2010年03月20日

ウェアハウス東雲店に行ってきた

久しぶりにゲーセン放浪…。
今回は、東雲(しののめ)にある、ウェアハウス東雲店さんにお邪魔してきました。

大きなアミューズメント施設です。

このアミューズメント施設、かなり広かったですよ。
りんかい線の東雲駅から徒歩10分と交通の便もちょっと悪いかもしれません。

ただ、ここの駐車場は無料なんですよね。
都内で無料の駐車場があるゲーセンなんて、あんまりないですよ〜。
駐車場も広いので、車を持っている方は、非常に便利かもしれませんね。



この洞窟の中に夢の世界が…(笑)

このような洞窟の入口のようなところから入館します。
雰囲気出てますね。



このゲームセンターですが、1階がプライズ、メダル、ビリヤード、パチンコなどを扱っておりますね。
2階が大型筐体とレトロゲーム、クイズゲームなど。
3階がダーツ、バッティングセンター、卓球場、格闘ゲーム、カードゲーム、戦場の絆などがありました。
かなり広大なフロアですよ。





ここのゲームセンターは、何と言っても2階のレトロゲーム、特にセガなどの大型筐体が稼動していることに尽きるといって過言はないと思います。

やはり2階が私にとっては一番でした!

オリンパスのE-P1じゃないと、暗すぎてよく写りませんでした。デジイチ、持ってきて良かったよ(笑)

これらが纏めて稼動しているところは、都内はおろか日本でもなかなかないかもしれません。



さて、お店のスタッフさんから撮影許可を得て、気になるレトロ筐体を撮影してきたのですが、店内が暗すぎて、秋葉原で私がよく使っているコンデジでは、どうしてもボケてしまって駄目でした。
そこで、私のイベント撮影用に使用しているオリンパスのE-P1を使ってみることにしました。
ISO感度を高く上げて、無理やり…。

そうそう、フラッシュは絶対に使いませんよ。
他のお客さんの迷惑になりますからね〜…。

全体的に「赤み」が強い写真になってしまうのは、仕方がないか…。



初代ストリートファイター。専用筐体。ボタンに注目。

・ストリートファイター:カプコン(1987年)

まずは、都内でも一部のレトロゲーセンで見かける初代ストリートファイター。
それのアップライト筐体です。
注目は、筐体についている大きな2つのボタン。
知っている方は知っていると思いますが、このボタンは圧力センサーが内蔵しており、ボタンの叩く強さで、弱・中・強の攻撃を使い分けることができます。
昔、よく私の友人とこれを遊んでいた頃、夢中になって何度手を痛めたことか…(笑)

また、今では当たり前の必殺技ですが、このゲームの場合、昇竜拳はおろか波動拳も出すのが難しいです。

当時は隠し技でした…。
偶然出せた時は、一体何が起きたのか分かりませんでしたよ(笑)



ガントレット専用筐体。ミカドにもありました。

・ガントレット:アタリ/ナムコ(1985年)

ガントレットの専用アップライト筐体。
ファンタジーシューティングゲームで、先日、高田馬場ミカドさんでプレイしましたね。
ただ、流石にモニターが劣化して、やや見づらくなってました。



モナコGP アップライト筐体。

・モナコGP:セガ(1979年)

これは凄い…。
こんなレトロ筐体が今でも…(涙)
昔、子供の頃、遊んだことがありますよ(…と書くと、歳がもうバレバレですかね)

知らない方のために書いておきますが、このゲームはブレーキというものがありません。
ただ、ひたすら直線を走って敵車を避けて突き進む単純なゲームです。
トンネルとかもありますよ〜。

続編のスーパーモナコGPとは別物です、ハイ。

なお、コクピット型の筐体もありましたね。
ここには、流石にありませんでしたけれど、もう一度見てみたいと思う筐体です。



ダライアス純正筐体。

・ダライアス:タイトー(1986年)

都内では、他に、高田馬場ミカドさん、秋葉原のトライアミューズメントタワーさんやHeyさんでも絶賛稼働中の3画面専用筐体「ダライアス」です。
ここでは、ショットとミサイルが連付きになっておりました。

ちょうどここら辺が、とても暗くて、撮影には苦労しましたよ。
店員さんに「暗いですけれど、上手く撮れました?」と何度か言われてしまったり…(笑)

「Hey」さんのダライアスに比べて、低音がちょっと弱い感じがしました。
モニターもややずれていましたが、プレイには全く支障のないレベルですね。
素晴らしいです。



ポールポジションU。

・ポールポジションU:ナムコ(1983年)

ナムコの日本初の擬似3Dレースゲーム「ポールポジション」の続編です。
メンテナンスも良好。




スペースハリアー専用筐体

曲もかっこいいです!

