで参加したかったのですが、他のイベントが押している以上、流石に無理がありますね。
ここから秋葉原へ行くのは、結構時間がかかりますから…(汗)



時間に余裕があれば、もっと楽しむことが出来たイベントだっただけに、個人的に残念です…。

東方の二次創作物が好きな方であれば、誰でも楽しめるイベントだったのではないでしょうか。

イベントの掛け持ちは、あまり良くないものだと改めて感じた1日でした。
posted by Coo at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33821146
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック