2011年05月04日

秋葉原のほとんどの同人ショップに3Dフライトシューティングゲーム「EFFY one of unreasonable "if" Ver1.2」試遊台を設置

Project ICKXさんの3Dフライトシューティングゲーム「EFFY one of unreasonable "if"(Ver1.2)」ですが、秋葉原ではほとんどの同人ショップに試遊台を設置しております。

EFFY Ver1.2

このゲームは「EFFY one of unreasonable "if"」のNVIDEA 3D Vision対応版(Ver1.2)で、3D Vision用のメガネをかけて遊ぶことにより、迫力のある3D映像で楽しむことができるとのこと。

3D Vision対応の同人ゲームは、国産の同人ゲームでは初だと思われます。



この「EFFY Ver1.2」の発売日(4月23日)には、ホワイトキャンバス秋葉原本店さんの店頭で体験即売会が開かれておりました。

ホワイトキャンバスさんでの体験即売会

店頭にノートパソコンが2台置かれていたのですが、1つは3D Vision対応版、もう1つは通常の3D表示(おそらく比較用)でデモ及び試遊することが出来ました。

2台設置。一つは3D Vision対応版。





さて、私が確認したショップはとらのあな秋葉原店Bさん、メロンブックス秋葉原店さん、D-STAGE秋葉原店さん、あきばお〜4号店(あきばお〜こく)さん、ホワイトキャンバス秋葉原本店さん、コミックzinさん、メッセサンオー同人ソフト館さんの7店舗(但し、メロンブックス秋葉原店さんは店舗スペース上、デモのみだったような…。コントローラがあったかどうか…?)

D-STAGE秋葉原店さん

メロンブックス秋葉原店さん

非常に広く展開されてますね。



特にメッセサンオー同人ソフト館さんは、1階のフロア中央に大きく専用筐体を作っており、本格的に楽しめるような仕様になってましたよ。
(但し、1面のみという注意書きあり)

フロア中心にドーン!

天井の光がモニターに入らないように、大きく囲いを作っています。

筐体内の様子

筐体下には『体験せよ、新たなるEFFYを』

日本の同人ゲーム初 3D Vision本格対応





もちろん、3D Vision用のメガネやコントローラ(PS2コントローラ)も筐体に付いていますね。

3D Vision対応メガネとコントローラ。本格的です。

売り場面積を削ってでも、この巨大な試遊台を置くというのには驚きましたよ…。



じっくりと体験してみたい方は、ここに訪れてみるのも良いかと思います。

以前、紹介したRAIDERS SPHERE 3rdも筐体に置かれてました。





今までのアナグリフ方式の3Dメガネ(青と赤のメガネ)とは、一味違うこの3D Vision対応フライトシューティングゲーム。
興味のある方は、実際にこれらの同人ショップで、3D映像を体験してみてはいかがでしょうか。




なお、このゲームですが、価格は1350円となります。

最新のビデオボードを持っていることに越したことはないのですが、公式サイトのスペックを確認してみると、CPUがPentium4 2.4GHz以上で、やや古めのビデオボード(GeForce6600以上)でも動作するようです。
posted by Coo at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44709810
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック