2008年11月21日

シューティング技能検定をやってみた

さて、秋葉原のゲーセン、「とらたわ」の新店舗で最初に遊んだゲームが、トライアングルサービスの「シューティングラブ。2007」の「シューティング技能検定」でした。



このゲーム、今の今までやってなかったんですよね(笑)

会社の同僚が前に「遊んでみたことがある」といっていたので、私も試しにやってみようかと思いました。

この「シューティング技能検定」というのは、プレイヤーのゲームの腕前(ゲーマー年齢)を測定するゲームなんですよね。

複数のミニゲームをこなし、最後に測定結果が出てくるというものです。

ミニゲームでミスをしても当然ゲームオーバーにならず、次のミニゲームでの測定が始まりますので、こういうものに興味のある方はやってみてください。





とりあえず、何もわからない状態で始めたんですが、敵弾を避けたり、隕石を撃ち落したり、壊せない障害物を避けたり、ナイスボムしたり(笑)、空き缶をくずかごに入れたりしているうちに検定が終了しました。

このゲームは連射力を測るものもあるので、連射がないミニゲームがほとんどなんですよ。
まあ、一部のミニゲームには連射がついた検定もありましたが…。

久々にひたすら連射していたら、かなり手が疲れてしまいましたよ…(汗)



最近のゲームはオート連射が付いているゲームが多いんだな〜と、改めて思いました。
いい世の中になったものですよね。



さて結果なんですが、何故かゲーマー年齢が24才なんて出たんですけれども…。

ゲームのくせに、お世辞がとてもお上手で…(笑)

それと年齢の下に「素敵」という文字が出ました…。
なんか、照れますね…(笑)



ちなみに私の年齢は…。

まあ、ウチの本家サイトのMP3のラインナップを見れば、だいたいわかりますよね…(汗)



この結果だけを見ると、なんかまだまだシューティングゲームを頑張っていけそう…かな、なんて(笑)

でも現実はそうも甘くないんですけれどね。





しかし、現役のシューティングゲームのスコアラーさんなら、もしかすると初プレイで10代ぐらい出せるんでしょうかね〜。
posted by Coo at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年11月19日

「雷電W」LIGHTモード、1-3が安定してきた…かも。

今日のアーケード版の「雷電W」LIGHTモードプレイ日記。



今日2回ぐらい遊んでみたんですが、いつもは3面ボス、まぐれでも4面の後半ぐらいしか進めなかったんですが、今回は楽に4面(1-4)まで進むことができました。

1-3が安定してきた…のかな…?(笑)


昨日やっていた、Xbox360版雷電Wのアーケードジョイスティックでの練習プレイの効果が出たみたいです。

自分でも、なんかあっさり1-4に進めて、びっくりしましたよ(笑)
2面ボスと3面ボスの最後の攻撃あたりは、決めボムをしちゃってますけれどね…。

毎回、このように1-4まで(出来ればノーミスで)来れれば、少しは楽なんですけれどね。



この調子で早く4面道中やボスをクリアしていきたいですね…。





話は変わりますが、アーケード版の雷電Wで、ノーミスで3面まで行くと敵のランクが目に見えて上がっているのに気づくんですよね。

Xbox360版も敵の攻撃が激しくなるのは感じてましたが、アーケード版だと画面が近いということなのか、それともお金を使って遊んでいるというプレッシャーからなのか、余計に敵の攻撃が激しく感じてしまうので困ります(苦笑)
posted by Coo at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年11月17日

Easyモードでなんとかクリア

Xbox360版、雷電Wですが、ようやくEasyのLIGHTモードでクリアすることができました。

もちろん、残機やボム数はデフォルトのままです。
難易度だけ下げた状態で1-5をクリアです。



イージーモードくらいの弾の速さなら、私にとってちょうどいい感じなんですよね。
最後の敵(5面ボス)はそれでも相当苦戦しましたが、なんとかなりました。

次はノーマルではなく、ゲーセンと同じ難易度のオリジナルに挑戦していきたいですね。



しかし、それでもイージーモードはやり続けるだろうな…。
なぜなら、これがなかなか面白いと感じるからですね、このイージーのLIGHTモード。

敵の弾幕がしっかり考えて作られているみたいです。

弾が遅いので、東方のようなカスリを楽しんでいたり…(笑)
このゲームの敵弾のカスリ音も何気に気に入っています。



とりあえずオリジナルで詰まったら、イージーで息抜きしようかと思います。

イージーはオリジナルに比べて、弾が遅くなっただけなので、ゲーセンでやったときに、ボスの攻撃パターンがわかるかもしれません。

しかし、アーケードの弾速はただ速いだけでなく、途中から速くなる弾もあるので、タイミングが合わず、上手くいかないことも多いと思いますけれどね。

…まだまだゲーセンではクリアしそうにないですね。





ちなみに今日はアーケード版もやってきましたが、こちらは3面ボスの最終形態で落とされてしまいました。

もう少し頑張っていかないと…。
posted by Coo at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年11月14日

グラディウスV、久しぶりに5面まで…。

なんか最近、たまにやっているコナミの「グラディウスV」ですが、今回はビックコアMK-Vを倒して、久しぶりに4面以降に進むことが出来ました。



どうやら昔やっていた頃のビックコアMK-Vの攻略が、体のどこかで覚えていたようです(笑)

ところが、4面の3Dスクロール面で2機も失ってしまいました。
なんか、ここの感覚が思い出せなかったんですよね。

5面冒頭、なかなかパワーアップアイテムが取れず、前半のモアイのイオン砲に直撃を繰り返して残機を全て失い、ゲームオーバーです。



う〜む、4面で死んでなければ、もっと先に進めたんですけれどね。
少なくとも7面までは行けたと思います。

5面の復活パターンは、もう頭に入っていないからな〜。


そうそう、念のため言っておきますが…。
この「グラディウスV」っていうのは、もちろんスーファミ版ではないですよ。
難易度が高いアーケード版のほうです。




スーパーファミコン版は、このアーケード版に比べれば、ほとんど別物というくらい簡単でした(苦笑)

買った当時、雰囲気は似ているものの、完全移植ではなかったため、ちょっとショックを受けましたよ。

まあ、アーケードの難易度をそのまま移植されたら、一部の人間しか買わないかと思いますが…。

ただ、音楽はなかなか良かったです。
オリジナルからのアレンジはもちろん、新規に作られた曲もいい味だしておりましたよ。
さらに、ボスラッシュ時はボスごとにそれぞれ曲が違うというのも個人的には良いと思いました。



たまには、スーファミでも引っ張り出してやってみようかな…。
posted by Coo at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年11月12日

オトメディウスを今更ながらやってみた

Xbox360版の「オトメディウスG」の発売日が、あと一週間ちょっとなので、ゲーセンで初めて「オトメディウス」をやってみました。


このゲーム、今まで何故敬遠していたかというと、なんかいろいろとシステムが難しそうだったからですね。
タッチパネルも使う意味がさっぱりわかりませんでした。

なお、決して萌え要素が強いからとかではないですよ…(笑)
キャラクターデザイン担当の吉崎観音さんの絵柄を見て、ちょっとゲーメスト時代の頃の吉崎さんの某版権漫画を思い出してしまいました…。

懐かしいです。





とりあえず、そんな状態で初プレイです〜♪

いきなり意味がわからなかったのは、「e-AMUSEMENT PASS」…って何?
要は、ICカードみたいなのが必要みたいですね。
持ってないから、まあ、いいや…。

意味不明のまま、画面をいろいろとタッチしたりして、何とかゲームを始めることが出来ました。

ちなみに使用したキャラクターは、空羽亜乃亜(アオバアノア)
理由は、装備がグラディウスのビックバイパーでわかりやすかったからです。

初めてなので、一番上にあった「シングルミッションモード」というものをやってみましたよ。

まずは難なく最初のステージをクリアしました。
その後、次のステージを任意に選ぶことが出来るようですね。

最初のキャラ選択時などでも戸惑いましたが、レバーを動かしても全く動かないと思ったら、画面にタッチして選ぶんですね…(笑)

ここらで少しずつわかってきました。



さて、あっという間にノーミスで3面クリアしましたが、ここでゲームが終了…。
あれれ…?

エンディングでもないし、なんだか余計に混乱してきた…。

初プレイはこんな感じでした(苦笑)





家に帰って公式サイトなどで調べてみると、ようやく理解できました。

「e-AMUSEMENT PASS」というICカードをゲーセンのカード販売機で購入し、ゲームにカードを読み込ませることでいろいろと追加要素が楽しめるそうです。
このカードが1枚あれば、クイズマジックアカデミーやビーマニ、麻雀格闘倶楽部などのコナミのゲームの記録なども取れるという…。

ゲーセンでこれらのゲームで遊んでいらっしゃる方は、とっくにご存知ですよね。
私は、そんなものがあるのを今まで全く知りませんでした…(汗)
今度、ゲーセンへ行くときは念のため購入しておきますよ…。

オトメディウスの場合は個人データの記録だけでなく、育成ポイントにより、難易度の高いミッションを選べたり、さらに装備の追加なども…。



なんだ、そういうことだったのか…。





カードを買ってやりこめば、なかなか楽しめそうなゲームですね。
逆にカードを使わないと追加要素も何もなく簡単にクリアできるくらいの難易度しか遊べないゲームのように思えます。

全3面のシングルミッションのほか、全5面で時間切れかネット上の誰かがエリアEをクリアすると終了するバーサスミッションも用意されてますね。

バーサスのほうはやったことがないのでわからないのですが、なんか面白そうです。



タッチパネルも最初戸惑いましたが、慣れてくるとわかりやすいシステムかもしれませんね。

私はまだ慣れていないので、バーストアタックは画面全体を攻撃する「クイックバースト」しか使えず、「ドラマチックバースト」なる攻撃を出したことがないんですけれどね(汗)



あと何気に音楽もかっこいいですね。
このオトメディウスも耳コピしようかとも思ったくらいです(笑)



なんか、Xbox360版が楽しみになってきましたよ。
かなり移植度が高いと思いますので、わくわくしてきました。

ただ、11月20日はサンダーフォースYの時と同じく、仕事が忙しい日なので、発売日には買えないかと思います。

う〜ん。。。
posted by Coo at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年11月11日

虫姫さまふたりBL、ようやくクリアできました!

「虫姫さまふたりブラックレーベル」のオリジナルモードをようやくワンコインクリアすることが出来ました。

とはいえ、ラスボスはひたすらボムを打ちまくって、ぎりぎりなんとかエンディングを見たわけですが…(汗)
去年までゲーセンから遠ざかっていた私にとって、久々のアーケードゲームのクリアで嬉しいですよ。

初めてプレイしたときから約半月ぐらいでのクリアは、まあまあというところでしょうか。





しかし、調子に乗って、もう一度オリジナルモードをやってみましたが、4面道中でゲームオーバー…(笑)

クリアはまぐれだったかもしれませんね。



マニアックモードはクリアするまでやるかどうかは検討中です…。
これは私では流石に無理かもしれない…。
4面までは行くんですが、そこからなかなか進めません…。

え、ゴッドモード?
何ですか、それ…(汗)



先に雷電WのLIGHTモードぐらいはクリアしないとね…(苦笑)
posted by Coo at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年11月08日

やっと4面後半あたり…。

今日も会社帰りに、前回も遊びに行った高田馬場のタイトーステーションに寄ってみました。



「虫姫さまふたりブラックレーベル」のオリジナルモードのみ遊んだのですが、前回やったときよりも多少は進めたかというところでゲームオーバーになりました。

じっくりオリジナルモードの攻略を練っていない割には、かなり進めますね〜、このゲーム。
アドリブと気合避け中心で…(笑)

その分、4面ボスや5面が非常に難しくなってくるのは容易に想像できます…(汗)



しかし、オリジナルモードがかなり面白いですよね〜。



そういえば、虫姫さまふたりのVer1.5も遊んだことがあるんですが、何故かこちらのオリジナルモードが難しく感じました。

ブラックレーベルは誘爆できる敵が増えているんでしょうかね〜。。。
なんかこういったものを含めて、演出が派手になっているような気がします。

このゲーム、私はゲーム雑誌の情報とか攻略サイトとかをほとんど見たことがないので、虫姫さまふたり(無印版やVer1.5版)とブラックレーベル版の違いもよくわからないんですよ。

ゲーム自体は完全にお手上げ状態なわけではないので、このような攻略関係も私は見ないことにしております。

これを見るとなんかゲームの面白さが半減してしまう気がして…。



とりあえず自分なりの攻略法を見つけて、早くクリア出来るよう頑張ってみます…。
posted by Coo at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年10月23日

虫姫さまふたりブラックレーベルを今更ながらやってみた

最近、東京や千葉のいろんなゲームセンターを回っているんですが、一部のゲーセンではシューティングゲームが多数置いてあり、そこでは沢山の人たちがSTGを楽しんでいるんですよね。
そのような光景を眺めていると、子供の頃、ゲーセンで毎日のようにSTGをやっていたのを思い出してしまいます。

たまには幼かったあの頃のように、シューティングゲームの置いてあるゲーセンでずっと遊んでいたいですよ。

…しかし現実はそうもいかないんですけれどね。





さて、今回はCAVEのシューティングゲーム、「虫姫さまふたりブラックレーベル」を今更ながらやってみました。

これは「虫姫さまふたり」のバージョンアップ作品ですね。
ブラックレーベルは基盤150枚の限定品のようです。

しかし、私は「虫姫さまふたり」もほとんどやったことがなかったんですよね。
新宿の某所で2回ぐらい…。

前作の「虫姫さま」もゲーセンでは数回しかやったことがないです(笑)

先日ですが、秋葉原の「タイトーHey」に行ったとき、このゲーム(ブラックレーベル)の存在を初めて知りました…(笑)



念のため紹介しておきますが、このゲームは前作のレコとパルムの2人が主人公で、自機のやられ判定が非常に小さく、敵の弾の量とエフェクトがとても派手な弾幕シューティングゲーム。
生物系の敵デザインも特徴ですね。

簡単に言ってしまえばファンタジーな弾幕シューです(笑)



今回は千葉の本八幡にあるゲーセンで、「虫姫さまふたりBL」の初プレイに挑戦してみました。

結果からいいますと、オリジナルモードとマニアックモードを1回ずつ遊んでみましたが、どちらも3面ぐらいで終わってしまいました。

このゲームに関しては攻略とかの知識はほとんど知らないと言っていい状態なので、初プレイでここまで行けたのは上出来…なのかな…。

しかし、バージョンアップ前もほとんどやっていないので、どこがどう違うのかよくわかりませんでした(笑)

スタート時のタイプセレクトがなくなっているのはわかりましたが…。
画面の色も違います…よね?



「虫姫さま」のときもそうでしたが、マニアックモードは面白いですね。

レーザーで大きな敵を倒すと敵弾が消えてアイテムになるんですよ。

このゲームだけではなく、CAVE系のシューティングをやりこんでいる方なら、こういう弾消しなど当たり前なことと思うかもしれませんが、私にとってはあんまりやっていなかったため新鮮に感じました。





話は変わりますが、久しぶりに怒首領蜂大往生もやってみましたが、かなり適当にプレイして3面ボスで終了。

帰宅後PS2版の同ゲームをPS3でやりましたが、なぜか1面で全滅しました(笑)

やはりPS3のパッドより、ゲーセンのレバーのほうが私はやりやすいなと思います。



…どちらにしろ、もっと練習しないと駄目ですけどね…(笑)
posted by Coo at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年10月15日

久しぶりにグラディウスVを…。

久しぶりにゲームセンターでグラディウスVをやってみました。



昔はゲーセンで1周目ぐらいはクリアできる腕だったのですが、あまりに長いブランクだったので、敵の出現位置などを完全に忘れてしまい、3面ボスでゲームオーバーになってしまいました(笑)



思えば、ゲーセンでグラVをやるのは約15年ぶりだったり…。

基盤ひっぱりだして家でやったのは1年ぐらい前なんですが、同じく3面程度で終わった気がします…(苦笑)



3面の復活パターンもすっかり忘れてしまったようですね。。。
posted by Coo at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2008年09月26日

プロギアの嵐

近所のゲーセンに、何故かプロギアの嵐が入っていたので久しぶりにやってみましたが、4面ボスあたりで終わってしまいました。

昔は1周目くらいはクリアできたんですけれどね。

まあ、久しぶりにプレイして、そこまで行ければいい方かな…。

流石に何度もやる気は起きなかったので今回はここまでですが、気が向いたらまたプレイしてクリアを目指そうかと目論んでいます(笑)



なお、プロギアの嵐というゲームは、CAVEの横スクロールの弾幕シューティングゲームです。
私、このゲームの世界観が好きなんですよ〜。



初めて遊んでみたとき、横シューのクセに画面を埋め尽くすような弾幕で、これはひどいと思ったもんです。
横シューで精密な避けは、慣れるまで結構難しく感じるのは私だけでしょうか(笑)

自機のやられ判定が小さく、何回かやっていると面白さがわかっていき、あの頃ハマっていったんですよ。



そういえば、このゲーム、音楽の耳コピまでしました(笑)

本当は1面の曲を作りたかったんですけれど、採譜が難しくて完成せず、ボス曲で妥協したんだよな〜(汗)
posted by Coo at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2007年07月26日

久しぶりにグラディウス。

前にも書きましたが、今年中にはゲーセンに「オトメディウス」というグラディウス系(パロディウス系?)の横スクロールシューティングがお目見えすることもあり、久しぶりに基板を引っぱり出して「グラディウス」をプレイしてみました。

しかし、1面全機失って終了…(爆笑)
あれれ、こんなに難しかったかな…(^^;
昔は当たり前のように1周、2周はクリアできたはずなんですけど…。


最近、弾幕系シューティングばかりやっていたからか、妙に当たり判定が大きく感じます。
いや〜、腕が落ちたもんです(笑)


また、その後「グラディウスU」や「V」をやってみたんですが、グラUは1周目クリアできたんですが、グラVが3面止まり…。
何故かビックコアMk-3が倒せない…。

確かにこのボスは強いです。
でも、学生時代に何度もやりこんでいただけあって、私自身も攻略法が身についており、もう楽にクリアできるという認識があったんですよね〜。



「グラディウス」は私にとって特別なゲームです。
特に美しいグラフィックとともに流れる曲が衝撃的でした。
私が今もなおMIDIによる音楽作成を続けているのは、このゲーム音楽に触発され、私も曲を制作してみたいという気持ちになってしまったからです。

後から知った話ですが、これらの楽曲を当時の女子高生が作曲していたなんてとても信じられなかったですよ。
作曲者の東野美紀さんはすごい方です。
私は本当に尊敬しちゃってますよ〜(^^
posted by Coo at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記

2007年07月22日

シューティングゲームと私…。

つい先日、新宿の某ゲーセンで、久しぶりにゲームをやってみました。



私がゲーセンでゲームをやるのは、もうほとんどないんですが、たまたま時間つぶしのため、ゲームセンターに入ってみました。

確か、前回行ったのは、ちょうどケイブの弾幕系縦スクロールシューティングゲーム虫姫さまふたり」が新作として出たあたりですから去年の11月から12月ぐらいだったと思います。

ビデオゲームの中では、「ストリートファイターU」や「バーチャファイター」などに代表される対戦格闘ゲームよりも敵を撃墜する爽快感や敵の弾をすり抜ける気持ちよさなどからシューティングゲームが大好きなんですよね、私は。

また、私のようにたま〜にゲーセンに行く程度ですと、単純な操作やルールのゲームのほうがわかりやすいんですよね。
その点、シューティングゲームは、撃って避けるだけなのでわかりやすいです(^^;
ただ、残念ながらシューティングゲームはゲーセンの隅の方に置いてあり、台数もかなり少なかったです。

このゲーセンはオンラインゲームや未だ根強い人気の対戦格闘ゲームが主流のようで、私にはちょっと馴染めませんでした。
あっ、とても嫌いではないんですが、格闘ゲームの場合、技とか覚えてないと対戦台で人間相手はもちろんですがCPUにすらフルボッコにされちゃいますからね〜(笑)

他のゲームセンターにも顔を出してみたのですが、同じような傾向にあるようですね。

ちなみに近所のゲーセンには、「エスプガルーダU」しかなく、最新作の「むちむちポーク!」や「雷電W」などをプレイしたければ、ネットでゲーセン情報を検索していかないとダメかも。。。
やはり、よほどブレイクしない限り、このジャンルはどんどん衰退していくのかもしれません…(涙)

なお、今回のゲーセンでやったゲームはシューティングのみで「虫姫さまふたり」と「むちむちポーク!」だけです。
どちらも序盤の面あたりまでしか進めませんでした。
でもまあ、今までほとんどやってなかったので、これはこれで本当に満足してますよ。

特にどちらも弾幕系シューティングなんですが、大量の弾を避けるのに感動しまくってました。
なんかこういうのって、昔「グラディウスV」で初めて1周クリアしたときに感じたもの以来かも…(笑)

やっぱりシューティングゲームは私にとって最高のジャンルなのかもしれません。
(上手下手は別としてですが…)



今後のシューティングゲームということで、ネットで調べていたところ、今年の幕張メッセで行われたAOU2007において、コナミの「オトメディウス」や、もう既に稼動しているケイブの「むちむちポーク!」が人気だったとか…。


「むちむち〜」のほうは、ゲーセンで見かけたので1回だけやってみましたが、2面あたりで終わってしまいました(笑)

その後、設定がちょっと気になったので公式サイトを見てしまいましたが、思わず笑ってしまいましたよ。
これ、なんかいいですね〜(^^;

肝心のゲームのほうは、やりこむとかなり面白いとのことです。
今度、またシューティングゲームがあるゲーセンに行く機会があったならば、是非プレイしたいと思います。

そうそう、1面の曲も結構好きですよ。
虫姫さま」の時も思いましたが、どっかのスーパーの特売の時に流れる曲みたいなノリで…(笑)


「オトメディウス」はまだ出回ってなく、私自身ロケテストなどにも行ってませんので、プレイ感想などのコメントはできないんですが面白そうですね〜♪

これは「グラディウス」系というよりは「パロディウス」系なのかもしれません。
久々の横スクロールシューティングゲームですね。

しかし、これをみて感じたことは最近のシューティングって、なんか「萌え」要素が多いですよね…(汗)

ゲームは面白そうですが、何より音楽は期待したいですね。
コナミのゲーム音楽は基本的に好きですので、サントラ出たら買うかもしれません(笑)
いや、間違いなく買っているでしょうね、私の性格からして…(^^;
posted by Coo at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームプレイ日記