・スペースハリアー:セガ(1985年)

久しぶりに見たよ、このデラックス筐体。
操縦桿に連動して、筐体が大きく動くんですよ。

メンテナンスも良好で、筐体が本当によく動きますね。
スペハリが好きな方は、ここで遊んでみることをオススメします。
2面でゲームオーバーになりましたけれど、このレアな筐体で遊べただけで大満足です。




アウトランDX筐体

・アウトラン:セガ(1986年)

デラックス筐体のアウトラン。
ギアガチャが多用されたからかもしれませんが、多少シフトにガタつきがありました。
ハンドルもちょっとイマイチかも…。
でも、この筐体が残っているのは素晴らしいですね。
筐体の動きは文句なしです。



スーパーハングオン

・スーパーハングオン:セガ(1987年)

ミカドさんにもあるスーパーハングオンですが、こちらはちゃんとしたライドオン筐体になってました。
ただ、ちょっとターボボタンが反応しなかったです。
スタッフさんには話しておきました(笑)



ツイン筐体のバーチャレーシング

・バーチャレーシング:セガ(1992年)

松戸メクマンさんにもあった「バーチャレーシング」のツイン筐体。
こちらもメンテナンスがいいですね。



アフターバーナーUシングルクレイドル筐体

・アフターバーナーU:セガ(1987年)

シングルクレイドル筐体のアフターバーナーUです。
前にミカドさんにあったのは、確かアフターバーナーTの筐体(スロットルレバーがない)だったと思いますので、もしかすると久々に見た筐体かもしれません。

難しいゲームですわ…。




ラッドモビール専用筐体

・ラッドモビール:セガ(1991年)

ラッドモビール。
これも久しぶりに見ましたよ。

設定も甘くしているようで、ノーコンティニューで全20ステージクリアしてしまいました(笑)
メンテナンスも良かったです。



実はこのように連結されたDX筐体を初めて見ました。

それから、レトロ筐体ではないんですが、アフターバーナークライマックスも稼動しており、このように筐体が2つ繋がってました。
こういうのもあるんですね…。

レトロゲームばかり見た後の、このド派手な画面は流石に時代の流れを感じました。




他にもテーブル筐体が14台も設置されてました。

パックマンやドルアーガの塔、フロントライン、平安京エイリアンなど多数のゲームが稼働中。

テーブル筐体は、あの頃の記憶が蘇って、本当にいいですよね〜。




また、レトロゲームだけでなく、最新のゲームも稼動していましたよ。
既に、コナミの最新オンラインクイズゲーム、クイズマジックアカデミーZも大量に稼動してました。

もちろん、話題の最新ゲームも遊べます!

その他にも「テトリス・デカリス」や音ゲーも大量に…。
2階だけでも十分に楽しめますよ。





最後に、ここのシューティングのラインナップですが、以下の通りです。

B-WINGS
ツインビーヤッホー!
パロディウスだ!
沙羅曼蛇2
怒首領蜂大往生
オトメディウス(×2)

アフターバーナーU(シングルクレイドル筐体)
アフターバーナークライマックス(DX筐体×2)
スペースハリアー(デラックス筐体)
ダライアス(専用筐体)







今回は、2階のレトロを中心に紹介しましたが、1階のメダルやプライズコーナーや、3階の24時間営業のダーツコーナーなどかなり楽しめるゲームセンターだと思います。
3階には、戦場の絆の筐体もやたら多いですね。
また、ボーダーブレイクも3階で稼動してました。




友人や家族と楽しむのにも、いいゲームセンターではないでしょうか。

個人的には、2階の豊富なレトロがオススメなんですけれどね。
この記事へのコメント
この充実ぶりは確かに凄いですね。
これに「R-360」の筐体があれば最強ではないでしょうか?
ただ東雲までいく機会は滅多に無いと思います(泣)。

ちなみにHeyのダライアスは確かに「絶賛稼働中」と言える状態で、常にどなたかがプレイされており台が空くことが無いですね。
Posted by ao2 at 2010年03月20日 11:40
R-360の稼動店舗は、日本ではもうないと思います。

確か、安全面も考慮してアテンダントも必要な筐体だったと思いますので…。

あったら本当に素晴らしいんですけれどね。
Posted by Coo at 2010年03月22日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36525238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック