2009年12月02日

バーチャルコンソールアーケードにて、「オーダイン」が配信開始。

バンダイナムコゲームスは、バーチャルコンソールアーケードにて、横スクロールシューティングゲーム「オーダイン」を12月1日より配信開始したとのこと。

価格は800Wiiポイントとなります。




これまた、私の思い出に残るシューティングゲームですね。
子供の頃、よく友人とこれを遊ぶためにゲーセンに通っていたものです。

このゲームの雰囲気が、当時とても好きでした。
グラフィックの明るさやBGMの良さで、今でもたまに遊びたくなりますよ。



そういえば、私はこのゲームが稼動していたゲーセンにもお邪魔していたんですが、結局遊ばなかったですね。

あの時、やってれば良かった…。

次回、入荷したら遊んでみますわ…(笑)

2009年11月17日

ズーム、Wiiウェアで、「PHALANX(ファランクス)」 を今冬配信予定。

ズームの横スクロールシューティング「PHALANX(ファランクス)」 ですが、Wiiウェアにて今冬配信予定とのこと。



これは、1991年にX68000用横スクロールシューティングゲームとして発売された作品で、後にスーパーファミコンやゲームボーイアドバンスにも移植された作品ですが、このWiiウェア版は単なる移植ではなく、グラフィックや音楽がX68000版をベースとしてWii用に再編集されているほか、Wiiウェアオリジナルのステージや新要素も追加されたものとなるようです。



X68000版「ファランクス」が好きな方であれば、なかなか楽しめそうな作品ですね。

価格も500Wiiポイントと安いため、興味を持った方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

2009年11月15日

アイ・ティー・エル、「宇宙(そら)をかける少女シューティング」を11月25日に販売開始

アイ・ティー・エルは、アニメ「宇宙(そら)をかける少女」のキャラクターが登場する横スクロールシューティングゲーム「宇宙(そら)をかける少女シューティング」を発売するようです。





DSiウェアでの販売となり、価格は500DSiポイント。



これは「獅子堂秋葉」を主人公としたストーリーで、3キャラ全4ステージで構成されているそうです。

情報が少ないので、オススメできるかどうかはわかりませんが、興味のある方は、価格も安いのでダウンロードしてみてはいかがでしょうか。




続きを読む

2009年11月12日

任天堂、再びマジコン業者へ法的措置

任天堂は11月10日、マジコン業者に対し、不正競争防止法に基づいて、輸入・販売行為の差止及び損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に再度提訴したとのこと。



10月5日にも輸入・販売行為の差止及び損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴してましたが、それでもまだマジコンの販売を継続していたり、違法性を認めない悪質な業者が存在したためだそうです。





現在でも一部の店舗がマジコン販売を続けておりますが、今回の警告を受けても販売を継続する店はおそらくあるでしょう…。

これらを購入するユーザー側にも、もっと「マジコンは違法」だということが強く認知されないと駄目かと思います。
店で普通に売られている以上、違法行為ということを知らずに購入する方もいらっしゃると思いますので…。




なお、本日11日に秋葉原を散策してきましたが、マジコン販売をまだ行っている店は2店舗ありました。

二度目の任天堂の警告で、素直に店側がマジコン販売を取りやめるといいのですが…。

2009年11月05日

タイトー、DSiウェアにて「スペースインベーダーエクストリームZ」を配信開始

タイトーは11月4日、DSiウェアにて「スペースインベーダーエクストリームZ」を配信開始しました。



これは今年の3月にニンテンドーDSで発売された「スペースインベーダーエクストリーム2」をベースに、初心者から上級者まで楽しめるよう細かなチューニングを加えたものになっているようです。

価格は、500DSiポイントとなります。





こういった短時間で手軽に遊べるゲームはいいですよね〜。

2009年11月04日

超鉄ブリキンガー、バーチャルコンソールにて配信

Wiiのバーチャルコンソールにて、ザウルスの「超鉄ブリキンガー」が11月に配信開始されるそうです。



この「超鉄ブリキンガー」というのは、1996年に発売されたネオジオCDの横スクロールシューティングゲームで、現在はプレミアがついて非常に高価で入手も困難な商品となっております。

参考までに、駿河屋の販売価格は定価が7140円のところを28200円で販売していたり…。

場所によっては50000円近くで販売されているところもあるようです。





今回、Wiiのバーチャルコンソールでの価格は、900Wiiポイントです。
ネオジオCD版と比べるまでもなく安価で購入できますね。





参考までに、ネオジオCD版の動画を貼り付けておきますか。

2009年11月02日

コナミ、MSXタイトルをバーチャルコンソールで配信決定

コナミは、Wiiのバーチャルコンソールにおいて、過去にリリースしたMSX13タイトルを今冬から配信開始すると発表したとのこと。



ラインナップは以下の通りです。


イーガー皇帝の逆襲
スペース・マンボウ
ロード・ファイター
夢大陸アドベンチャー
パロディウス
クォース
魂斗羅
魔城伝説
グラディウス2
沙羅曼蛇
ゴーファーの野望〜エピソードU〜
メタルギア
メタルギア2 〜ソリッドスネイク〜



「スペースマンボウ」とか「グラディウス2」とか、非常に懐かしいです。
レトロゲームファンにとって嬉しい話ですよね〜。

2009年11月01日

「ニンテンドーDSi LL」、11月21日発売開始

任天堂は10月29日、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズの新モデル「ニンテンドーDSi LL」を11月21日に発売すると発表したとのこと。

これは、「ニンテンドーDSi」の機能を継承しつつ、液晶を3.25型から4.2型へ大画面化した製品で、幅と高さがDS Liteよりも一回り大きくなっているようです。



カラーは「ワインレッド」、「ダークブラウン」、「ナチュラルホワイト」の3種類で、本体価格は2万円になる見込み。



本体サイズは、横161.0mm×縦91.4mmと歴代DSの中では最も大きなものですね。
初代のDS(横148.7mm×縦84.7mm)よりも大きくなります。

バッテリーの容量も増加しているようです。




私もいずれニンテンドーDSを買わなければならないのですが、この機種も候補に入れておきますわ…。
画面が大きいのはいいのですが、大きさが…、ねぇ…。

2009年10月20日

ニコニコ動画の「SIE2動画」がタイトー社員も評価

(※12月29日、記事を修正しています。)



先日、ニコニコ動画にて「Dance×Mixer」を使った「スペースインベーダーエクストリーム2」の「invader GIRL!(SIE2 STAGE 5D)」が配信されておりましたが、タイトーの社員の方がこれを高く評価しておりました。



念のため、ここにも貼っておきますか…。






これは、とんでもなく凄い出来ですね。
演出も非常に良いですね。
それになんといっても中毒性が高いですわ。

2009年10月16日

「罪と罰 宇宙の後継者」、公式サイトがオープン

10月29日にWiiで発売される、任天堂のアクションシューティングゲーム「罪と罰 宇宙の後継者」ですが、公式サイトがオープンしておりました。

このゲームの価格は6800円とのこと。



公式サイトでは、プロモーション用の動画やストーリー、キャラクターやステージなどを公開されております。

興味のある方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。





動画を見る限り、一瞬セガの「スペースハリアー」を思い出してしまった…(笑)

3Dで派手なゲームですね〜。




なお、公式サイトでは、体験版設置店舗リストが掲載されております。
10月17日から全国でスタートするようですよ。

秋葉原は「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」だけみたいですね。
時間があるときにでもチェックしておきますか…。

2009年10月14日

コナミ、「グラディウスリバース」をアップデート

去年、Wiiウェアで配信されたコナミの横スクロールシューティングゲーム、「グラディウスリバース」ですが、10月13日に突然のアップデートがなされたようです。



修正内容項目にあっては、BGMの追加とスコア調整、新ランキングボードの設置、画面演出の強化、プレイ周回の画面表示、ステージセレクトの調整(4〜30周の選択が可能)とのこと。

さざなみ壊変さんに詳細の記事が掲載されておりますね。
追加曲が3曲も入っているのか…。





以前のバージョンをダウンロードされている方は、無料で更新版を再受信できるので、このゲームを持っていらっしゃる方は再ダウンロードしてみると良いかと思います。





それにしても、発売日から1年後にアップデートをかけるコナミは凄いですね〜。

2009年10月06日

任天堂が「マジコン」業者に損害賠償訴訟

Impressの記事より。

任天堂は5日、「ニンテンドーDS」向けのゲームを開発・販売するメーカー54社と共同で、「マジコン」の販売業者に対し、不正競争防止法に基づき、輸入・販売行為の差し止めおよび損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提訴したと発表しました。



以前、「R4 Revolution for DS」などのマジコンと呼ばれる機器の販売業者に対して、輸入・販売の差し止めを求めて東京地裁に提訴しており、任天堂側の主張が全面的に認められる判決が下されていたんですが、判決後もマジコンの輸入・販売が後を絶たず、業者に販売中止を求める警告書を発送しておりましたね。
今回の法的措置は、警告を無視するケースが多く見られたことによるもののようです。






マジコンは、東京の秋葉原や大阪の日本橋において、未だ販売している店がありますよね。
そういえば、大阪ではマジコンの自販機もありましたからね〜。

今後、マジコンは秋葉原や日本橋からも姿を消していくと思われますが、果たして…。

2009年09月29日

バンダイナムコ、VCAにて「メルヘンメイズ」を配信

バンダイナムコは、Wiiのバーチャルコンソールアーケードにて、「メルヘンメイズ」を9月29日に配信するとのこと。



1988年にアーケードで稼動したアクションシューティングゲームでしたよね。
当時、クォータービューのゲームはとても新鮮に映りましたよ。
アリスを操作し、悪の女王から「鏡の国」を救うゲームです。

価格は800Wiiポイントです。



画面を見る限りでは、出来もなかなかよさそうですね。




さて、私はWiiを持っていないので、ダウンロードして楽しむことはできないのですが、未だにこのゲームを稼動させているゲームセンターも存在しているので、そちらで楽しんでみたいと思います。

以前、秋葉原のトライタワーで稼動していた「メルヘンメイズ」

余談ですが、1988年当時、私はあまりやらなかったゲームです…(苦笑)
世界観は今でなら気に入るかと思うのですが、「ワルキューレの伝説」などと同様に自機が「女の子」というゲームは苦手でした。



この頃の私はゲーセンで遊ぶゲームは「グラディウス」ばかり…。
ちょっと勿体なかった気がします。

2009年09月25日

Wii、バーチャルコンソールアーケードにて「ドラゴンセイバー」を配信開始

バンダイナムコゲームスは、9月15日、Wiiのバーチャルコンソールアーケードにて、ドラゴンスピリットの続編である、「ドラゴンセイバー」を配信開始しております。





もう一週間以上前に配信されていたんですよね。
すっかり忘れておりました。





先月、アーケード版「ドラゴンセイバー」を高田馬場ミカドで遊んできましたが、なかなか難しいゲームですよね。
特にケイブの弾幕シューティングに慣れてしまうと、見た目通りの自機のやられ判定に涙することでしょう…(笑)

グラフィックやBGM、演出などは、当時のアーケードゲームの中でもトップクラスのゲームだったと思います。



Wiiを持っていて、このゲームが好きな方であれば、ダウンロードする価値があると思いますよ。




なお、価格は800Wiiポイントです。






その他、9月15日に、同じくバンダイナムコゲームスから、名作アクションゲーム「ドラゴンバスター」も配信開始しておりますので、興味のある方はプレイしてみると良いかと思います。

これも800Wiiポイントです。

私も、ゲーセンだけでなくファミコンでも遊んだよな〜、このゲームは…。

2009年09月19日

「ダライアスバースト」、Amazonで予約開始

タイトーの新作シューティングゲーム「ダライアスバースト」ですが、Amazonで予約が開始されたようです。



価格は5040円のところを4284円で販売するとのこと。。





これはPSPにて登場する作品ですが、名作「ダライアス」シリーズの続編ということだけでなく、携帯ゲーム機で気軽にどこでも楽しめるシューティングゲームということで、なかなか人気が出そうな気がします。

2009年09月18日

ファミ通.com、ジャレコ再生プロジェクト第1弾「ワイズマンワールド」の画面写真を公開

ニンテンドーDSで発売予定のジャレコ再生プロジェクト第一弾「ワイズマンワールド」ですが、ファミ通.comさんにおいて、画面写真が多数掲載されておりました。



もう、ここまで出来上がっていたのか…。
見た目はなかなか面白そうなRPGですよね。





ジャレコは個人的に応援したいメーカーなので、この作品で「再生」してもらいたいです。

2009年09月14日

DSiウェアにて、G.Gシリーズ「Z・ONE」、「Wonder Land」、9月16日に配信

Genterprise(ジェンタープライズ)は、ニンテンドーのDSiウェアのG.Gシリーズにて、2種類のシューティングゲームを配信するようです。



一つは、「Z・ONE」という横スクロールシューティングゲーム。
もう一つは、「Wonder Land」という縦スクロール弾幕シューティングゲームとなります。

9月16日配信予定で、価格はそれぞれ200DSiポイントです。




どちらのゲームも、画面がファミコンライクでいい感じですね。



「Z・ONE」は、オプションにポッドというものがあり、入力した十字ボタンと逆方向に弾が発射される「ポッド」による攻撃が攻略の鍵になるようです。

これ、なかなか面白そうですね。





また、「Wonder Land」は、「不思議の国のアリス」を舞台にした弾幕シューティングゲームで、主人公はアリス。

このキャラクター、東方Project作品の「アリス・マーガトロイド」じゃないですよ。
ましてやケイブの「ケツイ 〜絆地獄たち〜」の主人公「アリス=ブラックバーン」でもない(笑)

いや、ドット絵を見る限り、東方Projectのアリスに近い…かも。
金髪の女の子で青っぽい服を着ているように見えるし…。
でも、なんか頭に兎のような耳が付いているのが気になる…。

ゲーム的には、弾幕シューティングというだけあって難しそうですね、これは。
当たり判定は小さいと思いますけれど…。





両方ともニンテンドーDSiで気軽に遊べるシューティングゲームになるといいですよね。

価格も安いので、ニンテンドーDSiを持っていらっしゃる方は購入してみてはいかがでしょうか。

2009年09月02日

ナムコ、バーチャルコンソールアーケードでAC版「ゼビウス」配信開始

バンダイナムコゲームスは、9月1日にWiiのバーチャルコンソールアーケードにて、アーケード版「ゼビウス」の配信を開始しました。



1982年作品である、アーケード版ゼビウス…。
懐かしいですね。



今現在、初代のアーケード版ゼビウスを稼動させている店舗は全国でも少ないと思います。
ゼビウスを稼動させている店のほとんどは、「ナムコクラシックコレクション Vol.1」に収録されている「ゼビウス・アレンジメント」ですからね〜。

私が最近見かけたのは、お台場にある「台場一丁目商店街」にお邪魔した際ですね。

純正筐体の「スペースインベーダー」の近くに、同じく純正筐体での「ゼビウス」が稼動していたことでしょうか。

よくよく考えると、ゼビウス純正筐体を稼動させている店は、全国でもほとんどないかもしれませんね…。山奥にある旅館とかにはもしかすると残っているかもしれませんが…。

この純正テーブル筐体でプレイできるのは、全国でもあまりないですよ…。





なお、他の家庭用で最近発売されたものでは、PS3で配信されている「ナムコミュージアム.comm」にアーケード版が収録されてました。
新作の「ゼビウスリザレクション」も遊べて、なかなか購入し甲斐のある1本です。

Xbox360においては、XBLAで随分前から配信されておりましたよね。





今回のWiiの配信で、現在の主要コンシューマ機全てに、AC版ゼビウスがプレイできるようになりました。

どのハードのものが移植度や完成度が高いのかわかりませんが、PS3版もXbox360版も、そしてWii版も開発が全て「バンダイナムコゲームス」であることから、AC版との違いがほとんどないと思われます。

Wii版が欲しい方は購入してもいいと思いますが、他のハードで既に持っている方は、あえて新たに購入する必要はないでしょうね。

2009年09月01日

ニンテンドーDSiウェア、「あぁ無情 刹那」が9月2日に配信決定

任天堂は、9月2日、ニンテンドーDSiウェアで「あぁ無情 刹那」を配信するようです。

価格は500DSiポイント。





これは、開発にアリカが関わっているオリジナルの縦スクロール弾幕シューティングゲーム。
おそらく、前にアリカの三原さんが言っていたオリジナルゲームのことかと思います。





モードは二つあり、敵の出現順が固定されている「パターンモード」と出現パターンが変化する「パターンモード」があるようです。

自機はタイプAとタイプBの2種類。

また、独自のシステムとして、敵を倒して出現する「キューブ」を沢山画面上に出すと高得点に繋がったりとか、キューブを連続回収して高得点を狙うチェーン状態など、スコア狙いがなかなか面白そうですね。

2009年08月22日

バンダイナムコゲームス「バーチャルコンソール アーケード」第2弾配信予定を公開

バンダイナムコゲームスは、8月20日、「バーチャルコンソール アーケード」第2弾配信予定を公開しております。

合計して20タイトルもあり、中にはコンシューマ機初移植となるものも…。



以下、50音順に…。

・「オーダイン」
・「ギャラガ」
・「ギャラクシアン」
・「グロブダー」
・「タンクフォース」
・「ディグダグ」
・「ディグダグU」
・「トイポップ」
・「ナムコクエスター」
・「ニューラリーX」
・「爆突機銃艇」
・「バラデューク」
・「フェイスオフ」
・「ベラボーマン」
・「ボスコニアン」
・「メルヘンメイズ」
・「リブルラブル」
・「ローリングサンダー2」
・「ロンパーズ」
・「ワルキューレの伝説」



シューティングでは、「オーダイン」や「ギャラクシアン」、「グロブダー」など…。
第1弾同様、プレイしていた「あの頃」を思い出させてくれるタイトルがズラリ…。

こういうのをみると、本当にWiiが欲しくなってしまいますよ。




なお、第1弾の配信が終了次第、この第2弾の配信が開始されるそうです。

Wiiを持っていて、これらのタイトルを遊びたい方は、ダウンロードして遊んでみてはいかがでしょうか?