2009年09月18日

ラジルギノア、新宿ミカドにも入荷してました

都内で稼動しているゲーセンがほとんどないマイルストーンの「ラジルギノア」ですが、「高田馬場ミカド」だけでなく「新宿ミカド」にも入荷していたようです。

好きなゲームですが、ゲームの出回りが悪すぎます…。

早速、ここでプレイしてみたところ、初めて8面まで進むことが出来ました。

しかし、8面道中は難しいですね。
初見で、中ボスまで行ってやられてしまいました。




もっと稼動している店舗が多くなれば、練習できるのですが…。

面白いゲームだと思うんですが…。

せめて秋葉原のどこかのゲーセンに入荷してほしいものです。
posted by Coo at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年09月12日

久しぶりに「デススマイルズ」をやってみた

本日は、「東方星蓮船」の委託販売日だったのですが、仕事が忙しくて全く秋葉原へ足を運ぶことが出来なかったので、会社帰りに近くのゲームセンターへ寄って、久しぶりに「デススマイルズ」をやってみました。


ゲーセンでは久しぶりに…。

「メガブラックレーベル」に慣れてしまっているせいか、クリアはできないだろうと思っていたのですが、あっさりノーコンティニューでクリアしました。

時間があまりなかったので、EXステージは通過していないんですけれどね。

やはりXbox360版を余裕でクリアできるようになると、アーケード版の方も普通にクリアできるようになってしまいます。
それだけ移植度が高いということなんでしょうね…。


こちらもEX不通過で…。

ちなみにメガブラックレーベルもフォレットでクリア…(笑)

2009年08月29日

やはり、ここから先が進めない…。

今日は「トライタワー」で「クレ研弐号館」に来たついでに7階のシューティングゲームを遊んできました。

7階のオトメディウス筐体の隣にこんなものが…。何故かアロエが入ってますね(笑)









今回は「トラブル☆ウィッチーズAC」を中心に…。

このゲームも私としては結構プレイし続けているんですが、どうしてもここから先が進めません…。

何度やっても勝てる気がしないです…。

5ボスが強すぎです…。
ここで何機も失ってしまいます。
レーザーが嫌らしいですわ…。

Fボムが残っていれば、多少は楽になるんでしょうけれどね。
posted by Coo at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年08月28日

「怒首領蜂大復活Ver.1.5」、初めてクリアできました。

今日、久しぶりに「怒首領蜂大復活 Ver.1.5」を遊んでみたんですが、なんとかノーコンティニューで初クリアすることができました。



4つのボタンにいつも戸惑いながらプレイしているんですが、それでもラスボスまで辿り着き、運良く撃破しております。
もちろん、1周目だけですよ…。

なお、ストロングスタイルでのプレイです。





まだ数回しか遊んでないのに…。
これも全て、オートボムのおかげでしょうかね〜(苦笑)



とりあえず、もう少し練習してみたいと思います。
posted by Coo at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年08月10日

「グラディウスU」をやってみた

秋葉原の「トライタワー」にコナミの名作シューティングゲーム「グラディウスU」が入荷しておりました。

いつ見ても、このタイトル画面はかっこいいと思います。

このゲームは、都内では結構いろいろなところで稼動しておりますね。
「高田馬場ミカド」とか大久保の「αステーション」とか…。

ただ、秋葉原にあっては、意外と見かけなかったシューティングゲームでした。
シューティングの多いタイトー「Hey」でも、「グラディウスV」は稼働中なんですが、何故か「U」は入っていないんですよ。



このゲームは私が学生の頃、ひたすら遊んでいたゲームでしたよ。
何と言っても、私がゲーセンに通うきっかけを作ったゲームである「グラディウス」の続編でしたからね〜。
グラディウスのシステムを引き継ぎつつ、スタート前のパワーアップセレクトなどの新要素、前作の「沙羅曼蛇」以上に美しく書き込まれたグラフィック、BGMの素晴らしさが今でも心に強く残っております。

最初の頃は、どうしても4面が越えられなかったんですよね。
3面のクリスタルコアが苦手で、これを倒したとしても、貧弱な装備で4面に突入してしまうため、ここでよくゲームオーバーになったものです。

デモ画面の6面の高速スクロールステージで、最後に出てくる「ビッグコアMK-2」がやけに印象に残っています。
最初は、ただのビックコアの「コア」を2つ付けただけと思って見ていたのですが、アームを上下に広げて多数のレーザー攻撃(全力砲撃モード)を放ってきたのにはかなり驚きましたよ。

このボスと戦ってみたいという一心で、その後プレイをし続けましたところ、6面のこのボスを楽に倒し(笑)、1周目をクリアできるようになり、さらには2周目までもクリアできるようになっていきました。



今では、1周目をクリアできれば、それで満足なんですけれどね。

確かに高次周は面白いんですが、プレイ時間が長くなりすぎますので…。
個人的に、ゲーセンで1つのゲームを1プレイで30分も遊べれば、もう十分満足なんですよね。
どうしても2周目以降を遊びたければ、家庭用に移植された「グラディウスU」をやればいいわけだし…。
それで満足しなければ、アーケードの基板を買って、家でじっくりやりこむのがいいと思っております。



さて、今回、これをやろうと思ったきっかけは、先日のワンフェスで「三毛猫労働組合」さんが出品されていた、これのせいでしょうか…。

MK-Uの全力砲撃モード。

実は「グラディウスX」版の「MK-U」です


こう改めて見ても、凄い作品ですね。
塗装もリアリティがあっていい感じの「ビッグコアMK-U」でした。
「三毛猫労働組合」さん、こんな素晴らしい作品を展示していただいてありがとうございます。





とりあえず、この6面ボスを倒せれば、自分的には満足なので、軽い気持ちでプレイしたところ、あっさり1周目をクリアしてしまいました(笑)
学生の頃に遊んでいた感覚が今でも残っているのが不思議なんですよね。
安全地帯も覚えてしまっているし…。

今年の5月に仙台の「ゲームコーナー東部」にお邪魔した際も、このゲームで遊んでみましたが、同じような感覚に陥りましたよ…(笑)




個人的には、昔何度もやりこんだせいか簡単にクリアできるゲームなんですが、たまに遊ぶと本当に面白いゲームだと思います。
今後も、暇を見つけては遊んでいきたいです。
posted by Coo at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年08月02日

「ドラゴンセイバー」をやってみた

久しぶりに高田馬場ミカドにお邪魔したところ、なんとナムコの「ドラゴンセイバー」が入荷しておりました。

あまり見かけないドラスピの続編。写真がピンボケですみません…(笑)

シューティングゲームの多い「Hey」やレトロゲーセンの「トライタワー」や「松戸メクマン」で意外とありそうでなかったシューティングゲームなんですよね。

このゲーム、「ドラゴンスピリット」の続編ということで、昔はよく遊んだものですよ。
かなり書き込まれたグラフィックと細江慎治さん作曲の素晴らしいBGMも魅力的でした。

基本的なところは前作と変わらないのですが、溜め撃ちが出来、パワーアップの種類によっては派手で威力の高い攻撃が出来るようになっております。





コインを入れて2つのショットボタンを押しながらスタートボタンを押すと懐かしの前作の「ドラゴンスピリット」のアレンジBGMでプレイ出来てしまうのがとても良かったです。
ラウンド1〜6まで前作のBGMが流れるようになりますね(ボスは除く)

ドラゴンセイバーのサントラ…。

当時、あまりの音楽の良さに、私はサントラを発売日に購入していました。
「ナムコゲームサウンドエクスプレスVol.4」というもので、CD2枚組みです。
今聴いても、いいものはいいですよね。




さて、早速遊んでみましたが、なんか2面であっさりとゲームオーバーに…(笑)
自機の当たり判定が見た目通りなんですよ。
ゲームの世界観は好きなので、何度も遊びたくなるゲームなんですが、難易度が高いです。
結局、何度かやって5面ぐらいまで…。

昔、良くやっていた頃はクリアこそはできなかったものの7面以降まで進めたんですけれどね〜。
今の弾幕シューに慣れてしまうと、相当厳しいゲームかと思いました。



いつまでここに残っているかわかりませんが、見かけたらまた遊んでみたいゲームです。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年07月18日

とりあえず新作を中心に…。

本日は、仕事で疲れているのにもかかわらず、帰りにゲーセンでシューティングゲームばかりやってました(笑)
特に最近は新作が沢山出てますからね〜。



以下、私の戦績と雑感です。



@トラブル☆ウィッチーズAC

相変わらず4面が越せません…(涙)
3面まではノーミスで行けるんですけれどね。
本腰入れてパターン化させないと先に進めないかもしれません。

そういえば、公式サイトでステージ3までの詳細が公開されてました。
興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。



Aラジルギノア

6面ボスまで。
この面って、ロケテスト版でいう「3面」ですよね。
以前よりも難しくなったのかな〜。
連続アブゾネットは気持ちがいいので、また何度も遊びたくなるゲームです。



BデススマイルズU

ウィンディア、ノーコンティニューでクリア。
2億点程度…。
2ndアップデート版は、クリア重視で稼ぎを意識しなければ、こんな感じのスコアになります。

下の選択肢のエンディングは、なんかいい感じですね。
ウィンディアは優しい娘です(笑)

他の方のプレイも見ていたのですが、アイテムカウンターが1000の時にパワーアップを発動しようとするも使い魔に撃ち返しが当たってパワーアップが発動せずダメージを受けていた方が散見されました。
また、結界を張った時のカウンターの消費量がやたら早いのは気のせいでしょうか…。



Cexception(「Hey」のロケテスト版)

これをやるためにわざわざ「Hey」まで足を運びました。
バージョン的には、「タイトーステーション新宿南口ゲームワールド」と同じものかと思われます。

相変わらず3面の迷路でゲームオーバーです。
ここは本当に難しいです。
操作に慣れないと、ここらへんで終わる方が多いようです。

「Hey」の1階通路のライブ映像…

上手な方は、かなり後半の方まで進んでいました。
カタパルトの使い方が上手いです。
なかなか参考になりました。



D虫姫さま

無印版のほう。
マニアックモードで4面まで…。



E虫姫さまふたりブラックレーベル

オリジナルモード、パルムでノーコンティニュークリア。
稼いでないので3億点ぐらい…。

虫姫さまシリーズは何気によく遊んでいます。



Fデススマイルズ

無印版、フォレットでノーコンティニュークリア。
このゲームを遊ぶたびに、Xbox360版が良く出来たゲームだということを思い知らされます。
なお、エキストラは通過せず…。



Gラジルギ

初代ラジルギ。
ラジルギノアに慣れてくると、なんか難しく感じるゲームです。
久しぶりにやると3面を超えることができませんでした…。





今回はこんなところでしょうか…。

月に1回は、こういうプレイ日記を書いてみるのもいいですね。
ただ、私の場合、今回のようにあまり長々とゲーセンにいて、ゲームを練習する時間があまりないので、おそらく来月も全然上達してないと思います(笑)
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年07月17日

「デススマイルズU」2ndアップデート版をやってみた

ケイブの「デススマイルズU」ですが、7月16日に2回目のシステムアップデートが行われております。





大きな変化としては、最終面(前半部・後半部)が追加され、ラスボス(サタンクロウズ)の追加、エンディング(各キャラ2パターンで計6つのエンディングとスタッフロール)が追加されております。

また、システムも大きく変更されておりますね。
公式サイトのほうで、このシステムに関して詳しく書かれております。

補足として、アイテムカウンターが1000の時に発生する撃ち返し弾を使い魔で打ち消すことができるようになりましたが、カウンターが減少するようになってます。






さて、秋葉原の「Hey」や「クラブセガ秋葉原店」でこのバージョンをプレイしてみましたが、ウィンディアとキャスパーを使って、両方ともあっさりノーコンティニューでクリアしてしまいました。
クリアするだけならば意外と簡単でしたよ。

最終面は、ひたすらパワーアップ→リチャージ→パワーアップだけで全く苦もなく進めてしまいます。

ラスボスの弾幕はかなり綺麗な弾幕ですね。
某東方Project作品を横画面にしたような…(笑)



エンディングを見て、今までもやもやした気分が晴れて、ようやく面白さがわかってきました。

今回、キャスパーの選択肢を上にしましたが、これは…。
後ろにギャラリーがいっぱいいたので、かなり恥ずかしかったです(笑)



ただ、スコアを狙うとなるとかなり厳しいゲームになりそうな予感…。
とりあえず普通にクリアして全エンディングを見れるよう頑張ってみますか。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年07月05日

「トラブル☆ウィッチーズAC」をやってみた

秋葉原にあるゲームセンター、タイトー「Hey」ですが、スタジオシエスタの新作シューティングゲーム「トラブル☆ウィッチーズAC」が入荷しておりました。

「Hey」の1階入口に、「トラブル☆ウィッチーズAC」が入っている晒し台の画面が映し出されてました(笑)

どうやら本日入荷したばかりのようです。





ここでは1回しかプレイしなかったので、細かな部分はあまり書けないのですが、以前のロケテスト版よりも難しくなっている感じがしました。



プレイヤーキャラは7人から選択。
公式サイトのキャラクター5人と公式サイトで紹介されていないキャラクターが2人です。
最初は5人しか使えないと思っていたのですが、以前のロケテスト版と同様に最初から開放されているようです。

その後、チュートリアル選択、そして難易度選択画面となります。
難易度選択はロケテスト版にはなかったと思います。



基本的な操作方法、グラフィックやサウンドはロケテスト版と同様ですね。
背景と敵キャラの判別がしにくい箇所もあり、何にやられたのかわからないというのも以前のままです(笑)

敵の攻撃パターンなどは一見するとあまり変わったところは無いように思えるんですが、敵弾の動き方が若干違うように感じました。
なんか以前の攻撃と何かが違うんですよね。

また、各ステージのボスが強くなった気がします。
1面ボスってこんなに手強かったかな…?



今回はなんとか3面ボスの第2形態まで進めました。
ここはパターンをしっかり覚えないと駄目でしょうね。

3面以降からは強烈な弾幕シューになるので、かなり練習しないとクリア出来る気がしませんわ(笑)





余談ですが、秋葉原の他のゲームセンターで、このゲームが入荷したのは「東京レジャーランド秋葉原店」ですね。
ここの3階に入荷したのも確認しております。



秋葉原以外では「大久保αステーション」や「高田馬場ミカド」などで稼動しておりました。

「高田馬場ミカド」は「ラジルギノア」2台の隣りに「トラブル☆ウィッチーズAC」を設置しておりました。
ここは、レトロだけでなく新作シューティングにも強いのかと思ったのですが、何故か出回りの良いケイブの「デススマイルズU」を置いてなかったりしますけれどね…(笑)



しかし、「ラジルギノア」は、まだ秋葉原のゲームセンターでは見かけないんですよね。
「Hey」か「トライタワー」あたりに入荷してくれると嬉しいんですが…。




7月7日 追記

公式サイトにて、「ステージ1」の詳細が公開されておりました。
興味のある方は参考にしてみてください。
posted by Coo at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年06月16日

やっとエキストラステージを通過してクリア…

キャロット巣鴨店に、無印版「デススマイルズ」が入荷しましたので、久しぶりに遊んでみました。





キャロット巣鴨店の「デススマイルズ」は100円2プレイ、ライフ5、さらには難易度イージーであり、初心者の方でもコンティニューを使えばクリアは狙えると思います。



予想通りというかゲームの難易度が甘すぎるせいで、あっさりフォレットでノーコンティニュークリアしてしまいました。



これではあまりにもあっけないので、余った1クレジットでエキストラステージに挑戦してみました。

流石にエキストラを選択すると敵の攻撃がきつくなってくる(撃ち返しが多い)のですが、なんとかボスを倒すことが出来ました。
…思えばゲーセンで、ここのボスを倒せたのは初めてですね〜。

最終面は、ぎりぎりでラスボスを倒すことが出来ましたよ…。
道中がかなりライフを削られたので危なかったです…。

ライフが沢山あればクリアは容易かと思ったのですが、なかなか難しいですね…。



とりあえず、ここで練習して、他のゲーセンのノーマル設定の「デススマイルズ」もエキストラを通過してクリアしたいものです…。





他にもキャロット巣鴨店には、「虫姫さま」が入荷しておりました。
これも100円2クレジットで残機5、難易度イージー設定のようです。

オリジナルとマニアックをやってみましたが、どちらも5面でゲームオーバー…。
このゲーム、5面が最終面でしたよね…。
難易度が低いとはいえ、最終面まで行けたということか…。



こちらも、私のような初心者が練習するにはちょうどいいかもしれませんね…。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年06月15日

「1942」をやってみた

今回は秋葉原の「トライタワー」で、カプコンの「1942」をやってみました。





これは、1984年作品で、ファミコンにも移植されたシンプルな縦スクロールシューティングゲームです。

自機は「P-38ライトニング」です。
赤色の編隊を全滅させると「Pow」というアイテムが出て、取得すると「Pow」の色によって様々な効果を得ることができます。
パワーアップや敵に一定時間弾を撃たせなかったり、画面上の敵を全滅させたり、1UPしたりと…。

また、今ある縦シューでは当たり前のようにあるボムがなく、宙返りで敵の攻撃を回避します。





「1942」が入っていた「トライタワー」の筐体は、「1943改」と2in1になっておりました。
おかげで、このゲームの存在を見落とすところでしたよ…(笑)

セレクトボタンで画面を切り替えると懐かしいシンプルなタイトル画面が…。




早速遊んでみましたが、今時のシューティングに慣れすぎてしまったせいか、自機の当たり判定の大きさに泣かされました。
敵の変則的な動きで敵弾に当たってミスするより、体当たりでミスをしてしまうんですよね。
しかし1面で残機が尽きて、もう駄目かと思いましたが、最後の1機で頑張ってみたところ、意外にも16面まで進めてしまいました(笑)

なんとか16面まで…。

コツを掴めばそれなりに進めるもんですね〜。
「Pow」の敵弾を撃たせなくする効果が効いていますね。

やりこめば、全ステージクリアできるかもしれません…。
でも、合計32ステージもあるんですけれどね…(苦笑)

一番ミスしやすかったところは、ボス戦よりもトリッキーな動きをする赤い編隊でしょうか。
「Pow」を持っている編隊ですが、知らないと絶対ミスするような体当たり攻撃をしてきますからね〜…。




ちなみに「1943改」もやってみましたが、こちらは4面ボスでゲームオーバー…。
こちらは難しいゲームですわ…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年06月13日

「ゲーム天国」をやってみた

今回はジャレコ…。

正直言いますと、私は、昔のジャレコという会社のイメージが良くなかったんですよね。
なんか面白そうなゲームを作らない会社というか、実際にジャレコのゲームを遊んでみてもすごく面白いと思うものがなかったです。

ところが、最近のイメージは大きく変わりました。
「崩壊への序曲」と称した再生プロジェクトや社長さんのブログを読んで、今後、面白そうなゲームを作りそうな会社なのではないかと思います。





前置きが長くなりましたが、秋葉原の「Hey」にジャレコの「ゲーム天国」が稼動しておりましたので、プレイしてみました。

今まで敬遠してきたゲームの一つです。

このゲーム、昔、稼動し始めた頃、私は1回しか遊ばなかったんですよね。
あの頃は、ちょっと恥ずかしくて出来ませんでした(笑)
昔の私は、今の私と違って、ゲームは硬派なものばかり遊んでいましたからね〜。



ギャルゲー色が強いシューティングゲームで、過去のジャレコのゲームのキャラクターたちを使って、コミカルな敵を倒していくゲームです。

有名声優さんたちのボイスを多用しているのもウリのひとつかもしれません。

そういえば、セガサターンにも移植されたゲームでしたよね。




さて、何回かやってみましたが、意外に面白いゲームですね。
なかなかシューティングとしてのバランスもいいのではないでしょうか。
使いやすいのは「プラスアルファ」…かな。
広範囲のワイドショットが使いやすいです。

ただ、今のシューティングとは違って、当たり判定が大きいので、弾幕シューティングに慣れてしまうとあっさりやられてしまいますよ…(笑)
また、ボイスが多用されているため、プレイしているとかなり目立ちます。
平日の「Hey」で、しかも私のへたれプレイなのにもかかわらず、何人か後ろにギャラリーが…(笑)



とりあえず4面あたりまで進めましたが、難易度がそんなに高くないので、もう少し練習すればもっと先に行けると思います。
頑張ってみますか…。






最後に余談ですが、「Hey」で遊んだのは久しぶりですが、あと少しでクリア出来そうだった「グリッドシーカー」がなくなってしまったのはショックです。
また復活するまで待つとします…(笑)
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年06月04日

「デススマイルズU」の1stアップデート版をやってみた

今日は、6月3日に最初のアップデートが実施された「デススマイルズU」をやってみました。

このアップデートで、とうとう「キャスパー」が使えるようになりましたね〜。
(タイトル画面の下に「New Character Casper Open!」の文字が出ていればキャスパーが使用可能です。出現していない場合はクレジットが入っている状態で、1PのCを押しながら「A、A、↓、↓、→、B、←、B、↑、↑、A、B、B、A」の順でコマンドを入力





大きく変わったのは、このキャスパーが使用可能になったこととアイテムカウンターが1000の時、耐久力の高い敵を倒すと撃ち返しが飛んでくるようになったことですね。
撃ち返しが大量に出てきたときにパワーアップすると画面上の全ての敵弾がアイテムに変換されるのが気持ちがいいかも…です。

キャスパーの使い勝手ですが、前作と同じような感じですね。
ショットボタンを押しっぱなしで使い魔が固定されず動きます。
ブーメランのような使い魔のショットは変わらず、ボタンを押し続けることでレーザーになります。
相変わらず近距離戦に向いたキャラだと思います。





さて、一応全てのキャラクターを使ってクリアしてみたのですが、難易度的には初期版に比べてやや低くなった感じがします。

今まで難易度が高かった「フィールドC」ですが、下から這い上がってくる巨大な蛇のHPが少なくなっている気がします。
また、フィールドCに限って言えば、パワーアップを使って浮遊する壊せない障害物に使い魔や主人公を突っ込ませることによって、ものすごい数のアイテムを回収することができました。
パワーアップが切れても画面上に大量のアイテムが残っているため、それを回収するとカウンターが既に500〜800ぐらいまで溜まってしまうんですよね。
上手くやれば、連続でパワーアップさせることも可能かもしれません。

但し、これほど稼いでいるように見えても、以前と比べてスコアがそんなに大きく伸びることはありませんでした。
ここらへんもいろいろと調整が加えられているのかも…。



ステージに関しては相変わらずの4面エンドでした。
やはりなんか物足りないですね。
今回のバージョンアップで5面以降がプレイできるかと思っていただけに残念です。






早く最終ステージまで完成してほしいと思います。
次の更新に期待したいところです…。
posted by Coo at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年05月25日

「アフターバーナー」をやってみた

高田馬場ミカドにて、とうとうセガの「アフターバーナー」が稼動していたので初めてプレイしてみました。

after-000.JPG

この「アフターバーナー」ですが、正直言うとやったことがなかったんですよね。



何回かプレイしたことがあるのは、「アフターバーナーU」のほうです。
「アフターバーナーU」は、ここにもあるんですが、このような専用筐体ではないのでプレイしませんでした。




しかし、慣れないとすぐにゲームオーバーになりますね〜、このゲーム。

ミサイルを回転して避けると気持ちがいいんですが、一回転した後にミサイルの直撃を受けてしまったり…(笑)

敵の出現位置や攻撃パターンを掴めば、それなりに進むとは思いますけれど、私の腕では全く駄目です…。





昔、ゲーセンで遊んだ「アフターバーナーU」もそんなに進むことができなかったんですけれどね。
私の弟は、先のステージまで進むことが出来たようですが…。





そういえば、コンシューマ機でも出ましたよね、「アフターバーナーU」は…。
ファミコンに出たときは、グラフィックがチープなものの感動したものです。

その後、メガドライブの「スーパー32X」でも遊びましたが、こちらは移植度が高く、ゲーム音楽までもかなりそっくりに作られていましたよね〜。
音楽を聴くためだけに購入する価値があるかもしれません…。
(スーパー32Xも購入しないと駄目ですが…)





さて、初代「アフターバーナー」と「U」との違いですが、スロットルレバーがなかったものが初代の「アフターバーナー」でレバーが追加されたものが「U」だと思います…。

当時のことはあまり覚えていないのですが、初代の「アフターバーナー」が出てから、数ヶ月で「U」が稼動したと思いますので、おそらく初代「アフターバーナー」は試作機的な稼動だったのではないでしょうか…。




1プレイ100円なので、また機会があったら少しずつやってみますか…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年05月16日

「デススマイルズU」をやってみた

ケイブの新作シューティングゲーム「デススマイルズU」を「アドアーズ荻窪西口店」でプレイしてきました。

稼動しているところが多いかもしれませんね。


仕事で荻窪のほうに行っていたんですが、まさかここにも新作シューティングゲームが入荷しているとは思わなかったですよ…。

さてさて…


しかし、これをプレイした後は、ちょっと後味が悪いというか…。
製品版ですよね、これ…。



ゲーム自体の出来は悪くないと思います。
ロケテスト版に比べて、難易度が大幅に下げられた感じです。
おかげさまで、非常に遊びやすくてやりがいのあるゲームに変貌した気がします。

また、ボス戦に関しては、うまく攻略法を考えないとボムのお世話になりますね。





キャラクターはロケテスト版と同じ「ウィンディア」と「スーピィ」の2キャラから選択します。
というか、2キャラしか使えません…(汗)



1面(フィールドA)は、硬かった敵が柔らかくなってサクサク倒せます。
爽快感は大幅に上がりましたね。
敵(ボス含む)もばら撒き弾を撃ってくることはなくなり、普通の弾幕シューティングのように避けることができますよ。
また、ステージ開始前とクリア時にストーリーデモが挿入されるようになっておりました。
なお、これはスタートボタンでキャンセル可能です。



2面以降は3つのフィールドから選ぶようになっております。

今回新規に追加されたのはフィールドDの「廃墟」です。
ゾンビやゴースト系の敵が多いステージですね。
パワーアップを使わないと微妙に敵に押されるような感じです。

ロケテスト版にあったステージですが、1面と同様、難易度が大幅に下げられてました。

特にフィールドCの「遺跡」はロケテスト版に比べて、相当楽になっております。
但し、ボスの「ヘビースネイク」はロケテスト版よりも強くなっているような感じがしました。
なかなかしぶといですよ。





さて、合計4つのフィールドをクリアして、次は最終章になるようですが…。

なんと、ここでゲームが終わってしまいました。
「to be continued…」って…(汗)



思わず目が点になってしまいましたよ。
どういうことなの…?





ちょっと、これについてアドアーズの店員さんに確認してみました。

店員さんの話では、現在のバージョンでは4面エンドですが、今後のバージョンアップで新ステージや新キャラが追加されるとのこと。
また、オンラインでアップデートというのではなく、基板の追加により対応するそうです。




ケイブの新基板って、基板をどんどん追加し、拡張していくような感じなのでしょうかね〜。
「デススマイルズU」という本体に、「追加ステージ」というカセットを挿すようなイメージと言ったほうがわかりやすいかもしれません…。
この新基板については、よくわからない部分も多いですね。

初プレイで2位の記録か…。


とりあえず、この製品版を初プレイで4面ノーコンティニュークリアしました。
キャラクターは「ウィンディア」を使用。

しかし、いくらロケテスト版より簡単になっているとはいえ、結構被弾したり、ボムを使ったりしてますからね〜。
この調子だと、いずれ追加される最終章やエキストラステージは苦戦することは間違いないです。
この4面までをノーダメージで進めないと…ね。




今後のバージョンアップに期待したいところですが、最終的なバージョンアップが今年のクリスマスになりそうな気もしてきました…(笑)

「魔界のメリークリスマス」…ですからね〜。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年05月14日

「スターブレード」などの大型レトロ筐体のゲームをやってみた

「高田馬場ゲーセン・ミカド」にて、ナムコの「スターブレード」をプレイしてきました。

1991年頃のフルポリゴン3Dシューティングゲームで、この頃は様々な場所で稼動していたゲームでした。
今では、もうほとんどのゲームセンターから姿を消してしまいましたが、ゲーム自体はコンシューマ機(Wii)で遊べるゲームですよね。
しかし、この大きな筐体でしか味わえないものがあると思います。



さて、ここの「スターブレード」ですが、連射装置付きなのが特徴ですね。

私が遊んでいた当時のゲームセンターのほとんどは、そのような連射装置などついているわけがなく、手動連射が当たり前でした。
敵が思いのほか強くて、序盤で必ずゲームオーバーになってしまうので、コンティニュー前提のゲームかと思っていましたよ。
さらにいえば、1プレイ200円ぐらいだったので、貧乏学生の私にはとてもとても続けられませんでした…。

ところが、今回連射装置付きの筐体で初めて遊んだのですが、強力な連射のため、久しぶりにプレイするのにもかかわらず、敵も楽に倒すことが出来、中盤あたりまで楽に進むことが出来ました。
これは、なかなか面白いですね〜。
10数年ぶりに、面白さが分かった気がしますわ(笑)

ある程度、敵の出現場所が分かっていれば、もっと先に進むことが出来たかもしれませんね。

高田馬場ミカドの「スターブレード」は1プレイ100円なので、気兼ねなく遊べそうです。





その後、隣にあった「ソルバルウ」をプレイしました。
当時、自機の操作が難しすぎて、ほとんど遊ばなかったゲームです。

久しぶりにやってみたら、やはり序盤あたりでゲームオーバー…。
打ち分けタイプの3Dシューティングは難しすぎますよ。
なんか未だに面白さがわかりませんね…。





最後に、先日ようやく稼動したセガの「スーパーハングオン」をやってみました。
ちょっと音が割れていたのは残念でしたが、プレイしていて楽しいと思いました。

ようやく稼動開始のようですね


爽快感ある音楽がいいんですよね〜。
でも音割れしてますけど…(笑)

それにしても、ターボの存在を忘れていて3面ぐらいでゲームオーバーになってしまいました。
ターボボタンがあるのはプレイ後半に気づきまして…(笑)

また、ネームエントリー画面で、うまくネームが入力できなかったのが残念です。





「高田馬場ミカド」でまだ稼動できていないのは、「アフターバーナーU」のみになりました。
これも、またやってみたいですね〜。

早く稼動してくれると嬉しいんですが…。
posted by Coo at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年05月08日

ナムコの「テーブルジービー」をやってみた

高田馬場ゲーセン・ミカドにあったテーブル台ですが、今では見かけないゲームが入っていたので遊んでみました。

モニターはモノクロでカバーに色を塗っているという、かなり昔のレトロゲーム。


これは、ナムコの「テーブルジービー」というゲームですね。

このゲームは「ブロック崩し」で、しかも貴重な純正筐体のようです。

この「ジービー」というゲームですが、私が幼かった頃プレイした記憶がありますよ。
このようなテーブル筐体ではなく、アップライト筐体でしたが…。

ちなみに1978年作品だったと思います。



モニターは白黒なんですが、モニターのカバーに色がついてカラーのように見せているんですよね。

ゲーム的には、中央と下の部分に操作可能なバーがついたブロック崩しで、ピンボールのようなギミックが印象的です。
中央の「NAMCO」の文字を全て通過させるとボーナスが入ったかと思います。

5回くらいバーでボールを跳ね返すと、スピードが上がっていきます。
ひたすら跳ね返し続けると、かなり反射神経が良くないとミスしてしまうのではないでしょうか。



一度は遊んでみる価値はあるゲームかと思いますが、こうも難易度が高いとあまり連続ではやりたくないです…。

私自身は、1回のプレイで昔を思い出しましたよ…。





ちなみに過去にこのゲームを遊んだことがあるゲームセンターとは、宮城県の多賀城にある「一兆」というボーリング場のゲームコーナーです…(笑)
1階はパチンコ屋でした。

弟の話では、このゲームセンターも今ではなくなってしまっているとのこと…。
帰郷した際、一度顔を出してみたかったのですが、残念です。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年05月06日

久しぶりに「虫姫さまふたりBL」オリジナルモードをやってみた

会社帰りに久しぶりにゲームセンターに寄って、「虫姫さまふたり ブラックレーベル」のオリジナルモードをやってみました。



最近、このゲームをやるとしたらマニアックモードばかりやっていたので、クリアできないかと思っていたのですが、なんかあっさりノーコンティニューでクリアしました。
残機も2機ほど余っているし…。

スコアは4億点ぐらい。
稼がず、適当にプレイするとこんなものでしょうか。





ほとんど自機狙い弾ばかりなので、シューティングが得意な方であれば、ある程度コツを掴むことで比較的楽にクリアできるゲームです。

「デススマイルズ」もそうでしたが、こういう初心者にも歓迎される難易度のシューティングゲームが増えてくれればいいなと思います。



それに比べて、「達人王」の難易度は…(涙)
あれから何度もやっているんですが、3面が越せませんよ…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年05月05日

「サイヴァーン」をやってみた

今回は秋葉原の「Hey」で稼動していた、カネコの「サイヴァーン」をやってみました。

出た当初、ほとんどプレイしなかったタイトル


これは1998年の作品です。
この頃になると、私はゲームセンターに行く機会が少なくなってしまいましたね。
仕事が忙しくなってきたというのもあるんですが…。

このゲームは縦スクロール弾幕シューティングゲームで、かなり作りこまれたゲームなのですが、あまり大きく雑誌でも取り上げられなかったかと思います。
この頃の縦シューは、「怒首領蜂」、「エスプレイド」、「ストライカーズ1945U」などが出回っており、「サイヴァーン」はこれらの影に隠れてしまったようなゲームでした。



比較的シューティングを多く設置しているゲームセンターでも、今現在「サイヴァーン」を稼動させているゲーセンはほとんどないのではないでしょうか。
「Hey」のようなゲーセンだと、すぐに別なゲームと入れ替えられる可能性があるので、なくなる前に早めにやっておくのがいいかもしれないです。





さて、ゲームのほうですが、極めてオーソドックスな感じで左側のボタンがショットで右側がボムになります。
ショットボタンを押し続けると威力の高いバニッシュ(炎攻撃)になります。
また、ディップスイッチで3つ目のボタン(連射)を設定することが可能なようですね。



このゲームは当時あまりやってなかったので、よくわからないところもあるんですが、いろいろと調べてみると「バトルガレッガ」のようなランクが存在し、プレイ内容によっては難易度が変わってくるゲームだそうです。

他にもスコアに関わる隠し要素も多いんですよね。
知っているのと知らないのとでは、スコアに大きく影響すると思います。




こうして遊んでみると面白いゲームですね。
あの時、ゲーセン離れをしなければ、私はもっと遊んでいたゲームだったかもしれないです…。
4面ぐらいまでしか進めませんでしたが、せめて1周くらいはクリアしたいと思います。

それまでに撤去されなければいいんですけれどね…。
posted by Coo at 07:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年04月21日

QMA6、やっと決勝戦まで行けました

「クイズマジックアカデミーY」ですが、なんだかんだでプレイし続けています。



オンライントーナメントが面白いですね。
昨日、ようやく決勝戦まで進むことができましたよ。

ようやく準決勝を突破できました。


でも、1位にはなれず、2位で終わってしまいました…(笑)



しかし、タイピングクイズは難しいですね…。
答えが分かっていても、タイピングミスをすることもしばしば…。
焦らずゆっくり入力すれば大丈夫なんですが、わからない問題が出たら、もう完全にお手上げですよ…。




1位になれる日は来るのだろうか…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記