2013年07月25日

コトブキヤ秋葉原館、限定300台で販売される「すーぱーそに子たぶ」のサンプルを展示

コトブキヤ秋葉原館さんでは、ハイホーさんがニトロプラスさんのイメージマスコットキャラクター「すーぱーそに子」とコラボレーションしたタブレット「すーぱーそに子たぶ」を3階にある「すーぱーそに子」コーナーのショーケースに展示されていました。

1

2

3





このタブレットは、公式サイトによると、ASUSさんのMeMO Padをベースにしているようで、1024×600ドットの7インチディスプレイ、CPUにVIA WM8950 1GHz、内部ストレージは8GB、OSにAndroid4.1をインストール、通信機能はWi-Fiのみといったもので、背面下部にシリアルナンバーが刻印され、付属するタブレットカバーには描き下ろしイラストがプリントされているようです。





コトブキヤさんで展示されていたサンプルは、ちゃんと動いており、画面に映し出されたそに子ちゃんが瞬きしていましたよ。

POPにも書かれていますが、画面をタッチすると話したり、笑ったり、泣いたりするみたいです。
また、このタブレットには専用のオリジナルアプリ(Youtube連続再生アプリや隠しコードを入力するとそに子が声で反応するという電卓アプリなど)もプリインストールされているようです。



発売日は8月6日でハイホーさんのサイトにてオンライン販売されるとのこと。
価格は29800円で、300台限定生産となるようです。

なお、発売日に購入された方の中から抽選で30名の方に「すーぱーそに子特製タペストリー」がプレゼントされるとのこと。



すーぱーそに子が好きな方は、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。
posted by Coo at 06:30| パソコン関連