2011年05月27日

「赤い刀 真」が発売

ケイブさんのXbox360用シューティングゲームの新作「赤い刀 真」が5月26日に発売しました。

限定版

通常版

このゲームはアーケードからの移植で、1960年代の日本に似た架空の世界を舞台とした横スクロール弾幕シューティングゲーム。
同社の「プロギアの嵐」似ているようで別物のゲーム性なんですよね。

今回のXbox360版は、ただのアーケード版の移植ではなく、ワイド画面に対応、HD化したことや新ステージの追加、「赤い刀 真モード」「赤い刀モード」「絶・赤い刀モード」といった3つのゲームモードを追加、バランスの見直しなどがなされています。

初回生産分特典として「追加ボイスパック」を封入。
初回限定版には、「赤い刀・真」サウンドトラックが付属。

また、店舗によっては特典をつけているところもありました。



秋葉原では、各ゲームショップで販売を確認。

ソフマップ秋葉原アミューズメント館さん

ソフマップ本館さん

メッセサンオー本店さん

発売日の夕方に巡回しましたが、今回はソフマップ秋葉原アミューズメント館さんのみ限定版が品切れになっていましたが、他の店舗では完売しているショップはなかったです。






さて、余談ですが、個人的に「赤い刀」は好きなゲーム。
しかし、どことなく人を選ぶといった印象なんですよね。

アーケード版を初めて見た時に素直に感じたことですが、、前述したような戦闘機が人を打ち倒すという世界観が個人的に合わないと感じただけでなく、横スクロール弾幕シューティングは敵弾が避けづらくて難しく思えたこと、システムが難しいと思えたこと…です。



先日、メッセサンオー本店さんで開催された「赤い刀 真」の体験会では、上級者よりもまだこのゲームを触れたことがない方がほとんどでした。
スタッフさんが長々と操作法を説明しても、理解できずにゲームオーバーになる方も多かったですからね〜。
(念心を使っていない方も…)



弾幕シューティングを知らない方にとっては、序盤からものすごく激しい弾幕で、プレイを敬遠しがちになるかもしれません。

…まあ、実際にプレイしたことがある方は、念心をうまく使うことによって、回避するのはたやすいと思いますが、シューティング初心者の方は、システムを理解して楽しむのは時間がかかるのではないかと…。。

操作がショットとボムのボタン2つしか使わないゲームとは違いますからね〜。





このゲームが好きな方、シューターさんの方であれば、ここで紹介するまでもなく購入すると思いますが、そうでない方は購入する前に、一度アーケード版をプレイしてから検討するのも宜しいかと…。

やってみるとわかりますが、意外と弾幕は避けられるものです。

ゲーセンで楽しく感じた方であれば、今回のXbox360版は購入を検討する価値は十分にあるゲームだと思いますよ。
この記事へのコメント
久しぶりのコメント投稿ですが、ついに買いました(アーケード基板箱のインストセット付きの通販)通販限定版はこの前予約注文して待っていた基板箱で、中身はアーケードと同じようなものが入るインストセットです。家庭用の追加モードがあったり、設定変更で操作式をA〜Cの3種類、ライフエクステンド、キャラ固定ルールの変更ができたりします。にしても…。まだ僕は全機体中1回も全面クリアしてません…。
Posted by 名無し at 2011年05月30日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45498077
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック