2009年10月05日

「東方遊戯 磁気メモパッド」

裏プライズ景品紹介の第3回目は「磁気メモパッド」です。

実はマウスパッドとしても使えます

この東方遊戯の磁気メモパッドは、秋葉原では「秋葉原クレーン研究所」と「弐号館」のクレーン機に入荷しております。

景品はメモパッドとペンがセットになっております。
裏面は磁気シートになっているため、白物家電などに貼り付けることが可能です。

これは、東方遊戯第13弾の「東風谷早苗」

大きさは、次回紹介予定のマウスパッドより一回り小さくしたものになります。
付属のペンを使って、メモパッドに書いてもすぐに消すことができるのは便利といえば便利だと思います。

なお、マウスパッドとしても使用可能。



とりあえず、洗濯機に貼り付けて「痛洗濯機」にすることも…

写真は洗濯機に貼り付けたものですが、こういう白物家電に貼り付けて「痛」くさせる使い方も面白いかもしれませんね。

オススメはしませんが…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年10月04日

某D店に、「東方遊戯 LCDスタンドクロック」が入荷

某D店に「東方遊戯 LCDスタンドクロック」が入荷したとの情報を、会社の同僚から聞いたので、同僚と合流して早速取得してきました。

この景品は、今まで秋葉原には入荷していなかったんですよね。
一度、某A店でサンプル展示されてましたが…(笑)

温度計付きです。

これは、多機能な液晶デジタル時計で、機能的には時間、月日、曜日、温度を一括表示できるとのこと。
また、アラーム機能やカウントダウン機能も備わっているようです。

絵柄は、「東方遊戯 第10弾」から「第12弾」のものが使用されておりました。
posted by Coo at 00:23| Comment(5) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年10月01日

「東方マウスパッド」に、また新商品が…。

某A店に立ち寄ったところ、今までの東方遊戯シリーズとは違う、新しいマウスパッドを発見しました。

むむ、これは…。

この「I LOVE(ハート) TOHO」というシリーズですが、以前、「東方車番符」という景品でも採用されていた絵柄で、このようにマウスパッドにも使われたのは私の記憶にないんですよ。
他にも「オイルライター」や「ミニストラップクリーナー」にも使用されておりました。




一番奥のマウスパッドは…。

とらのあなで販売している東方ソフビの「すっ○んうどんげ」のイラストをそのまま採用するとは…(大汗)

なんと、とらのあなの「東方ソフビシリーズ」のアレの絵柄ではないですか…!



すってん…。



ああ、なんということだ…(苦笑)





ここのクレーン機の難易度は、無許可品に関しては極めて高いですので、取得するのはなかなか厳しいかと思います。
posted by Coo at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月30日

「東方遊戯 壁時計」と「初音ミク 目覚まし時計」

裏プライズ景品紹介の第2回目は、「壁時計」と「目覚まし時計」です。

まずは、壁時計から…。

もう何度も取り上げた壁掛け時計

このブログでは、かなり取り上げた景品ですよね。
この東方Project関連の絵柄だけでなく、他の版権モノのイラストも数多く作成されているようです。

私が確認したものでは、「けいおん!」、「スラムダンク」、「涼宮ハルヒの憂鬱」、「初音ミク」、「らき☆すた」、「リトルバスターズ!」、「咲 -saki-」などなど…。

ネット上でも人気のあるものが次々とこの壁掛け時計の絵柄に使われておりました。



但し、この商品のイラストは全て無断使用。
非ライセンス品ですね。




さて、同僚から頂いたこのサンプルですが、箱から出してみるとやや小さめの壁掛け時計なんですよね。

個体差はあるかもしれませんが、箱から出したばかりなのにキズや時計の中のイラストが剥がれていたりと粗悪なものでした。
これはおそらく景品を獲得した際に付いたものかと思われます。




私もこれが入っているゲームセンターを数多く見てきましたが、どこも一回で取れるような設定にしてあるゲームセンターは見たことがないので、取得する際は相当お金を使う覚悟が必要かと思われます。





次に紹介するのは、「初音ミク 目覚まし時計」です。

おそらく東方遊戯関連にも、この時計はあると思われます。

会社の同僚が、私の目の前で頑張って取ってくれました(笑)
この時計は、秋葉原のゲームセンターではあまり見かけないものだったのですが、某A店で入荷したのを確認し、取得しました。

目覚ましの音は、「初音ミク」が歌うわけでもなく、普通のアラーム音だった目覚まし時計(笑)です。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月28日

プライズ景品の「東方マグカップ」

実は先日、会社の同僚から、数々の東方系などのプライズ景品を戴くことができましたので、数回にわたってこれらを紹介していきたいと思います。





まずは、第1回目は「マグカップ」です。
マグカップは昔からあった景品ですが、このブログではあまり取り上げてなかったので、改めて…。

イラストが大きく描かれていて、欲しいと思う方も多いかもしれませんね。

一見すると、どこかの同人サークルが作成したようなマグカップで、なかなか品質も良いものかと思います。



マグカップの入っているパッケージは、こんな感じ。

同人ショップに入荷しても、なんら遜色ないレベルです。

作成元や版権元の記載がされていないため、間違いなくイラスト無断使用で、上海アリスさんには無許可で出しているものと思われます。





同僚は、ドン・キホーテ秋葉原店2階プライズコーナーのクレーン機で入手したそうです。



私も、クレーン機の景品にマグカップが入荷しているのを確認しましたが、クレーン機だけでなく紐に吊り下がっている景品を落とすプライズ機、セガの「UFOあらかると」にも入っていたのを覚えております。

「UFOあらかると」は、軽い景品のもの(「オイルライター」や「ステンレスカードミラー」など)ならば、少ない出費で簡単に取得できると思いますが、このようなマグカップは重量があるため、店側が簡単に落ちないよう、きつめの設定をしていることが多いので要注意かと思います。

カードミラーの感覚で取得を試みようとすると、なかなか紐が下がっていかないので、思わぬ出費を強いられることになるかもしれませんね。





UFOキャッチャーのようなクレーン機の景品として入荷している場合、店側が理不尽な設定をしていることが多いですね。

ドン・キホーテの場合、アームの力がかなり弱く、景品を掴むのは非常に困難だったと思います。

入手できた同僚のアドバイスとしては、少しずつ根気良く動かしていけば、なんとか入手できるそうです。



…お金は相当かかっているような気がしますけれど…(汗)
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月26日

高田馬場「GOLDEN CAT'S」のプライズ景品に、「東方関連」の無許可品が…。

今回紹介した、高田馬場の「GOLDEN CAT'S」ですが、実はプライズ景品の8割は裏プライズ品になっておりました。
ある意味、「ドン・キホーテ秋葉原店2階プライズコーナー」に近いかもしれません。

東方遊戯第13弾オイルライターが全種類入っております。






「東方遊戯」関連は、「オイルライター」と「ステンレスカードミラー」、「Wカードケース」を確認したのですが、ステンレスカードミラーには、「東方遊戯」の景品としては、個人的に見た事が無い絵柄のものが入っておりました。

どこかの同人サイト様などでお目にかかったようなイラストが採用されてます。

うあああ…。
これは、なんという…。



最初、「東方遊戯」旧作の在庫を出してきたのかと思ったのですが、その後、秋葉原の「秋葉原クレーン研究所」に足を運んだところ、同じ絵柄のものが少量ではありますが入荷しているのを確認しました…。

私自身、「東方遊戯」の第10弾以前のイラストを全部把握していないので、わからないことも多いのですが…。
かつて、古めの東方マウスパッドで同様のイラストを見た事があるため、過去の景品ではないかと思います。

再販でもしたのかな〜。




または、今までと同じ業者が作成しているのではなく、別の業者が引き継いで作成していることも考えられますね。

それは、次に紹介する「Wカードケース」で発覚してます。

今まで、「Wカードケース」は東方関連プライズにおいては、「東方遊戯」シリーズのみで作成されていたと思っていたのですが…。

作成元不明の別会社のものと推測…。

よく見てみると、このイラストは以前私が取ってきた「東方 ライター付き携帯灰皿」や、会社の同僚が入手した「東方 回転灰皿」と同様のものです。





また、オイルライターにも新しい絵柄が使われておりますね。
「UFOあらかると」の景品で簡単に取得できそうだったのでサンプルを入手してきました。

東方風神録の二次創作イラストを採用したオイルライター。他にも、妖々夢や地霊殿のイラストのものがありましたよ。

こちらは、カードミラーと同様のシリーズかもしれませんね。





個人的には、こうも簡単に無許可品が作成されてしまう現状は嫌なのですが、プライズ景品としてはなかなか人気の高いものなんですよね…。

特にカードミラーを集めている方は多いかもしれません。
このブログのアクセス解析をしてみると、「カードミラー」を検索してくる方が多いですからね〜。
確かにカードミラーに関しては色が鮮やかでコレクションする価値があるかもしれませんが…。






今回も「東方遊戯」関連でまとめてみましたが、その他にもガンダムの「目覚まし時計」やスラムダンクの「壁掛け時計」、ファイナルファンタジーZACや劇場版エヴァの「ステンレスカードミラー」など、秋葉原では全く見られないようなものが多数置かれていたので、こういったレアものの無許可品マニアの方は要チェックなゲームセンターかと思います。
posted by Coo at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月19日

ファンファン秋葉原店、プライズ景品にグリフォンの「東方プロジェクト シーズン1 第1弾」が入荷

秋葉原にあるゲームセンター、「AMUSEMENT PLACE funfun 秋葉原店(ファンファン秋葉原店)」に立ち寄ってみたのですが、なんとグリフォンのPVC製塗装済み完成品フィギュアである「東方プロジェクト シーズン1 第1弾」の「楽園の巫女 博麗霊夢」と「普通の魔法使い 霧雨魔理沙」が入荷しておりました。

ファンファンの景品は、秋葉原の他のゲーセンとは一味違います(笑)

東方Projectの完成品フィギュアを景品にしているゲームセンターは、秋葉原ではここしかありません。





この「ファンファン秋葉原店」は、以前から「ねんどろいど 初音ミク」などの市販されているフィギュアを景品にしていたことがあったので、東方Project関連のフィギュアも出してくるだろうと思っていたのですが、予想していた通りになりましたよ…(笑)



次はグッドスマイルカンパニーの「ねんどろいど 博麗霊夢」あたりが景品になりそうな予感…。





さて、問題はこれらが入っているプライズ機が「ファン・ファンタジア」だということでしょうか。

前にもこのブログで書いたことがあるんですが、これは普通のプライズ機ではなく「確率機」なんですよね。

棒を小さな穴に入れて、景品を落とすタイプのプライズゲームなんですが、正確に穴に合わせたとしても「大当たりフラグ」が発生しない限り、穴には入っていかないです。

このフィギュアの価格が6800円ということを考えると、相当設定を厳しくしているものと思われます。

1プレイ100円のため、運が良ければ低出費で入手できるかもしれませんけれどね…。
あまり深入りしないほうがいいと思います。





どうしても欲しい方は、通販やホビーショップで購入したほうが無難なんですが、なかなか人気のあるフィギュアのため、既に完売しているところも…(苦笑)


これらが景品となっております。

う〜む。
posted by Coo at 00:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月18日

久しぶりに新宿ミカドの無許可プライズ品を確認

会社帰りに、久しぶりに新宿ミカドに寄ってきました。

まだ閉店してませんよ!

高田馬場ミカドが出来て、1ヶ月ぐらい閉店せずに続けると聞いていたのですが、何故かまだやってますね〜。

個人的に好きなゲームセンターなので、出来ればこのまま閉店しないでほしいものですが…(笑)





さて、ここのゲーセンはレトロゲームの豊富さで全国的に有名な店ですが、高田馬場ミカド同様、無許可プライズ景品を数多く置く店です。

1階のプライズ機ですが、およそ店内の半分の筐体の中にある景品が無許可品でした。



無許可品で置かれていたのは、「ステンレスカードミラー」と「壁時計」、新製品の「ICカードジャケット」、「ミニタオル」、「クリーナークロス」でしたね。

なお、見たことがなかったのは「スタンドミラー」という景品で、絵柄はエヴァのものを使用しておりました。

おそらく「東方遊戯」と同じ業者が作っていると思われるので、今後、様々なシリーズで多数出回るかもしれませんね。





絵柄は「東方遊戯」関連のほか、「ロロナのアトリエ」、「咲-Saki-」、「エヴァ」、「初音ミク」などなど…。

この中で珍しいのは「ロロナのアトリエ」でしょうか…。

これは、他では見たことがないので、ちょっと驚きました。
イラストも綺麗ですね。




しかし、「ステンレスカードミラー」の入っているコンビニキャッチャーを見てみると、各種カードミラーの下に、東方遊戯 第10弾の「クリーナークロス」や「東方車番符」も一緒に入っており、これは大きすぎて掴めない気がします。

なんか、学生さんたちがひたすら頑張っていましたが、一回も取得できなかったようです。



また、別のプライズ機では東方遊戯 第11弾の「ミニタオル」も入っておりますが、取得は厳しいかと思います。

東方遊戯 第11弾「ミニタオル」

この店も、こういったプライズ景品に興味がある方であればチェックしておくべきかもしれませんね。
posted by Coo at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月16日

東方ステッカー「東方車番符」を入手しました。

秋葉原クレーン研究所にて、「東方車番符」という東方イラストのステッカーを取ってきました。

どこかで見たことがあるイラストです…

これは、以前から「秋葉原クレーン研究所」にあったプライズ景品で、マウスパッドや磁気メモパッドなどの景品と一緒に入っていたものです。

「ナンバープレート風デコレーションステッカー」ということで、車などに貼るのがいいんでしょうか…。




一見すると普通の同人グッズのようにも見えますが、これにも版権元や販売元などの表記が見当たりません。

なお、この「霊夢」の他にも「魔理沙」のイラストのものが存在します。

また、この作家さんのイラストを使ったオイルライターなども某所で景品になっていましたね。



「東方遊戯」とは別シリーズなのかもしれません…。
posted by Coo at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月15日

「東方関連プライズ景品」から、他の「無許可の版権プライズ景品」を見分ける

今回も「高田馬場ミカド」のプライズ景品より…。

ここに「初音ミク パート7」のステンレスカードミラーが入荷しました。
いつの間にやら第7弾ですね。

種類が半分以下になりましたね。

ちなみに今回の絵柄は、このようになっております。

今回は二次創作イラストのみが使われているため、無許可品だとわかりやすい。

以前、1シリーズだけで25種類ものイラストが使われた「初音ミク」の無許可品ですが、今回は10種類と抑えられてます。
全て二次創作イラストが使われており、「東方遊戯」と同じカードミラーであることから、無許可品であることが容易に想像できます。

前回、私が入手したシリーズ(第何弾か失念してしまいました…)は、二次創作イラストが多かったものの、メーカーのパッケージイラストをそのまま使っているものもあり、単品だと「正規品」と誤認しやすいんですよ。








さて、このようなアニメ関連のプライズ景品ですが、「東方関連のプライズ景品」を知ることで無許可品と判断することができます。



現時点では、東方Project関連の商品でプライズ景品として認められているものは、全くと言っていいほど無いですからね〜。

特に「東方遊戯」シリーズの景品は、間違いなくイラスト無断使用で無許可な景品です。

「東方遊戯」シリーズで出てきたもので、イラストだけを版権アニメのものに変えた景品は、同じ業者で作成されている可能性が高いと思います。

私のブログを見れば、その数の多さはわかるのではないでしょうか。

「ステンレスカードミラー」、「Wカードケース」、「壁時計」、「ミニタオル」、「オイルライター」、「磁気メモパッド」、「フォトフレーム」、「マウスパッド」などなど…。
先日出たばかりの「ICカードジャケット」もそうですよね。





例えば、これ…。

「けいおん!」の壁時計。無許可品です。

人気アニメ「けいおん!」の壁掛け時計ですが、初めて見た方には、これが「非ライセンス品」だということがわからないのではないでしょうか?
パッケージには、東方Projectの景品と同様に、版権元や作成元が何も書かれていないのが特徴です。





東方関連で景品になっているグッズの絵柄だけを変えたものは、版権元の許可を取っていないグッズだと思って間違いないでしょうね。

最近ではメーカーから多数のグッズ(特に「とらドラ!」などのアニメ関連グッズとか)が景品にされていますが、無許可品との大きな違いは、作成元がしっかりと明記されていることでしょうか。





あまり、著作権を無視したグッズが、プライズ景品の市場を埋め尽くされなければいいのですが…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月14日

高田馬場ミカド、「東方遊戯 第13弾 ICカードジャケット」が入荷

高田馬場ミカドに、新しい「東方遊戯」関連のプライズグッズが入荷しておりました。


カードミラーかと思ったら新製品でした。

イラストは最新の「東方遊戯 第13弾」のものを使用した「ICカードジャケット」というものです。
いつも通り、コンビニキャッチャーの景品となっております。

一見、今までのような「ステンレスカードミラー」のように見えるのですが、ストラップの付いたカードケースになっております。



なお、サンプルとして1枚取得してきました。

第13弾の「アリス」のイラストのものを取得。

使用金額はたったの100円です。
なんか1回で取れちゃいましたよ。

最近、こういった小さなプライズ景品を簡単に入手できるようになってきましたね。
今回の場合は、なんか複雑な気分でしたが…(苦笑)

ストラップの付いた、ただのカードケースですね。

裏はこんな感じです。
イラストに東方のものを使った、ただのカードケースでした。





さて、「東方遊戯 第13弾」ですが、秋葉原のゲームセンターでも目にするようになってきましたよね。

前回の「壁掛け時計」のほか、「オイルライター」や「磁気メモパッド」など…。
どこのゲームセンターかは、このブログの記事を見ていれば大体わかると思うので、あえて書きませんが…(笑)




なお、参考までに全10種類の「東方遊戯 第13弾」の絵柄を載せておきます…。

これらのイラストを描かれた作家さんが、このページを見て、イラストが無断使用されている事実に気づいてくれるといいのですが…。

…このシリーズ、いつまで続くんでしょうね…。
posted by Coo at 00:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年09月05日

「東方遊戯 第13弾」が早くも登場…

どうやら、また新しい「東方遊戯シリーズ」が生まれてしまったようです。



会社の同僚が、「東方遊戯 第13弾」の絵柄のプライズ景品を入手したとのこと。

今回も新シリーズの登場が早いですね。
第12弾が登場してから、まだ日も浅いというのに…。





場所は、いつもの通り、秋葉原にある「ドン・キホーテ秋葉原店 2階プライズコーナー」でした。

今回はこのような絵柄になります。

入手したものは、過去に東方遊戯シリーズで使われていた壁掛け時計で、絵柄を新しいものに変えただけのもののようですね。
なお、絵柄は10種類あるようです。



…しかし、今回は誰のイラストでしょうか…。

おそらく、このイラストも他の「東方遊戯」シリーズと同様に、また作家さんに無断使用しているものだと思われます。

綺麗なイラストなので、何も知らない方は、このイラストを書いた同人サークルさんが作った同人グッズと勘違いされるかもしれません…。






また、同じくドン・キホーテのプライズ景品に「東方ペンライト」というものが登場しているとのこと。

絵柄は「チルノ」と「霊夢&紫」

同僚は、早速これも取ってきているようですね。

これは、普通の同人グッズにも見えますが、制作元の表記もないため、無許可品の可能性が高いと思います。





う〜ん。。。
posted by Coo at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年08月29日

ドン・キホーテ秋葉原店に「東方懐中時計」など…

ドン・キホーテ秋葉原店2階プライズゲームコーナーに、また新しい東方グッズが入荷しておりました。

初音ミクのイラストのものがほとんどですが…。

ちょっと写真ではわからないと思いますが、東方Projectの絵柄を使った懐中時計です。
クレーン機の中の景品のほとんどは「初音ミク」のイラストを使った懐中時計なのですが、それに混ざって東方イラストを使用したものが入っておりました。

他にも抱き枕カバーですが、以前の「フランドール」ではなく、「霧雨魔理沙」の絵柄のものにに変更されておりました。
これは、某X店で見かけた抱き枕と同じものですね。

また、UFOあらかるとのほうに、東方の絵柄のマグカップも景品になっておりましたよ。





ドン・キホーテ以外では、先日オープンした「秋葉原クレーン研究所弐号館」において、「東方遊戯」専用のクレーン機なんてものを見つけました(笑)

流石、クレ研…。

ここには、以前の東方ステッカーだけでなく、前にドン・キホーテで見かけた「東方遊戯 第11弾」の壁掛け時計がここにも入荷しておりますね。

かなりお金を使わないと入手することが難しいと思います。


他にも「けいおん!」の壁掛け時計も入荷中です。



「秋葉原クレーン研究所」の本館のほうは、以前と変わらず、東方の「磁気メモパッド」や「ミニタオル」、「ステンレスカードミラー」などが入荷しております。



「クレ研弐号館」が新しく出来たため、秋葉原でこういう無許可プライズ景品を集めている方は、巡回先が増えて面白くなってきたかもしれませんね。
posted by Coo at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年08月25日

近所のゲームセンターにて、「東方 ライター付き携帯灰皿」などを発見

私の住んでいるところの近所にある某ゲームセンターに、東方の無許可プライズ景品が入荷しておりました。

以前は、このゲームセンターに、東方グッズとかなかったんですけれどね〜。





ここでは、「ライター付き携帯灰皿」、「オイルライター」、「タペストリー」が景品としておかれておりましたよ。

ここにあった無許可品は、かつて秋葉原の某ゲームセンターや某雑貨店で、1年ぐらい前にお目にかかったことがあります。
懐かしいというか、なんというか…(笑)





この中で「UFOあらかると」に入っていた「東方 ライター付き携帯灰皿」が一番取りやすそうなので、一つだけサンプルとして入手しておきました。

ちょっと携帯するには向かないような中途半端な大きさです。

外見はこんな感じですね。
イラストは多少色褪せた感じがします。
なお、イラストの種類は、正確にはわかりませんでしたが、10種類以上を確認しております。

小さいライターとなら交換が可能かも…。

このように、ライター部と灰皿部を分離させることも可能です。

灰皿を洗うのも大変そうですね。

灰皿部を引き出してみると、このようになっております。
なんだかな〜(苦笑)

これも「東方遊戯」関連の商品かはわかりません…。





タペストリーのほうですが、イラスト自体はいいんですが、よく見ると解像度が低いですね。
遠目で見ればあまりわからないと思いますが、近くで見るとどうしても品質が…。





無許可プライズ景品は、もう色んな場所で見かけるようになってしまいました…。

私が宮城の仙台に帰郷した際にも、某ゲームセンターのプライズの景品にも東方のカードケースがあったりしましたからね〜。

また、場末のゲームセンターだけでなく、都心部においても散見されますし…。



いつか、これらの景品が本当になくなる日が来るのでしょうか…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年08月20日

秋葉原クレーン研究所、「東方磁気メモパッド」が入荷

秋葉原のプライズゲームセンター「秋葉原クレーン研究所」ですが、東方遊戯のイラストを使用した「東方磁気メモパッド」が入荷しておりました。

これは、冷蔵庫などに手軽に貼ることが出来るメモパッドです。
ペンも付属しております。





チチブデンキ跡地の「秋葉原クレーン研究所」のほうですが、こちらには「東方遊戯 第11弾」の磁気メモパッドが入荷してます。

一時期、東方遊戯の新商品が出なくなり、下火になってきたと思っていたら、また出てきましたね…。

1プレイ200円、3プレイ500円という価格設定です。
「東方遊戯 第11弾」のイラストは全10種類ですね。



取得するのはかなり難しいですね。
軽すぎて、クレーンで持ち上げても、すぐに落ちてしまいます。
運が良ければ、うまく取得することが出来ると思いますが…(笑)

ちなみに、奥にあるのは先日のコミケで販売されたGiftの「ねんどろいど霊夢」で、見ての通りディスプレイ品なので取ることはできません…。





また、トライタワー5階の「秋葉原クレーン研究所 弐号館」のほうにもこれが入荷しておりますが、こちらは「東方遊戯 第10弾」のイラストを使用しております。

弐号館は、第10弾のものを使用。

こちらも価格設定は同じ1プレイ200円、3プレイ500円で、取得難易度も高いです。
「東方遊戯 第10弾」のイラストの種類も10種類あります。



なお、このブースの隣には「東方ステッカー」が入荷しております。
絵柄は「霊夢」と「魔理沙」の2種類のみ。
やはり車に貼り付けるのがいいのでしょうか…。



弐号館のほうも無許可品のブースが増えてきましたね。
…う〜ん。





話は変わりますが、トライタワーのエレベータ内には「東方プライズ景品」の広告まであったり…。

何故かチルノのイラストを採用…(笑)


こういった広告をクレーン機以外で貼り付けているのは、初めて見ましたよ…。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年08月13日

高田馬場ミカドにて、「j*pod」のメモ&ペンケースsetを取得

高田馬場ミカドにて、無許可プライズ景品の一つ、「j*pod」のメモ&ペンケースsetを取得してきました。

ipod風のイラスト。

東方Projectでは、「博麗霊夢」の絵柄だけかと思っていたのですが、「霧雨魔理沙」もあったようですね。



シンプルなカレンダー付きです

裏側を見ると「万年カレンダー」が付いておりました。



実際にこれを開封してみたところ、ただのメモ帳のようですね。
端についているボールペンを取るとメモ帳が開けられるようになっています。

しかし、このメモ帳ですがちょっと粗悪に作られております。
厚めのカバーにメモ紙がひっかかることもあり、ちょっと使いづらいアイテムですね。

霊夢はこんなイラスト。顔がないので不気味に感じることも…(笑)

余程、こういう無許可品でも集めたいと思う方以外はこれを取得しない方がいいと思います。
posted by Coo at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

ドン・キホーテ秋葉原店に「東方貯金箱」が入荷。

ドン・キホーテ秋葉原店2階プライズゲームコーナーに東方Projectのイラストを使用した貯金箱が入荷したようです。



今回、この3種類を確認したとのこと。

早速、会社の同僚が取得したようですね。
どうやら500円玉が200枚入り、10万円まで貯まるようです(笑)

このゲームセンターでは、東方に関してはこの3種類の絵柄のみ置いてあったそうです。
なんか他にもイラストの種類がありそうですね。
東方遊戯の作成元というよりは、どちらかというと東方の回転灰皿と同じ作成元のような気がします。

他には「けいおん!」などのアニメも貯金箱の絵柄に使われていたとのこと。




なお、この貯金箱ですが、店側の設定が甘いせいか、非常に取りやすかったそうです。

う〜ん。。。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年08月02日

東方Projectや版権キャラの「iPod風メモ&ペンケース」を発見…

高田馬場ミカドにて、奇妙なものがコンビニキャッチャーのプライズ景品に…。

顔がない…。

iPod風な絵柄を使った「jPod」シリーズというものらしいですね。
今回、ここで見かけたのは「jPod 3」というもの。
普通に考えて第3弾ということでしょうね。

