2010年02月15日

「VOCALOID 初音ミク ヴィネッティアムキュート」

今回はセガプライズの「VOCALOID 初音ミク ヴィネッティアムキュート」を紹介します。

全部で4種類。

このプライズ景品は全部で4種類あります。
初音ミクは「ぽっぴっぽー」と「桜ノ雨」、鏡音リンは「悪ノ娘」、巡音ルカは「巡姫舞踊曲」といった動画(楽曲)とのコラボレーションとのことです。

どれもなかなか可愛らしく、ゲーセンで全部集めたいと思っている方は多かったのではないでしょうか。





・「ぽっぴっぽー」

「ぽっぴっぽー」のミク。

可愛らしいですね。

小さいながらも動きのある造型です。

後ろの月を良く見ると…。

小さいながらも動きが感じられるフィギュアです。
頭は左右に動かすことが出来ます。
ねんぷちのようにツインテールを動かすことは出来ませんでしたが…。
出来はいいのですが、組立時、台座への取り付けにくさが難点かと思います。
部品が小さすぎて、なかなか本体と支柱がくっつかなかったり…。

他のフィギュアはそういうことがなかったので、個体差なのかもしれませんけれどね。





・「桜ノ雨」

「桜ノ雨」のミク

これも可愛いですよね。

後ろには桜の木と野球のボールがあります。

これまた可愛らしい表情ですね。
髪にボリュームがあるせいで、正面から見ると後ろの背景がほとんど見えなくなってしまうのが難点かな…。





・「悪ノ娘」

「悪ノ娘」のリン

目つきが悪い(ほめ言葉)リンさんです。

これも組立がやや難しかったです。

このリンの表情がいいですね。
よく見ると、細部もかなり細かく作られております。
これも「ぽっぴっぽー」ほどではないんですが、組み立てるのが難しかったです。





・「巡姫舞踊曲」

「巡姫舞踊曲」のルカ

ルカの髪のボリュームが凄いですね。

後ろの背景も良く作られてます。

ルカの髪のボリューム感がすごいですね。
それでいて「桜ノ雨」のように、背景がほとんど見えなくなることはないのもいいです。
このシリーズで唯一支柱を使わないフィギュアで組立自体は楽です。
ただ、力を入れすぎると、破損しそうな気もしますね。



どれも出来がいいので、このように全部揃えてしまうのもいいと思いますが、それぞれ単品に違った個性(世界観)があるので、一つだけ飾っても、バランスが崩れることがないと思います。
小さくて場所を取らないというのもいいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35317263
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック