2008年11月05日

PC用のアンプとして使える「Prodino」

以前からPCに接続できる高音質なデジタルアンプを探していましたが、ようやくこういった製品がケンウッドから登場しました。
Prodino」というそうです。



私の使っているヤマハのマルチメディアアンプ、「RP-U100」よりも出力は小さいのですが、なんといっても小型であまり場所を取らないのが魅力的です。

PC接続にはUSBでの接続なのですが、光デジタル端子が付いているので、それも利用可能かと思います。

なお、小型スピーカーも付属しております。

しかし良いと思ったのは、このスピーカーを鳴らすだけでなく、一般の大型スピーカーも鳴らせるようにアンプ側の設定も可能だということですね。
当然、一般のスピーカー端子で接続できるようになっています。



とりあえず、秋葉原の某所で現物も見てきましたが、試聴できなかったのが残念です。

デジタルアンプらしい清涼感あるサウンドだということですが、素直に増幅された味付けの無い音が出てくるので艶っぽさや色気が少ないようです。

また、出力が10W×2と控えめということも気になります。
もしかするとRP-U100と比べてボリュームを上げないと音が小さすぎて聴こえないかもしれませんね。PC利用の想定であるなら、これぐらいで丁度いいと言われればそれまでなんですが…。



このようなAVアンプよりも場所を取らない、PCにも接続できるアンプが今後どんどん出てきてくれると、いろいろと選択肢が増えて嬉しいです。

2008年10月29日

PCに接続できるアンプを探していたら…。

会社帰りにPCに接続できるアンプはないかとPCショップを徘徊したら、面白そうなものを見つけました。



株式会社フックアップのUSB端子付き真空管アンプ、「VA-20T/USB」


こんなPC用アンプもあったのかと思わず驚きましたよ。

エディロールのUA-4FXのような真空管アンプシミュレータとは違い、本物の真空管を使ってますよ、これっ…!

3.5W×2と出力はあまり出てないんですが、真空管ならではの温かみのある音色が特徴…だそうです。



実際に店で試聴してみましたが、中音域が綺麗に聴こえたような感じがします。
というのも、静かな店内ではなかったため、静聴することができなかったんですよね。
なんかかなり残念でした…。

欲を言えばオーディオテクニカなどの高級ヘッドホンと繋いで聴いてみたかったです。



メーカーの紹介ページに「スペックでは語りつくせない」と書いてありました。

真空管アンプといえば、私の高校時代の恩師のところにお邪魔した際、このような真空管アンプと巨大なスピーカーがあるのを思い出しました。
アンプとスピーカーだけで100万円近くかけたシステムらしいんですが、ある女性ボーカル曲を試聴した際、あまりの音の良さに感動した記憶が…。
音の粒がはっきり聴き取れるとでもいうのでしょうか。
特にボーカルが前に出ており、その場で歌ってくれているような感覚に陥りましたよ。。。
話によると、アンプ自体の出力はそんなにないそうです。




このUSBアンプも市販されている高級スピーカーにつなげれば、かなりいい音が出そうですね。

残念なのは、アナログ入出力端子はあるんですが、デジタル入出力端子がついていない点でしょうか。
パソコンだけでなく他の機器もデジタル入力できたらもっと面白かったかと思います。



それにしても機会があったら、もう一度試聴してみたいPC用アンプです。



なお、ここのサイトでこの機器の試用レポートを紹介されておりました。
参考までに…。

2008年09月11日

ゲーム音楽で試聴してみる。。。

昨日、ヘッドホン(ATH-A500)に上位機種用のイヤーパッドを取り付けたのですが、あの後、改めて試聴し直してみました。

本当はカーペンターズあたりの洋楽で聴いてみようかと考えましたが、某サイトさんに習ってゲーム音楽で聴いてみました。



今回はまだ委託販売前の同人ゲームである東方の新作(東方地霊殿)と、日本ファルコムのPC-88版ソーサリアンのCD、タイトーのメタルブラックのCD、スクエニのロマサガ3のCDを使用しました。



さて、試聴した結果ですが、全体的に言えることが、イヤーパッドの変更前と比べて、中域と低域の音がはっきり明瞭に聴こえたことです。また、音の定位が以前よりもよくなっているように感じました。
特に音源が新しい東方地霊殿は、今までほとんど聴こえなかった音がしっかり聴き取れるのには驚きました。
4面道中曲なんか和音が追加され、別音源でMIXしたんじゃないかと勘違いするほどでしたよ(笑)
逆に高域がやわらかくなった感じがします。これは気のせいかもしれませんけどね。



イヤーパッドは飾りじゃなくて、音を良くする要素が十分にあるんだなと改めて感じました。



なお、余談ですが、このパッドに変更して長時間使っていると耳が蒸れますね。
まあ、これからの季節、涼しくなりますので、さほど問題なく思うところではありますが…(笑)

2008年09月10日

ヘッドホンのイヤパッド交換

長年愛用していたヘッドホン(オーテクのATH-A500)のイヤパッドなんですが、ずっと使っているうちにボロボロになってしまっていたんですよね。
それはもう酷いくらいに…(苦笑)


そこで、先日通販で代えのイヤパッドを購入し、本日ようやくそれが届きました。
ATH-A500用のもの(HP-A900)は使わず、あえて上位機種のHP-A1000を購入してみました。
これ、互換性があるんですよね。



苦戦するかと思っていた取り付けもすんなり成功し、パッドの触り心地に感動しました。
装着感も特に文句なしです。



実際に曲を流してみましたが、微妙ですが音が変わったかなって感じがします。
以前よりも音が明瞭に聴こえるんですよね。
気のせいかもしれませんが…。



まあ、今まであんなボロボロのイヤーパッドを使っていたら無理も無いかとは思いますけれどね(笑)




ああ、満足満足…♪

2007年08月05日

録音環境がない…(汗)

サイト更新するため、ノートパソコンに今までの環境を次々とインストールしていきましたが、また一つ問題が発生しております。

このノートパソコンには外部MIDIモジュールから録音するためのライン入力端子がないんです(汗)

このままだとMIDIを作成したとしてもMP3にすることができないんですよね。
マイク端子で実験的に録音してみたのですが、雑音交じりでほとんど使い物になりません。
MP3配信をしている私にとっては致命的ですよ。。。

USBのオーディオデバイスを購入しないと駄目かもしれませんね。
それと録音用のソフトも必要になってきます。

それにしても出費が…(涙)



話は変わりますが、先日買ったパソコンについて。

前に話した動画エンコードをやってみましたが、これはすごいです。
30分の動画をDivXにエンコードしてみましたが、今までのPentium4 3.4GHzの環境で1時間だったのに対し、このパソコンでは30分を少し越えたくらいで完了してしまいます。
さすがはCore 2 Quadです(^^

動画専用になるかもしれません、このパソコン。



また、前回話した「東方風神録」が動作しない件は、なんとか解決しました。
やはりDirectX関連の問題でしたね。
また、「妖々夢」も問題ありませんでした。
しかし、MIDIが鳴らないのはどうしようもないかもしれませんね。



補足ですが、Windows VistaにはMIDIマッパーが搭載されていないので、OS標準のチープな音源しかならないのですが、レジストリをいじる事で、外部音源モジュールからも音を出すことが出来ます。
詳しくはこのブログで公開されています。
私もやってみましたが、聴き専の方なら満足がいくかと思います。
ウチの本家サイトのMIDIがSC-8850で音が出る。。。
今まで当たり前のことだったのに…ね(笑)



ただし、「東方〜」のMIDIを選択してもBGMが再生されません。
ちょっと残念です。