2009年04月20日

「スカルファング」をやってみた

「新宿ゲーセン ミカド」に、データイーストの縦スクロールシューティングゲーム、「スカルファング 空牙外伝」が入っていたので、久しぶりに遊んでみました。

クセの強いシューティングゲーム


このゲームはライフ制のゲームで、普通のシューティング感覚の「オートモード」と、ブーストを使って速度を変化させ、ボスを時間内に倒す「チェイスモード」に分かれているのが特徴でしょうか。

特にチェイスモードのボス戦は、バレルロール操作を駆使することにより、自機をボス方向に振り向かせて攻撃したり、体当たり攻撃したりするんですよね。
特殊なコマンド操作が必要ですが…。

ブーストを最高速の6速まで上げると武器の性能が変わったりします。
加速している分、敵のスピードも速くなってくるんですけれどね。



オートモードは、ブーストを省いているため、ごく普通のシューティングゲームとして楽しめます。



今回は両方のモードで遊んでみましたが、両方とも4面までクリアすることが出来ました。
以前はここまで行くことができなかったので、もしかすると「新宿ミカド」の「スカルファング」は難易度を落としているのかもしれません。





さて、難易度が低いのをいいことに何回かやってみたんですが、あまり面白さがわからないゲームでした。

演出は、ボイスが大量に使われていたり、ボスが画面外に出ると衛星からのモニターで表示されるなど、いいものがあるんですが、どうにもシューティングとしての爽快感がないんですよ。
スピードを上げれば上げるほど、敵を撃ちもらして体当たりされてしまったり、敵弾も大雑把で弾避けがそんなに楽しいわけでもないし…。

オートモードだと、ボスが画面外に出てしまうとダメージを与えることが出来ないため、どうにもストレスが溜まります。
変なところに拘りすぎているんですよね。



昔もそれで、このゲームをプレイしなくなったと思います。
当時、このゲームをやるくらいならば、セイブ開発の「雷電」や、東亜プランの縦シューなどをやったほうがいいと思いましたし、世界観を楽しみたいのであれば、前作の「ウルフファング」をやったほうがマシでしたね(苦笑)





但し、音楽に関しては、前作の「空牙」や「ウルフファング」風で、好きなんですけれどね〜。
ローランドのSCシリーズのような音質も気に入っています。

サントラCDまで買って、耳コピもしたくらいですから…(笑)



前作の横スクロールシューティングの「ウルフファング」が、あまりにも出来が良かったので、期待はずれで残念な作品だと思います。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年04月17日

「クイズマジックアカデミーY」をやってみた

コナミのオンラインクイズゲーム、「クイズマジックアカデミーY」を初めてやってみました。



以前からやってみたいと思っていたゲームですが、今日仕事帰りに「とらたわ」へ寄った際、遊んでみました。

写真はタイトー高田馬場店で撮影したものです。


こういったオンラインクイズゲームを私は初めてやってみたのですが、なかなか面白いですね。
シューティングばかりやって、疲れてきたなら息抜きにちょうどいいかもしれません。



初回プレイはチュートリアルみたいになっていたんですが、2回目以降からどんどん楽しくなっていきます。



しかし、オンラインのトーナメントは、私は準決勝までが限界でした。
みなさん、すごいですわ…。

もう少し頑張らないと…。


とりあえず、決勝戦に出れるよう精進してみます(汗)



なお、使用キャラは「アロエ」です。
ただなんとなく、適当に選んだキャラクターなんですが、なんか可愛らしいです。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年04月13日

「ヴィ・ファイヴ」をやってみた

今回は、「トライタワー」で東亜プランの「ヴィ・ファイヴ」を久しぶりにやってみました。

パターン化しやすいゲームでした。


東亜プランの縦シューの中では珍しいボムがないゲームで、グラディウスに似たパワーアップ形式の縦シューです。
ある程度、このゲームをやったことがある方は分かると思いますが、武器の使い分けを重視したゲームですよね。

私の場合は、序盤のステージはショットやサーチを使い、3面以降はミサイルを中心に遊んでいました。
武器を要所で使い分けないと、ステージによっては難易度が変わってくるかと思います。
4面の中ボスは、ミサイル装備で挑むとかなりの強敵になってしまいますからね〜。



さて、久しぶりにやってみたのですが、敵の攻撃パターンをすっかり忘れてしまっていて、2面ボスの攻撃であっけなく死んだり、3面道中も被弾している有様で…。



結局、4面の中ボスでゲームオーバーになってしまいました。
もう少しプレイすれば、もっと先のステージまで進むことが出来ると思います。

でも、ここは「とらたわ」なので、このゲームが早い段階で交換される可能性が高いし…。
練習不足のため、短期間でクリア達成は難しそうです。





ちなみに、私が学生の頃にこれを遊んでいた時は、5面ボスまでは行っていたんですけれどね〜。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年04月12日

「グリッドシーカー」がクリア出来そうです…

本日のゲーセンプレイ日記。



まず、「トライタワー」で「達人王」をやってみました。
3面までノーミスだったんですけれど、3面ボスで全滅してしまいました。
まあ、ボスまで行けたので多少は進歩しましたよ。



次にタイトー「Hey」にて、グリッドシーカー。
なんか7面(最終面)まで進めてしまいましたよ。
コツを掴んだら、結構先に進めてしまうものですね。

でも、高速スクロール地帯でゲームオーバー。
得点は64万点くらい…。
もう少し頑張ればクリア出来そうです。



また、「バトルガレッガ」もやってみましたが、やはり以前と同様、4面でゲームオーバーです。
レベルを下げるためにわざと死ぬテクニックが必要になってくるかも…。





今回は時間が無くて、これだけしか遊べませんでした。
仕事帰りに遊ぶのは、なかなかきついものがありますが、なかなかやめられないんですよね…。



それにしても、8階のレトロコーナーの台数削減情報が流れている「トライタワー」には頑張ってほしいです。

やはり、インカムが悪すぎるんでしょうか…。

私にとって、ここの8階は無くなってほしくない空間です。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年04月04日

グリッドシーカーをやってみた

久しぶりに秋葉原の「Hey」に行ったところ、タイトーの「グリッドシーカー」が稼動しておりました。

音源の進歩に驚いたゲームです。


ああ、懐かしい…。

このゲームを初めて見た時、画面や演出よりも、ゲームの音源の良さに驚かされたゲームでした。
デモ画面でローランドの外部MIDI音源に似たような音質のゲーム音楽が鳴っているだけで鳥肌が立ってしまった記憶がありますよ(笑)



グリッドという2つのオプションに敵弾を吸収させることでパワーゲージが上昇し、MAXになるとボンバーが一つ追加されるという変わったシステムのゲームです。
自機は3種類から選ぶことが出来ます。
私の場合は、やはりF-14X(艦上戦闘機)が一番使いやすい…かな。

コンシューマ機では、PS2の「タイトーメモリーズ上巻」に収録された作品です。





さて、久しぶりにプレイしてみましたが、なんと5面まで進んでしまいました。
昔、遊んでいた頃も4面を越すことは出来なかったのに…。



このゲームの難しくしている要因は、何といっても、敵の攻撃が嫌らしいことでしょうか。
妙な角度から敵弾やミサイルを撃ってくる為、被弾しやすいです。
特に近距離から撃ってくるのはちょっと…。
今回のプレイも、それにやられました…(笑)

また、ボム発動時が無敵ではないため、「シューティングラブ。2007」のぎりぎりひきつけてナイスボムみたいなことをやったら確実に死にます。
早めにボムを使うように意識しないと駄目ですね。

緊急回避にボムが使えれば楽なゲームなのかもしれませんけれどね…。




でも、なんかやりごたえがあるゲームです。
もう少し頑張ってみますか…。
posted by Coo at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年03月13日

やっぱり楽しいものです

最近、仕事が忙しく長時間労働のため、なかなかゲームをする暇がなかったのですが、今日は会社帰りにゲームセンターに寄って、いろいろと遊んできましたよ。



今回は久しぶりに「バトルガレッガ」をやってみました。
結果は、4面ボス止まりなんですが、数年ぶりに遊んだ割には進めたような気がします。
このゲームは難易度が高くて難しいですが、やっていて面白いと感じるゲームですよね。



それと、「達人王」ですが、こちらは相変わらず3面道中…。
高速スクロールの序盤あたりまでで、ボスに会えるのはいつの日かな…。

パワーアップをあまり取らないようにすると、ノーミスで思った以上に先に進めます。
こういうプレイをすると、邪魔に感じるのがスピードアップアイテムですよね。



「虫姫さまふたりブラックレーベル」ですが、マニアックモードで4面あたり…。
これは進歩がないですよ…。
アドリブだけでは無理かもしれません。



「ラジルギ」は3面ぐらいまで…。
仕事疲れがあるかもしれませんが、なんか変なところでやられてしまいましたよ…。
プレイ内容は酷いものですが、なんか久しぶりに遊んだ気がして満足しています。

…この「ラジルギ」のことを書くと、私がどこのゲーセンで遊んだか特定されちゃいますね(笑)





しかし、やっぱりシューティングゲームは私にとって楽しいものです。
なんか仕事のストレス発散になりますよ…。
posted by Coo at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年03月09日

「サイヴァリア リビジョン」を初クリア

今日、久しぶりに秋葉原のゲームセンター「Hey」に行き、サクセスの「サイヴァリア リビジョン」を遊んでみましたが、初めてノーコンティニューでクリアすることが出来ました。
まさかクリアできるとは思っていなかったんですけれどね。

まあ、「初心者コース」と呼ばれるルートですが、それでも初めてクリアできたのは嬉しいです。

初プレイからの投資金額も1000円以内で済んでますので、「初心者コース」はかなり簡単なんだと実感しております。



内容的には、あまり意識してBUZZをせず、危ないところは決めボムしただけですね。
ラスボスはボムゲーになってしまいましたが…(笑)

AREA3-Aの道中にて操作ミスし、1機失いましたが、あとは残機を失うことなくクリアしております。





これからは少しずつ敵弾にかするようにして、別なルートが行けるよう頑張ってみたいですね。
今後も「Hey」に、このゲームが残っていればの話ですが…(汗)
posted by Coo at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月27日

「ラジルギ」、やっと3面ボスを越せました。

今回もゲーセンで「ラジルギ」を中心に遊んできました。



やっと3面ボスを倒し、4面中ボスまで来れるようになりました。
ワンコインでアドリブではここらが限界かな…。
しっかり攻略をすれば、クリアできるゲームかと思います。

しかし、3面ボスに何度ゲームオーバーにされたことか…。
レーザーがかなり嫌らしい攻撃です…。




その他、「デススマイルズ メガブラックレーベル」の「水晶神殿」ですが、フォレットを使って初めてここをクリアすることができました。
敵の打ち返しが酷いんですが、使い魔を盾に使えば、意外とクリアできるものですね。
ここのボスが強くて、ぎりぎり何とかクリアしたものですから、次のステージの序盤であっという間にゲームオーバーにされてしまいました。

達人王もプレイしておりますが、こちらは3面の高速スクロールで終わってしまいました。
進展なしですね…。



今日はこんなところでしょうか。





なお、来月からは仕事が忙しくなるため、なかなかゲームをする機会がないかもしれません…。
朝は早く、夜も遅い日々になりそうなので、ブログの更新も少し控え目になりそうです…。
posted by Coo at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月25日

アーケード版「ラジルギ」をやってみた

前回、予告したように、今日は会社帰りに「Try Amusement Tower」に寄ってきて、7階にあるマイルストーンの「ラジルギ」をプレイしてきました。
トゥーンレンダリングのグラフィックが特徴のゲームで、携帯電話をモチーフにした画面構成が印象的ですよね。
全5ステージのゲーム。

お隣の台はコットン2とダライアス外伝でした。


しかし、やっぱり面白いですね、このゲームは…。
アブゾネットを展開して、硬い敵に突っ込んでソードで叩ききっているだけでストレス発散になりますよ(笑)
アブゾネットで敵に突っ込むと、あっという間にアンテナが増えていき、倍率16倍で得点にも大きく影響が出ますしね。

やっていることはこれだけです。
そのほかの細かい雑魚はショットやアブゾネットでやっつけています。

ロケテスト版「ラジルギノア」の攻略法だけで3面までは楽に行けました(笑)





初めてアーケード版の「ラジルギ」をプレイしましたが、今回は3面中ボスにやられてしまいました。
不覚にも変なところで被弾してゲームオーバーです。
う〜ん…。




「ラジルギノア」では、ソードでどんどん敵を倒すとアブゾネットのゲージが回復する青カプセルが沢山出てくるのですが、前作であるこの作品はそこまでカプセルが出ないのが残念です。

ただ、硬いコンテナに突っ込んでもダメージにならないのはいいですね。
気軽に接近できるし…。

その他、「ラジルギノア」では気になった、トゥーンなグラフィックのせいで敵が見づらくなり、思わぬ被弾をしてしまうことですが、こちらはそんなに気にならなかったです。
後半面以降は大量に敵が出てくるようですので、そこの部分はまだわからないのですが…。



「ラジルギノア」稼動後も残っていたら、やっていきたいゲームですね。
posted by Coo at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月21日

「達人王」は難しいです。

今回のゲームセンターでのプレイ日記。



何気に結構プレイしている東亜プランの「達人王」ですが、なかなか先に進めません。

前回の記事から、何度も暇を見つけてやってはいるんですが、どうも3面途中の高速スクロールするあたりから、事故死が多く、そこからなかなか復活できないんですよね…。

また、自機の当たり判定の大きさには慣れたので、1面で死ぬことはなくなりましたが、パワーが上がっている状態で2面に行くと、必ず2面後半あたりで1機失ってしまうのも辛いです。
敵の攻撃が激しくて…。

このゲームもあまりパワーアップを取らないで、ゲームのレベルを上げすぎないように進行させたほうがいいのかもしれません。
しかし、これだと雑魚がなかなかしぶとくて倒せなくなるんですよね。

やはり難しいゲームです。




その他、ゲーセンで遊んだものは、カプコンの「エリア88」など。
STUDIO @-o2」のao2さんに触発されて、久しぶりに遊んでみたのですが、私も1コインでノーコンティニュークリアしましたよ。
連射装置付きはもう反則的ですが…。
ほとんどのボスが、強力な連射であっけなく倒せてしまいます…。

これで、今年クリアしたシューティングゲームもまた一つ増えました(笑)
今年に入ってクリアしたSTGは、「怒首領蜂」、「メタルブラック」、「虫姫さまふたり ブラックレーベル」、「デススマイルズ」、「デススマイルズ メガブラックレーベル」、「エリア88」と6つになりました。



また、もう一つのエンディングを見るために、「デススマイルズ メガブラックレーベル」の「フォレット」を1コインでクリアしました。
以前は「お風呂エンド」だったので、今回は上の選択肢を選びました。
満足満足っと…。

残るは「キャスパー」と「ローザ」ですね。
2キャラとも、クセが強い使い魔でなかなか使いづらいですが、とりあえずノーコンティニューでクリアできるよう、頑張ってみますか…。
posted by Coo at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月13日

「とらたわ」にて、「ワルキューレの伝説」などをやってみた

秋葉原の「Try Amusement Tower(とらたわ)」にて、なんと「ワルキューレの伝説」が稼動しておりました。

このゲームは「アドアーズ銀座店」でも稼動してますが、とうとうここにも…。
なんか嬉しいです。



早速遊んでみましたが、3面ぐらいでゲームオーバーになりました。
転がってくる岩や木がとても硬いですよ…。
ものの見事に岩につぶされたりして…(笑)
以前、「アドアーズ銀座店」で遊んだ時とは大違いの難易度の高さです。
でも、これが普通の難易度なんですよね…。



まだクリアしたことがない私にとって、「ワルキューレの伝説」をプレイするならば、岩も一撃で壊せるような低い難易度の「アドアーズ銀座店」で遊ぶべきかと、改めて思いましたよ(笑)
「アドアーズ銀座店」のイージー設定をやってしまうと、もうノーマルの難易度に戻れないかも。
敵を簡単に倒せる「サクサク感」が気持ちいいし…。





その後、6階の「デススマイルズ メガブラックレーベル」で、サキュラをプレイし、こちらは楽々クリアしました。
今回のエンディングは「下」の選択肢ではなく「上」の方を選択してみました…。
しかしこれは、ちょっと私の期待から外れたエンディングだったかもしれません。

ジルバはやっぱりジルバだった…か。
やれやれ…です。
posted by Coo at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月12日

久しぶりに「サンダークロスU」をやってみた

いつの間にか、秋葉原のレトロゲームセンター「とらたわ」にあったコナミの「サンダークロス」が続編の「サンダークロスU」に変わっておりました。
先日も遊びに行っているのに、これには全く気づかなかったです…。



昔、私はこのゲームを結構遊んでいたんですよね。

難易度は、初代「サンダークロス」より高かったのですが、何度もやりこむことによってクリアできた思い入れのあるゲームでした。



さて、ゲーム画面を久しぶりに目の当たりにし、早速プレイしてみました。

1〜3面はステージ道中やボスもある程度覚えていたのでなんとか無事に突破出来たのですが、4面になるとほとんど覚えていなくてゲームオーバーになってしまいました…。
音楽だけ覚えていて、どういうステージなのか、すっかり忘れてしまってました…(笑)

それにしても、なんか敵キャラが微妙に固いような気がする。
気のせいかな〜…。
敵が固くて倒せないせいで、とにかくショットボタンの連射が疲れました。
もしかすると難易度の設定がノーマルではないのかもしれませんね。



しかし、今やどこのゲーセンでも見かけない「サンダークロスU」が出来て、本当に嬉しかったです。
これもラインナップが変わる前に是非クリアしたいタイトルですよ…。





そういえば、秋葉原のゲーセンは「Hey」よりも「とらたわ」の方ばかり遊びに行っておりますね、最近の私は…。
私にとって、「とらたわ」のレトロゲームのラインナップに魅力があるからかもしれません…。
posted by Coo at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月11日

「デススマイルズMBL」、サキュラもクリア

「デススマイルズ メガブラックレーベル」ですが、今回は「サキュラ」を初めて使用し、これもノーコンティニューでクリアしました。



いやはや、このキャラクターは反則的に強いですね。
特に使い魔の攻撃が強力すぎますよ。
自機の移動方向の反対側を強力なショットで攻撃してくれるため、扱いに慣れてしまうと、360度全てをカバー出来てしまいます。
ショットの攻撃力も全キャラの中でも最強じゃないでしょうか。

ただでさえ強力なのに、パワーアップを使ってラスボスに挑みましたが、ものの数十秒で倒せてしまいました。
第3段階目は、泡攻撃のあとの細かな弾幕が来る前に終わってしまったので、思わずびっくりしてしまいましたよ。



今回のエンディングも「下」を選んでいます。
「サキュラ」のエンディングは、当たり前ですが、無印版「デススマイルズ」には無いものなんですよね。
この新規に追加されたエンディングは、他のエンディングに比べても違和感がなくて素晴らしいです。

しかし、この「下」を選んだエンディングは…。
なんか「上」の選択肢も気になりますよ…(笑)





残るキャラは、まだ一度も使ったことが無い「ローザ」と何度やってもクリアできない「キャスパー」だけになりました。

また、暇を見つけて遊んでみたいと思います。
posted by Coo at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月08日

「デススマイルズ メガブラックレーベル」、今度はフォレットでクリア

また、「デススマイルズ メガブラックレーベル」のプレイ日記です…。



キャスパーが使いづらいので、今度はフォレットを初めて使って挑戦したところ、あっさりクリアしてしまいました。
なんか、このキャラクター、かなり強いような気がしましたよ。
ウィンディアより使いやすいかも…。



炎使いだけあって、火力があるんでしょうかね〜…。
結構、広範囲に弾が飛んでいくし…。

キャスパーでは苦戦したラスボスも、そんなに苦労することなく倒せました。
でも、流石にライフは1ぐらいしか残っていませんでしたが…(笑)





なお、エンディングの選択肢は「下」を選択しました。

こ、このエンドは…。
ああ、なるほど…。



Xbox360版の「デススマイルズ」が、何故「CERO B(セクシャル)」なのか理解しました(笑)





次は、このゲームの追加プレイヤーキャラである「サキュラ」でもやってみますか…。
ストーリー的に気になるんですよね、このキャラは…。
posted by Coo at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月07日

仕事で疲れてもゲーセンへ…。

今日、会社帰りに「新宿ゲーセン ミカド」や「タイトーステーションBIGBOX高田馬場店」、「キャロット巣鴨店」など、色んなところへ遊びに行ってきました。
帰ってきたのが、ついさっきです…。

なんか、今日はかなり疲れました…。



本当は、「ミカド」で「グラディウス」だけを遊んで帰ろうとしたんですけれどね…。

そういえば、久しぶりにゲームセンターで初代の「グラディウス」を遊んだ気がします。
何年ぶりだろうか…。

あまりに久しぶりに遊んだせいか、何故か4面でゲームオーバーになってしまいましたよ…。
逆火山ステージで復活が出来ませんでした。
でも、面白かったですよ〜♪



グラディウス以外では…。

○デススマイルズ メガブラックレーベル
タイトーのBIGBOX高田馬場店にて。
キャスパーで1コインクリアを狙うも、前回同様ラスボスにて力尽きました。

なお、このゲームは2回遊び、次のプレイでは無謀にも「Lv999」に挑戦し、画面を埋め尽くすかのような弾幕の前に瞬殺されてしまいました。
金平糖みたいな敵弾は「使い魔」で消せるのかな…。
まだ、よくわかりませんが…。



余談ですが、この「タイトーステーションBIGBOX高田馬場店」で、前に「トラブル☆ウィッチーズAC」のロケテ版が入っていた筐体に「沙羅曼蛇2」が入っておりました。

それと、この「タイトーステーション」は1プレイ50円とプレイ料金が安いのが魅力ですよね。
「渋谷店」の1プレイ120円のようにならないことを祈りつつ…。



○虫姫さまふたり ブラックレーベル
キャロット巣鴨店にて。
本当は、「怒首領蜂大復活」がやりたかったのですが、他の方がプレイされていたので仕方なく…。
2プレイ100円、イージー設定、残機5機と甘いせいか、レコ、パルムともオリジナルモードをノーコンティニューでクリア。
マニアックモードで遊べば良かったかも…(汗)

それと、ここでは縦シューの「マジンガーZ」が入荷してました。
このゲーム、全然やらなかったゲームなんですよ。
今度、遊んでみます…。



○エクイテス
これをやるために、わざわざ秋葉原の「とらたわ」まで…。
結果は相変わらず、3km…(笑)





なお、新宿方面から秋葉原に行くのは、普通ならJR中央線を使うところですが、巣鴨に寄っているため、山手線で行きました…。

しかしそれにしても、山手線だと結構時間がかかりますね〜。。。

座席に座れたんですが、疲れて思わず眠ってしまって、危なく秋葉原駅を通り過ぎるところでしたよ…。




仕事で疲れている時は、無理しないで帰るのが一番ですわ…。
posted by Coo at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月05日

「デススマイルズ メガブラックレーベル」、全キャラクリアでも目指そうかな…

前回、「ウィンディア」で初クリアしたCAVEの横スクロールシューティングゲーム、「デススマイルズ メガブラックレーベル」ですが、今回もウィンディアを使用してノーコンティニュークリアしてきました。

ようやく3億点…。


前の記事では、最短ルートでもプレイ時間が30分を越えると書きましたが、今回やってみたところ、30分を越えないぐらいでエンディングが見れました。
ちょうど「虫姫さまふたり」と同じくらいです。

今回はエンディングでの選択肢において、「上」のほうを選びました。
これまた感動的なエンディングですよね…。

…私もたまには実家に帰ろうかな…。

あまり書くとネタばれになるので、これ以上は止めときます…(笑)





時間があったので、今度は一度も使ったことがない死霊使いの「キャスパー」で挑戦しましたが、この娘はなかなかクセが強いキャラクターですね。
ウィンディアとは違い、低速時は使い魔が固定されず、高速移動の時が固定されるため、非常に扱いにくいです…。
ショットも変な感じだし…。

しかしこんな使いづらいキャラクターでも、ラスボス第二段階まで行けてしまいました…。
敵の出現パターンとかは同じなので、もう少し頑張ればノーコンティニュークリアできると思いました。
いや、もしかすると、どのキャラを使ってもラスボスまで楽に行けるかもしれません。
そう思うと、全部のエンディングを見たくなってくる訳で…(笑)
残り4人のキャラクターにエンディングが2つずつ…か。
これはこれで時間とお金がかかりそうです…。





さて、キャスパーのあと、またウィンディアを使って、初めてエキストラステージの「渓谷」に挑戦しましたが、あまりの難易度の高さに目が点になりました…。

ここのステージは弾幕がかなりきついです。

しかし、この「渓谷」ともう一つのエキストラである「水晶神殿」を上手く攻略できれば、いいスコア稼ぎの場所になると思います。

全キャラクリアできたら、この2つのステージもじっくりやってみたいと思っています。
posted by Coo at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月03日

「デススマイルズ」もクリアしました

先日、CAVEの横スクロールシューティングである、「デススマイルズ メガブラックレーベル」をクリアしましたが、今度は初代の「デススマイルズ」のほうもクリアすることができました。



「デススマイルズ」は今まで5回ぐらいしかやったことがなかったんですが、バージョンアップ版の「デススマイルズ メガブラックレーベル」をひたすらプレイしていたせいか、敵の攻撃方法がだいたいわかっていたので、意外と楽に進むことができた気がします。



今回もウィンディアで…。
別に、このキャラが可愛いからとか、そういうわけではないんですよ。
どうも私は、プレイヤー選択のあるゲームでは一番最初にカーソルが合わさっているキャラを選ぶ傾向にあるようです。
始めたばかりの頃のゲームは特に…です。

「グラディウスU」もA装備で遊んでいたし、対戦格闘ゲームの「ストU」もリュウ、同人の東方シリーズだって霊夢を選ぶし…(笑)



さて、この「デススマイルズ」ですが、「メガブラックレーベル」と比べて、難易度が高く感じられました。

ボスが固いのか自機のショットが弱いのかわかりませんが、なかなかボスがしぶといんですよね。
ボス戦が長期戦になる分、今まで見たこともない弾幕を放ってくるため、初見だとかなり厳しかったです。

また、敵を倒してもアイテムの入り方が少なく、カウンターがなかなか溜まってくれないんですよね。
パワーアップするのにも時間がかかります。

しかし、先日プレイした「メガブラックレーベル」と同じルートを通って、無事に最終面まで辿り着けました。

今回苦戦したのは、ジルバ以降です。
先日と同じような感じで、ジルバの避けられそうに無い弾幕をパワーアップで弾消しをしたまでは良かったんですが、ジルバが思いのほかしぶとくて、思わずダメージを受けてしまったんですよね。
ボムも一発使ってしまったため、ジルバ戦の後の回復アイテムが出ませんでした。

ラスボスはもうぎりぎりで勝った感じです。
第二形態と第三形態が大苦戦。
倒した時は、ライフが一目盛りの半分しかなく、ボムは全て使い果たしてしまいましたよ…。




とりあえず、これもワンコインでクリアできたので良しとしますか…(笑)

今回、無印版をクリアしたことで、Xbox360版も比較的早い段階でクリアできそうです。

Xbox360版「デススマイルズ」、そろそろ予約しておこうかな…。
posted by Coo at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年02月02日

「デススマイルズ メガブラックレーベル」をクリアしました

毎日少しずつ遊んでいたCAVEの「デススマイルズ メガブラックレーベル」ですが、今日ようやくラスボスを倒して、初めてワンコインクリアすることができました。

これで、今年に入って私が初クリアしたアーケードゲームのタイトルは「怒首領蜂」に続く2つ目。
今年クリアしたアーケードのシューティングということになれば、「メタルブラック」、「虫姫さまふたりブラックレーベル」も含みますので、合計4つ目になりますね。
(全3面エンドの「ラジルギノア」ロケテスト版は除いてます)



さて、今回使用したキャラはウィンディアです。

内容的には、2つのEXTRAステージを通過せず、そのまま最終ステージに突入しています。
湖畔→沼地→森林→墓地→港町→火山→古城という順にクリアしていきました。

古城に辿り着く頃には、1UPしてライフゲージが4つになってましたよ。
古城の道中でダメージを受けて、ライフを一つ失いましたが、ボムを全部使い切っていたので問題なし…かな(?)

運が良かったというべきか、ジルバ戦の前にアイテムカウンターが1000の状態になっておりました。
そのため、ジルバの弾幕をある程度避けてからパワーアップを発動させ、弾を全部消し、一気に倒すことが出来たんですよ。

ジルバ戦でノーボム、ノーダメージだったため、体力回復アイテムが出てきました。
それを取ったところ、ライフが全快で、かつ、ボムが3つも残っており、さらにジルバ戦で使用していたパワーアップもまだ続いているという最高の状態でラスボスに挑むことが出来ました。

これならば絶対に勝てますよ〜♪



パワーアップの力もあってか、ボスの最終形態まで一気に体力を減らすことが出来ましたよ。
あとは、「虫姫さまふたりBL」のラスボス同様、ボムで押してクリアです。
ライフは残り2つも余っていました…(笑)



このゲームのエンディングやスタッフロールですが、初めて拝ませてもらいました。
ウィンディアは、2種類のエンディングがあるのかな…。
エンディング中のサキュラ(サクラ)の優しそうな笑顔が印象に残りましたよ。





クリアしてみて気になったことは、EXTRAステージを通過しない場合でも、1ゲームのプレイ時間がエンディングなどを含めて30分以上もかかってしまったことでした。

もし、EXTRAステージを2つとも通過したら、45分以上もかかってしまうのでは…?



これは私の変な考えかもしれませんが、アーケードのシューティングゲームは1周エンドするまで30分くらいのゲームがちょうどいいかなと思っています…。

これ以上の時間になってくると、正直言って疲れてくるんですよ。
私の場合は、特に目が…。

昔、グラディウスVをクリア(1周目)したときに1時間ぐらいかかっていますからね〜。
その時は達成感というより、むしろ目の疲れと脱力感のほうが…。
集中力もなくなってくるし…。




ただ、この「デススマイルズMBL」は、ゲームの演出や雰囲気がいいせいか、時間が経つのを忘れさせるほど楽しむことができるんですよね。
また次も挑戦してみたくなる面白いゲームだと思いますよ。

まだ他のキャラもクリアしていないし、もうしばらくこのゲームを遊んでいく予定です。

今度は別のキャラをクリアするか、ウィンディアを使用して、もう一つのエンディングを見るために頑張ってみるとしますか…。
posted by Coo at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年01月31日

アルファ電子の1984年作品、「エクイテス」をやってみた

今回は、秋葉原の「Try Amusement Tower(とらたわ)」にて稼動しているアルファ電子(当時のADK)の「エクイテス」を久しぶりにやってみました。

昔、実際に遊んだのは、グラディウスをクリアした後かと思います。2ボタン筐体で…(笑)


この「エクイテス」は1984年に発売されたゲームです。
縦スクロールシューティングゲームで、地上の敵はロボット形態、空中の敵は飛行形態で攻撃します。
当時はちょっとこれはすごいアイデアかと思いましたよ。
地上の攻撃が激しい時は空中へ逃げるようなこともできたりしましたからね〜。

一番左のボタンを押すことにより、ロボットに変形しての攻撃になります。
おそらく頻繁に使うボタンだと思います。

真ん中のボタンが飛行形態へ変形、及び、攻撃ボタン。
なお、飛行形態時は画面のスクロールが僅かに早くなりますね。

一番右のボタンがスペシャルウェポンボタンです。



ロボット時に「ENT」のマークに触れると画面が切り替わって地下ステージに進むことが出来ます。
このステージでスペシャルウェポンのアイテムを得ることが出来るのですが、当然敵は出現します。
但し、ここはボーナスステージみたいなもので、敵のレーダー(通信機?)を破壊すると、敵の動きが止まるので簡単です。




なお、これが発売された当初は、スペシャルウェポンボタンがない(3番目のボタンが無い)筐体が多かったんです。
1985年に稼動したグラディウスあたりでようやく3ボタンの筐体が少しずつ出てきたかと思います。

私の記憶では、2つのボタンのどちらを押しても勝手にスペシャルウェポンが使われてしまうような仕様だった気がします。
これでは、要所でスペシャルウェポンを使うことができないので、すごく難易度の高いゲームだと思いました。

「とらたわ」では、ちゃんと3ボタン仕様になっており、自分の好きなところでスペシャルウェポンが発動できるため、少しは楽になったかと…。





しかし、昔やった時もこのゲームはクリアは出来なかったんですよね。

いや、このゲームに、そもそもクリアという概念がないかもしれません…。
ゼビウスのように面がループしちゃうのかも…。

画面表示で約15kmぐらい進んだところにボスが出るんですが、これもどうやって勝つのか当時はよくわかりませんでした…。
(※ネットで調べてみたら、スペシャルウェポンを上手く使わないと倒せないそうです)





今回、久しぶりにやってみたんですが、3km進んだところでゲームオーバーです。
悔しいので、数回遊んでみましたが、やはり3〜6kmぐらいでゲーム終了してしまいました。

今のCAVEの弾幕シューをやりすぎているせいかもしれませんが、当たり判定が見た目通りに大きいので、何度も敵弾に当たってやられてしまうんですよね〜。



でも、なんか面白いゲームですね。
なんか私が生まれて初めてシューティングゲームをやった頃の懐かしい感じが…。

今のゲームには無いものが、画面から伝わってくるんですよ。





そんなことより、残念だったのが音楽。

「とらたわ」の筐体では、スピーカーが音割れしていて、ノイズ交じりになってました…。

このゲームはBGMも綺麗でしたので、それがまともに聴けないのは、ちょっとショックでした。





でも、機会があれば、また遊んでみたいと思います。
せめて15kmは進まないと…(笑)
posted by Coo at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2009年01月28日

今更ながら「サイヴァリア リビジョン」をやってみた

秋葉原の「Hey」に、「サイヴァリア リビジョン」が入荷していたので、初めてやってみました。

今回が初プレイ…


「サイヴァリア リビジョン」は、サクセスが2000年3月に発売した「サイヴァリア」のマイナーバージョンアップ版(2000年9月発売)です。





知らない方のために念のため簡単に紹介しておきますが、「サイヴァリア」は、縦スクロールの弾幕シューティングで、経験値を稼いでレベルアップすることで通常ショットがパワーアップし、一定レベルに達することで自機が変化し、ショットもそれに応じて変化するゲームです。
経験値は、敵を倒すだけでなく、敵や敵弾にかする(BUZZ)ことで上昇します。
また、レベルアップして一定時間は自機が無敵になります。

そのほかの特徴としては、レバーをすばやく上下左右に動かすことで、ローリング状態になります。
前方に威力の高いショットを撃てる他、自機の当たり判定もやや小さくなるようです。

ボタンはショットとボムというオーソドックスなものです。

バージョンアップ版のリビジョンでは、ボムボタンを長押しすることでショートボムを出すことが出来ます。
これは、自機が一定時間無敵になりますが、広範囲にBUZZの判定をくり出せます。





さて、「Hey」で稼動している「リビジョン」ですが、ご丁寧にも「ローリングボタン」というものが付いており、私のような初心者でも任意にローリング操作ができるようになっていました。

いやはや、これは便利なボタンですよね〜。
このゲームが好きな方には「不要」と思われるボタンだと思いますが、初めてこのゲームを遊ぶ私にとってはありがたかったです。





プレイしてみて思ったことは、敵弾がかなり遅く、BUZZしやすいことですね。
どんどん敵弾にかすりたくなってきますよ(笑)

適当にプレイしていたんですが、イージーステージばかり選択し、あまり意図的に敵弾にかすることをしなかったため、5面がデンジャーステージに…。
結果は、ボス戦にてちょっとした油断で被弾してしまい、ゲームオーバーになってしまいました。

後で調べてみたところ、このボスを倒すとエンディングだったようです。
初心者コースと呼ばれるルートらしいんですが、このルートでも初プレイクリアを逃したのは悔しいです…。




ちょっと古いゲームですが、今やっても十分面白く感じましたよ。
やりこめばやりこむほど、さらに面白くなりそうなゲームだと感じました…。

私はこのゲームが出た当時、仕事も生活も忙しかったのでゲーセンに通ってなかったんですよね…。
このゲームのことを知っていたら、もしかするとゲーセン通いを続けていたかもしれません。

なお、今回のプレイではとても出来ませんでしたが、敵の一瞬の隙を見て懐に飛び込み、連続BUZZをさせるとレベルアップが連続して起こるようです。
上手くいけば、ずっとレベルアップ時の無敵状態を維持させることができるそうですよ…。
狙ってできれば、もう上級者ですね、これは…(汗)



まずは、BUZZをあまり狙わず、初心者ルートでクリアしてみたいです。

明日もここで何回か遊んでみますか…。続きを読む
posted by Coo at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記