この東方Projectの「博麗霊夢」の他に、人気アニメの「けいおん!」などの版権キャラのiPod風なイラストが使われております。

ちなみに東方キャラを使っているのは、この霊夢だけのようです。




今回は、このサンプルを入手できなかったので、詳細はよくわからないですね。
「メモ&ペンケース」のセットらしいのですが…。

少なくとも制作元が明記されておらず、普通の企業や同人サークルさんの作品…ではないと思われます。
また、「東方遊戯」シリーズとは別の会社が作っているものなのかもよくわかりません…。



なお、以前にあった「東方遊戯 第10弾」は全てなくなっておりました。
おそらく在庫切れでしょうね…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年07月31日

「東方遊戯 第12弾」のステンレスカードミラーが入荷

ドンキホーテ秋葉原店2階プライズコーナーに、東方遊戯第12弾のカードミラーが入荷したと、会社の同僚から連絡があり、早速確認してきました。

とりあえず、幽々子さまから…

今回もサンプルとして1枚だけ入手しましたよ。



セガのプライズ機である「UFOあらかると」に入荷しており、確かにこれは第12弾の絵柄でした。



今回、これを取るのに使用した金額は300円ほど。
入手難易度はそれほど高くないと思います。

オイルライターとの比較…。

同じ「UFOあらかると」で取得したオイルライターよりは取りやすいかもしれませんね。





なお、「秋葉原クレーン研究所」のほうでは、東方遊戯第12弾の絵柄を使用したカードケースも確認しております。
これと第11弾のミニタオルが混在して「コンビニキャッチャー」に入っていたため、今の今まで分からなかったのですが…。





東方遊戯第12弾の各景品も、今後もどんどん作られていくのでしょうか…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年07月24日

「東方絵札ストラップ」もプライズ景品に…。

秋葉原の某プライズゲームコーナーにて、夢咲黒さんの「東方絵札ストラップ」シリーズと「東方扇子」シリーズがプライズ景品になっているのを確認しました。

どこのゲームセンターかは、前回のプライズ記事を見ていただくと分かると思います…。

ちなみに1プレイ200円の普通のUFOキャッチャーで、ストラップの隣には「東方扇子」が入っておりました。
昨日まではストラップはなかったのに…。

なお、「東方扇子」と同様、「東方絵札ストラップ」をクレーンで上手く吊り上げるのは難しそうですね。
どうしても景品がほしいのならば、同人ショップで素直に購入した方がいいと思います。





さて、先日もお話したように、「東方扇子」シリーズがここのプライズ景品となっているので、何かおかしいと思っていたのですが…。



そもそも、上海アリス幻樂団のZUNさんの話では「限られた流通で販売のみ許可する」ものではなかったでしょうか。

ZUNさんが言う「限られた流通」というのは、同人即売会、同人ショップ、通販であり、元となる東方Projectのゲームを取り扱える範囲内でのみの発売に限定していたはずです。




これが「同人流通」だというのなら、プライズ景品に上海アリス幻樂団さんの東方作品が出てきてもおかしくない…ですよね(笑)

例えばクレーンゲームの景品に「東方妖々夢」や「東方風神録」とか…。
あくまで、これは「例えば」の話ですが…。






しかし、上海アリス幻樂団さんが、夢咲黒さんへ個別に許可を出したというのなら、プライズゲームの景品では珍しい「許可の取れた東方グッズ」ということで喜ぶべきことかと思います。

となると、夢咲黒さんの「東方カード型USBメモリー」とか「東方おっぱいマウスパッド」もプライズ景品になる可能性があるということですね…(笑)



また、他の企業で制作された東方グッズがゲームセンターで見かけるようになるといいですよね。

例えば、Giftさんが既存の「東方ぬいぐるみ」シリーズを景品にしたり、新たにプライズ景品用の東方グッズを作ったのならば、クレーンゲームに何度も挑戦したくなりますよ…。








う〜ん。
正直言ってしまえば、今回のこれに関しては無許可な気がしますが、実際のところはどうなんでしょうね…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品