2009年07月23日

秋葉原で販売している、東方の無許可グッズ…。

先日の件もあり、ドンキホーテ秋葉原店2階プライズコーナーに行ってきました。



会社の同僚の情報通り、東方の「回転灰皿」やフランの「抱き枕」がありましたよ。

抱き枕はカバーだけになっており、カバーを取得すると店員さんから中身も貰える様な感じになっておりますね。
また、取得すると記念撮影までしてくれるというオマケ付きです(笑)
UFOキャッチャーの中に取得された方の写真が沢山飾られておりましたよ。
東方のキャラクターの抱き枕を取っている方は結構いるものですね〜。



その他、東方グッズとしては、先日話題にした東方遊戯第12弾のオイルライターと、何故か夢咲黒さんの「東方扇子」が景品として置かれておりました。

夏ですから、こういう扇子を景品としておくのもいいかもしれません…。
でも、取得するのは軽すぎてなかなか難しそうですね。
ここでお金を使うより、同人ショップで購入した方が安く済むかと思います。



しかし…、ZUNさんのいう「同人流通」って、なんだろうか…(苦笑)
今まで同人ショップで売られているグッズを景品としているゲームセンターはなかったので、流通ルートがかなり気になるところです。





また、入口のカウンターでは「ハズレなし」のくじをやっており、その中にも東方グッズとして、「東方抱き枕カバー」がありました。





さて、東方以外のグッズを見てみると、二次創作イラストの「初音ミク」や「ハルヒ」のミニクッションがありました。

あれっ?
どこかでみたことが…。



私にとっては見覚えがあるもので、早速これを売っている某X本店(そのまんまか…)にお邪魔してきました。

ああ、ありました。
店内の入口付近に、これと絵柄も形状も全く同じミニクッション。
その他にも、東方の抱き枕やクッション、マウスパッドなど多数…(笑)

そのほとんどが制作元不明品です…。
東方の無許可品がこんなにも売られているものなのか…。
昔は、少ないながらも目にしたことがあるんですが、今回はやたら多く感じました。



流石に店内で写真を撮るわけにはいかないので、サンプルとして一部の商品を買ってきました。
あくまでサンプルとして…。





まずは東方の抱き枕…。

店頭にて堂々と売られていたのが印象的。。。

東方の「博麗霊夢」の抱き枕です。
前述したドンキホーテのくじの景品と同等品と思われます。
サイズは縦100cm、横40cmぐらいと抱き枕としては小さめです。

これくらいの大きさだと抱き枕カバーだけであればプライズ景品に向いているのかもしれませんね。

表のみで裏は何も印刷されておりません。
何と言っても店頭の目立つところに堂々と置いてあったのが印象的です。
ドンキホーテにあった「フランドール抱き枕」は置いておらず、これ1種類のみ。

価格は1980円でした。

なお、アキバBlogさんのところでも取り上げていた「初音ミク縞パン抱き枕」や「ハルヒ抱き枕」と価格も大きさも同じで、これらの作成元も同じかと思われます。
プライズ景品の「フランドール抱き枕」とは、もしかすると作成元が違うのかもしれませんね。





次にクッション。

他にも多数の絵柄があり、絵師さんも多数使われております…。

「射命丸 文」と「犬走 椛」のクッション。
縦横40cmほどのクッションです。
絵柄は、他にもチルノやうどんげなどなど。
なかなか種類が豊富ですね。
実は、このタイプのクッションを以前ドンキホーテ秋葉原店のクレーンの景品で見かけました。
値段は900円ほどです。





最後にTシャツ型ミニクッション。
新製品とのこと。

中途半端な大きさですね。

今回は「博麗霊夢」と「神綺とアリス(旧作)」のものを買いました。
小さなクッションで、弾力性があります。
揉んでいると気持ちがいいかも…です(笑)
これも相当種類が出ていて、地霊殿の絵柄のものも存在しております。
これはまだゲームセンターの景品としては見かけませんね。
大きさからして、今後コンビニキャッチャーの景品として出てくる可能性があります。
価格は350円…。





その他、購入しませんでしたが、東方のマウスパッドは1枚200円〜500円ぐらいで売られてました。
「ドンキホーテ秋葉原店」の景品で目にするものもあれば、そうでないものも…。

オイルライターは「けいおん!」のもののみが売られてましたが、これも「ドンキホーテ秋葉原店」で見かけたものと同じものです。



また、以前に確認したものとして「東方タペストリー」なんかも置かれていましたよ。
ほとんどが「初音ミク」のイラストで、中に東方のイラストのものが一部混ざってました…。





今回は、某X本店の東方グッズを確認してきましたが、他にもこういう出所不明のグッズを販売している店も探せばいろいろあるんですよね、秋葉原には…。
中央通りにある某I店も東方の抱き枕も店頭販売してますからね〜。
絵柄は、この「博麗霊夢」と同じものでした。

価格も同人ショップで正規に販売している同人グッズよりも比較的安いものが多いので、興味本位で買っていく方がいるのではないでしょうか。
秋葉原のおみやげみたいな感覚で…(笑)



