2012年11月03日

秋葉原の某ゲームセンターに「魔法少女まどか☆マギカ ソウルジェム&リングセット」が入荷

秋葉原の某ゲームセンターに「魔法少女まどか☆マギカ ソウルジェム&リングセット」というプライズ景品が入荷していました。

1

2





これはその名の通りソウルジェムとソウルジェムリングをセットにしたもので、種類は鹿目まどか、暁美ほむら、巴マミ、美樹さやか、佐倉杏子の5種類。
見た目はソウルジェムがやや小さ目かといった印象です。

3

パッケージには各キャラのイラストと「限定商品」などと書かれていますね。
公式グッズではなさそうです。




このプライズ景品ですが、今回獲得できなかったのでどこで作られたのかは不明。
同人グッズなのか、はたまたアレな景品なのか…。

う〜む。
posted by Coo at 00:00| 裏プライズ景品

2011年03月16日

プライズ景品に「魔法少女まどか☆マギカ A4フォトフレーム」が登場

秋葉原の某店舗に「魔法少女まどか☆マギカ A4フォトフレーム」という景品が入荷しておりました。

どこで作られたかわからない謎グッズ

何種類あるか不明。

絵柄の数は不明です。



う〜ん、これはちゃんとしたメーカー品なのか、そうでないのか、判別するのが難しいですね。

よく景品を調べてみると、メーカー名などが記載されておらず、おそらく無許可品なのではないかと思われます。

本当にどこで作られているのやら…。



今回は、セガさんの「魔法少女まどか☆マギカ Tシャツ」のほうが無許可品より先にゲームセンターに登場したようですが、人気アニメはほとんど無許可品が先に入荷するケースが多いですね。
posted by Coo at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2011年02月02日

プライズ景品に「やる夫ぬいぐるみ」が登場

秋葉原の一部のゲームセンターに「やる夫ぬいぐるみ」という景品が入荷しました。

やる夫ぬいぐるみ

悔しいけど、触り心地がいいらしいです。

今回、この景品を入手していないので、どこで作られたものかはわかりません。
種類は4つあるようですね。


コトブキヤさんで販売している顔文字クッションやぬいぐるみと違い、胴体が付いているのが大きな特徴でしょうか。

胴体があるというのも…(笑)

また、色が付いているのも…。



なお、秋葉原では、この景品が入っているゲームセンターは2店舗だけでした。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年11月16日

プライズ景品に「ビリー・へリントン デスクマット」が登場?

以前、俺の嫁人気投票が行なわれたプライズ専門ゲームセンター「秋葉原クレーン研究所」の「弐号館」さんのほうで、人気投票1位に輝いた「アニキ」こと「ビリー・へリントン(ガチムチレスリング)」の新しいプライズ景品が入荷したようです。

アニキのプライズ景品が入荷

しかし、いつ見ても苦笑いせざるを得ない結果ですな…。




問題のプライズ景品が入荷したクレーン機に足を運んでみたところ…。

カオスすぎるわ…!

こ、これは…(笑)
「リリカルなのは」のプライズ景品と「エルシャダイ」のプライズ景品(クリーナークロス)と一緒に「アニキ」のプライズ景品が混在して、なんともカオスな感じになってますわ。

ブースに書かれた説明によると、『実は、このデスクマット… 中身が入れ替え可能!』と書かれてますね。

「なのは」の絵柄と「アニキ」の絵柄を入れ替えることが可能なのか…。
うえぇ…、なんてこったい。




さて、肝心のプライズ景品ですが、種類が何種類あるのか不明…。



もちろん、どれもこのカテゴリに属するシロモノなので、毛嫌いする方は取らないほうがいいでしょうね。
個人的にもオススメできないものです。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年11月13日

秋葉原のゲーセンに、とうとう「エルシャダイ」のプライズ景品が入荷。

秋葉原の某ゲームセンターに「エルシャダイ」のプライズ景品が入荷しておりました。

とうとうゲーセンの景品にまで進出したエルシャダイ(笑)

これは…(笑)



まだゲームそのものが発売されていないのに、同人誌即売会が行なわれたり、同人ゲームが発売されたり、秋葉原の各ショップで「エルシャダイ」ネタPOPも大量発生したり…。
そんな中、とうとうプライズゲームの景品にまで出てきてしまうとは…。




後日、調べたところ、秋葉原のゲームセンターでエルシャダイのプライズ景品が見つかったところは2箇所でした。

エルシャダイのクリーナークロス。

いずれも「クリーナークロス」が入荷しております。
絵柄が何種類あるかは不明ですが、おそらく10種類ぐらいあると思われます。



どことどこのゲームセンターにこれが入荷したかは…、わかりますよね(笑)
posted by Coo at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年07月03日

プライズ景品に「はちゅね学習帳」が登場

都内の某ゲームセンターに「はちゅね学習帳(じゆうちょう)」というものが入荷しておりました。

なんだこれ…。

メモ帳ぐらいの大きさしかないノート。ペンが付属しているようです。

これも、どこで作られたものかはわかりません。
無許可品なのか、同人グッズをプライズ化させたものかもわかりません。
ただ、このような同人グッズは見たことがないので、おそらく…。
制作したところも書かれていませんね…。

某学習帳と見た目は似てますね〜(笑)

大きさはA6サイズ(105×148)ぐらい。
小さなノートで、POPによるとペンも付属するとのこと。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年07月02日

プライズ景品に「東方4連キーホルダー」が登場

秋葉原の某ゲームセンターに「東方4連キーホルダー」というものが入荷しておりました。

サンプルを獲ってないので、使い勝手とかは不明。

これの制作元は不明です。
多分、無許可品でしょう。

パッケージは小さめ。

絵柄は10種類あるようです。
去年、猛威を振るった(?)「東方遊戯」系との関連もわかりませんです。




そういえば、今年に入ってから「東方遊戯」の新シリーズ(第14弾以降)を見かけてないですね。
このシリーズ自体は終了したのかな…。



ただ、「東方遊戯」ではない「東方」のイラスト無断使用の景品は、相変わらず多いのですが…。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年05月19日

リバティー1号店のクレーン機の景品…。

中古ゲームやDVDなどを取り扱うリバティー1号店さんの店頭に小さなUFOキャッチャー(クレーン機)が置かれております。

メッセサンオー本店さんのご近所のリバティー1号店さん。

これの存在は前々から気付いていたのですが、一体どういったものが景品になっているのか興味がわいたので見てみたところ、PSPやグッドスマイルカンパニーさんの「初音ミク」1/8フィギュア、「ねんどろいど初音ミク」、アルターさんの「けいおん! 平沢唯」などのフィギュアが…。

希少価値の高いフィギュアも景品にされてます。

ブースの中にあるカプセルを入手し、それに書かれているアルファベット(A〜Eの5種類)で取得できるものが変わってくるみたいです。
1プレイ100円ですが、取得難易度は高そうですね。



なお、上手く景品を獲得できた場合は、記念写真が撮られ、このクレーン機に掲示されますので、写真を撮られたくない方は遊ばないほうがいいかも…です(汗)
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年03月08日

プライズ景品に「東方遊戯 第11弾 LED付きUSBハブ」が登場

某ゲームセンターに、「東方遊戯 第11弾 LED付きUSBハブ」が入荷しておりました。

…やはり、これにも使われてしまったか…。

東方遊戯関連グッズは、今年に入ってから新絵柄も新商品もなく、とうとう終焉したかと思っていたのに…。
しかも、よりにもよって第11弾とは…。

この無許可グッズのLED付きUSBハブが登場した時点で、東方の絵柄も出るのではないかと予想はしていたものの、いざ現実に景品となって入荷しているのを目の当たりにすると、とても悔しい気持ちになります…。

私の好きなイラストレーターさんの絵柄を…(涙)

それにしても、例大祭も近いということで、この第11弾の絵柄なんでしょうかね〜…。




ここのゲーセンで、この景品はクレーン機に入荷しており、パッケージの蓋に少し隙間が空いているため、それをうまくアームに引っ掛けて獲るような設定になっておりました。

私が、ここに訪れた時、他のお客さんが、これの取得に頑張っておりましたが、アームの力が弱いせいか、なかなか持ち上がりませんでしたよ。

景品が横に倒れてしまうと取得するのが相当厳しくなると思います…。




さて、こういった無許可プライズ景品に対する私の考え方は、以前の記事の通りです。

前にも似たようなことを書きましたが、これらの無許可品の需要がさらに高くなるのであれば、少なからず単に著作権侵害という問題だけでなく、アニメや同人グッズ(同人業界)、そしてアミューズメント業界などに何らかの悪影響を与えてしまうのではないかと思います…。



今まで、私はいろいろと無許可プライズ品を入荷させている数多くのゲームセンターに足を運んでましたが、思うところが多々あります。

これらのグッズの制作元がなくならない限り、今後もずっと作り続けられていくのか。
また、ゲーセン側も人気アニメやゲームの景品は需要があるため、例えそれが非ライセンス品とわかっていても入荷していくのか。
そのような景品に頼らなければならないほど、今のアミューズメント業界全体が不況で苦しんでいるのかと感じることもありました。

プライズ景品は、他のゲームとは違い、なんといってもインカムが大きいですからね〜…。
無許可グッズ制作元も、そういう事情を知っているのかもしれない。





勘違いされている方も多いと思いますが、このブログで、こういった無許可グッズ記事をここまで書いているのは、本来、こういったグッズが、制作者の許可を得てない景品だということを皆さんに知ってもらいたいからです。
決して、無許可品を推奨しているわけではありませんよ。

これらの景品の形状と「東方遊戯」などのような決められた絵柄が合致すれば、ほぼ間違いなく原作者(イラストを描かれた方も含む)から許可を得てないものだと思われます。
皆さんがこれらの景品を無許可品だとわかっていただければ、私のような失敗をしないで済むのではないでしょうか。



ただ、ゲーセン側がこのようなものを出してくる以上、欲しいと思われる方も多くいらっしゃるかと思います。
特に、同人ショップが近くにない方にとって、ゲーセンのプライズ機に入荷しているこれらの景品を目の前にすれば、欲しくなってしまう気持ちもわからないでもないです…。



このような景品を獲るも獲らないも、その方の自由なので、私は獲らないよう、ここで注意を呼びかけることなどする気はありません。

このブログの記事には、その無許可品が入荷しているプライズ機の設定やサンプルを獲った場合のレビューぐらいは書いておきます。
それを取得の参考にするのも、欲しくないので目を通さないのも皆さんの判断でお願いします。



でも、こんなものを獲っても…、という気はしますけれどね〜(苦笑)
posted by Coo at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年02月27日

プライズ景品に「涼宮ハルヒの憂鬱 第12弾 LED付き USBハブ」が登場

秋葉原ではないのですが、とあるゲームセンターに「涼宮ハルヒの憂鬱 第12弾 LED付きUSBハブ」が登場しております。

早くも劇場版のイラストも…。もはや何も言うまい…。

早速、劇場版の絵柄が無許可で使われたか…。




これ、USBハブのようです。円筒が回転する仕組みかと思われます。

おそらく、東方遊戯でおなじみのところが制作した景品だと思われます。
以前のUSBハブとは違い円筒形になってますね。

ちょっと今回も取得していないので、細かな詳細がわからないのですが、おそらく円筒が回転してライト(LED)が光るような仕組みになっているかと…。
また、同じメーカーのものであれば、規格も以前と同様にUSB1.1の可能性が高いと思われます。




このような新景品が出てきた以上、他のシリーズにも十分採用される可能性が高いですよね。
posted by Coo at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年01月12日

プライズ景品に「幻想遊戯 東方」、「TOHO DREAMY GAME」…

先日、会社の同僚から連絡があり、「東方遊戯」シリーズとは違うようなマウスパッドがプライズ景品になっているとのこと。

上のマウスパッドには「幻想遊戯 東方」、下のマウスパッドには「TOHO DREAMY GAME」と書かれています。

これらは、秋葉原にあるプライズゲーム専門のゲームセンターで取得したとのことですが、写真を見たところ、秋葉原の某X店で見かけた、出所不明のマウスパッドと同じもののようですね。
確か、1枚200円ぐらいだったような…。

上のマウスパッドには「幻想遊戯 東方」、下のものは「TOHO DREAMY GAME」と書かれています。

これらが一体どれくらいの種類があるのか、わかりません。
マウスパッドの厚さは、「東方遊戯」のものと比べて薄いようです。




実際に、同僚が取得したゲームセンターに足を運んでみたところ、確かにありました。

東方遊戯を制作している会社とは違うみたいですね。…これこそ海外製か…。

景品には、このようにタグが付けられ、それをうまく使って、左側に落とせば取得できるようです。
アームは小さいものが取り付けられているため、入手するには、お金がそれなりにかかるのではないかと思います。




このシリーズも今後、ゲームセンターの景品として出回ってくるかもしれませんね。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2010年01月10日

プライズ景品に「東方遊戯 PF 第3弾 缶バッチ」など…。

前回の記事の続きです。




以前、「東方遊戯 第15弾」と思っていたものですが、ネーデルさんの情報提供もあり、いろいろと調べてみたところ、「東方遊戯 PF 第3弾」の絵柄であることがわかりました。

絵柄は全部で25種類。

ネーデルさん、このたびは情報提供ありがとうございます。



他のPFシリーズとは違い、無印「東方遊戯」のような、統一性のある背景の絵柄が多いですね。
秋葉原でもマウスパッドや壁時計などで見かけることが多くなりました。

これだけ数が多ければ、流石にコンプリートする方は少ないと思います…。




新宿の「東方遊戯」系の景品を多く扱っている某O店では、早速、缶バッチにもこの絵柄のものを入荷させてますね。

小さなクレーン機の中の様子です。缶バッチが大量に詰まれてますが、結構取りづらい設定です。

見ての通り、他の東方遊戯シリーズと混ぜてクレーン機にいれてあるので、もう何が何だか…ですが…(笑)

缶バッチの他にもキーホルダーやライターにも「東方遊戯 PF 第3弾」の絵柄が使われておりました。





話は変わりますが、秋葉原では、また変わった絵柄の東方イラストを使用したシリーズが出回ってきております。



これについては、また後日…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年12月29日

「東方遊戯 第15弾」の絵柄が登場…?

まだ正確に確認が取れているわけではないのですが、「東方遊戯 第15弾」の絵柄と思われるプライズ景品が、秋葉原の一部のゲームセンターに登場しています。

妖夢が何故か白スク水なのも特徴か…(笑)

特徴としては、キャラクター名の下に魔法陣のようなものがついてますね。
絵柄は、いつものように10種類あると思われます。

確認したキャラクターは、魔理沙、妖夢、パチュリー、アリス、文、レミリアなど…。



景品は、写真のようなマウスパッドだけでなく、シガレットケース(タバコ入れ)にも同様の絵柄が付いておりました。
おそらく、このシリーズも、全国にどんどん出回っていくと思います…。





とりあえず、「東方遊戯 第15弾 シガレットケース」を一つサンプルとして入手しておきましたのでレビューしておきます。

絵柄は射命丸。おそらく東方遊戯第15弾」

これは、秋葉原の某ゲームセンターのコンビニキャッチャーに入荷しておりました。

この「東方遊戯」のタバコ入れ自体は昔からありました。
ステンレスカードミラーと同様に古い景品の一つで、これに最新の第15弾の絵柄を採用しているのがこの景品と思われます。

タバコを入れるにしては、ちょっと携帯性が悪いかも…。灰皿として使えるだろうか…。

蓋を開けるとこんな感じです。

裏側。昔の東方遊戯の景品に使われていたものを採用してます。

裏側には、このように「東方」の文字が…。
この絵柄、かつての「東方遊戯キーホルダー」などでお目にかかったものと似てますね。



景品自体はやや重く、タバコをこれに入れて携帯するのは使い勝手が悪いのではないでしょうか。

タバコの代わりに何か別のものを入れるのには、物によってはいいかもしれませんね。




続きを読む
posted by Coo at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

プライズ景品に「あい らぶ とうほう パート2 メタルストラップ」が登場

秋葉原の一部のゲームセンターに「あい らぶ とうほう 第2弾 メタルストラップ」が入荷しておりました。

これは、クレ研の設定。景品が軽すぎて、意外と手こずるかもしれませんよ。

このシリーズ専用で作られた景品かもしれませんね、これ。
紐の部分に「シリーズ名」が書かれていたりしますからね〜。

このまったりしたイラストだからこそ、出来た景品かもしれません。




種類は、もちろん10種類。
キャラクターごと、ストラップの色が違うというのも特徴かもしれません。


早苗さんは緑のストラップ。紐に「I ハートマーク TOHO」と書いてますよ。

ここまで来ると、本当にこのイラストを描いた同人サークルさんが手掛けたものと勘違いする方もいらっしゃるかもしれません。

サンプルとして一つ入手しましたが、困ったことに、意外としっかりとした作りで出来がいいんですよね…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年12月24日

プライズ景品に「あい らぶ とうほう パート2 クリアファイル」が登場

会社の同僚から連絡があり、また新しい東方遊戯系グッズが登場していたとのこと。

今までありそうでなかった無許可グッズ。

これはクリアファイルですね。
絵柄は「あい らぶ とうほう パート2」のものを使用しているようですね。

クリアファイルが登場したというのであれば、下敷きなんかも今後出てきそうな気がします。





早速、私も確認してきましたが、景品の端にタグが取り付けられており、そこを狙うと運が良ければ一手で入手できるような設定になっておりました。

あくまでも「運が良ければ」なんですが…。






話は変わりますが、ここの東方遊戯マウスパッドは、過去の東方遊戯の復刻版である「東方遊戯 霊夢&魔理沙」の絵柄を使っているようです。

「東方遊戯 霊夢&魔理沙 マウスパッド」

古い東方遊戯の「霊夢」と「魔理沙」ばかりを集めたシリーズです。
また、出回り始めましたか…。





この「東方遊戯 霊夢&魔理沙」の全絵柄についてはこちら…。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年12月15日

プライズ景品に「東方 PCモニターカバー」が登場

某D店に、また新しい東方プライズ景品が登場しております。

絵柄は8種類ですが、全部揃えるのは至難の業。

これは、「東方 PCモニターカバー」というものらしく、その名の通り、パソコンの液晶モニター用のカバーのようです。
大きさは19インチクラスのモニターが入る程度かと思われます。

絵柄は8種類あるようですね。
これらの絵柄はクッションや枕カバーのものと同じものが使われております。
もしかすると、これらの制作している業者が同じところなのかもしれません。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年12月14日

プライズ景品に「東方トランプ」が登場

秋葉原の某D店ですが、「東方トランプ」というグッズが入荷しております。

普通の同人グッズではなさそう…。

東方キャラを使ったトランプは、同人サークルさんが制作されたものも多く、同人グッズをプライズ景品として入荷させたのかと思いましたが、どうもこれは違うようです…。
例によってアレな景品みたい。



絵柄は全部で54種類。

品質もあまり良くないです。

チルノのHですが、○の部分が、後でスタンプを押したような感じになっており品質は良くないです。
また、一部のカードに折れ目が生じていたりと、トランプとしても使えないかもしれません…(苦笑)




なお、この無許可トランプですが、今回最初に入荷を確認したのがこの「東方トランプ」ではなく、「初音ミク トランプ」のでした。
今回入荷した東方のトランプは、「けいおん!」のものも同時に入荷していおります。
こちらはパッケージが2種類ありました。

おそらく品質的には変わりがないと思いますよ…。




こういったものを狙うより、最初からショップで同人サークルさんが出している品質の高いものを入手した方がいいでしょう…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年12月10日

プライズ景品に「東方 ミニクッション」が入荷

高田馬場の某ゲームセンターにおいて、東方Projectのミニクッションが入荷しておりました。

正確に何種類あるかは不明。

これも間違いなく無許可品ですね。
絵柄は、この「うどんげ」だけではなく、他にも数種類ありました。
以前、紹介した「東方 メタルウォッチ」のパッケージの裏側のイラストと同じものを使用していることを考えると、同じ業者が作成した可能性がありますね。

大きさは縦横5cmくらいの小さなクッションです。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

プライズ景品の「東方 襟章」

そういえば、以前、会社の同僚からサンプルとして頂いた無許可プライズ品の中に、このようなものがありました。

専用のケースに入っている襟章です。

これは、東方のイラストを使った襟章ですね。
専用のケースに襟章が入っております。

この絵柄は「萃香」なんですが、他に何種類あるのか確認出来ませんでした。





なお、このような襟章を景品としているゲームセンターは、秋葉原では現在見かけませんね。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年12月09日

プライズ景品に「東方遊戯第14弾 缶バッチ」…。

新宿の某ゲームセンターにて、東方遊戯の絵柄を使った缶バッチが景品として入荷しておりました。



今回は、ちょっとブース内の写真を撮ってこなかったのですが、直径が4cmほどの、よく東方のガチャガチャ機に入っているような缶バッチの大きさになっております。
その缶バッチに、「東方遊戯」シリーズの第9弾〜第14弾、「東方遊戯 PF」シリーズの絵柄が混ざって入っておりました。

こういうものが出てくると、同人ショップで販売されている缶バッチと見分けが付かなくて困りますね…(苦笑)
本当に、イラストを描かれた方が作られているように見えますよ。






余談ですが、「東方遊戯 第14弾」のカタログを掲示していたゲームセンターを見つけたので、以前の記事を修正しておきます。

特徴は、星蓮船のキャラだけでなく、キャラクター名の下(または左に)「TO-HO PROJECT」と書かれていることでしょうか。

この第14弾は、今年の東方Projectの新作「東方星蓮船」のキャラクターを使用した、現在唯一の「東方遊戯」です。
これも、イラストを描かれた方には無断使用と思われます。



しかし、無許可プライズ景品は、絵柄やグッズもどんどん増えていく一方ですね。
今年は特に、沢山の種類のグッズが出てきた気がします。

ゲーセンの東方グッズのほとんどは無許可品という事実を知らない方にとっては、本当にイラストを書いたサークルさんの手で作られたグッズと勘違いしてしまいますよね。

種類があまりにも豊富なので、そろそろ東方無許可品の景品バリエーションも纏めていこうかと思います。
posted by Coo at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品