私もサンプルとして上の写真にある4点のグッズを購入したのですが、5000円以内とそんなにお金は使っていないんですよ。

問題は、購入予定にないこれらを買ってしまったことで、どこにおけばいいのやら悩んでいるところです(笑)
…クッションはソファーの上に置くとして、抱き枕はちょっと…。






最近、プライズゲームの景品だけでなく、無許可、イラスト無断使用の東方グッズが秋葉原でますます多く見かけるようになってきた気がします。
萌えグッズが多い秋葉原らしいといえば、秋葉原らしいのですが…。

野放しにしたままだと、今後も増え続けていくんでしょうかね〜。
posted by Coo at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年07月20日

ドンキホーテ秋葉原店に「東方回転灰皿」なるものが…

秋葉原のドンキホーテ2階プライズコーナーに、また新しい東方のアレな景品が…。

電池で絵柄が回転していくようです。

上の写真の景品は、会社の同僚が入手したものらしいのですが、2種類の絵柄がゆっくり回転していく灰皿だそうです。
これは電池で動くようですね。
イラストは東方Projectのフランドールを使用しております…。



タバコを吸われる方は「東方遊戯」のオイルライターと一緒においておくといいかもしれません…。

灰皿という用途以外では、ちょっとした小物入れとしても使えそうですね。




それにしても、これはちょっと初めて見るタイプの景品です。
例の「東方遊戯」を作っている業者が無許可で作っているのか、別の会社が制作したものなのか…。
同僚の話では、英語で書かれた説明書も付いているそうですが、相変わらず会社名などが記載されてないとのこと。





その他、東方Projectのキャラクターを使った抱き枕も景品として登場したようです。
これも現物を見ていないのでわかりませんが、おそらく…。

同僚は、デフォルメされたフランドールの抱き枕を確認したとのことです。




今度、私も一度確認してみたいと思います。
多分、これを取ることはないと思いますけれど…。

取得が難しいということもあるんですが…(苦笑)





なお、無許可品でイラスト無断使用の東方プライズ景品についての私の見解などは、以前話したとおりです。
posted by Coo at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年07月06日

無許可品ばかりの東方プライズ景品…

今回も東方のプライズグッズの話題…。





東方のプライズ景品は、制作元がしっかり明記しているガチャガチャ景品(缶バッチやキーホルダーなど)を除いて、正規に許可されたものはほとんどないと思います。

特に、場末のゲームセンターで見かける「東方遊戯」などの景品が出回っており、こうした景品を私のブログでも取り上げてますが、その全てが制作元不明なんですよね。
いったいどこで作られているのか、全くわからない状況です。

当然、原作の上海アリス幻樂団さんには無許可品であり、無断でイラストを使用された東方の二次創作作家さんたちもショックが大きいのではないかと思います。





前にも書いたことがありますが、現時点ではプライズゲームの景品や秋葉原にある怪しげな雑貨屋などでしか見かけない東方の無許可グッズですが、こういうものが大量に出回ってしまったら、著作権侵害という問題だけでなく、同人業界全体に悪影響を与えてしまうのではないでしょうか。

東方Projectの原作者であるZUNさんはもちろんですが、東方の二次創作をされている同人作家さんたちで、著作権フリー宣言をしているところなどほとんどありませんからね〜。

以前、私も自分が作成したゲーム音楽MIDIを他人に無断で改変され、着メロに盗用されてしまった過去があるので、なんか他人事とは思えない…。




昨日の夜あたりに「東方遊戯 第11弾」でイラストが無断使用された「東匠壽庵」の赤りんごさんにこちらから直接メール致しました。

赤りんごさんは、画像使用に関するガイドラインを公開するなど、今回の件で相当悩んでおられるようです。
ガイドラインや日記を読んで、これらの「東方遊戯」シリーズは全て無許可、イラスト無断使用のグッズであることを私自身確信したわけですが…。

個人的な話になりますが、赤りんごさんのイラストは大好きですよ。
今年の例大祭カタログの表紙を飾っただけはある素敵なイラストで…。

言い訳ではありませんが、初めて「東方遊戯」の景品を取ろうと思ったのは、赤りんごさんのイラストを使用していることで、「東匠壽庵」の赤りんごさんが制作(もしくは許可)したものかと思ったからです(笑)



今回の東方遊戯の案件で、該当する記事を全て削除しようかとも思ったのですが、このようなことを風化させたくはないので残しておきたいと思います。
また、これに関する情報、新商品の情報記事も続けていきたいです。
何かしらの参考資料となると思います…。





さて、話は変わります。

同僚が某所で入手した東方の「ミニタオル」ですが、これも制作した企業やサークル名など書かれておらず、明らかに無許可でイラストも描かれた方には無断使用のものと思われます。

制作元不明のミニタオル

何気に裏側を見てみると…。

日本で作られているものが多いのかもしれません

日本製…!?

今まで、海外(中国あたり)で作られているものかと思っていたのですが、これは国内で制作されているものなのでしょうか。
それともミニタオルの素材そのものが日本製ということなのでしょうか。





これらを景品として扱うゲームセンターから上手く情報を仕入れて、実際に制作している会社を見つけ商品の差し止めを行ったとしても、不正に商品を作っている会社はかなりあると思いますので、そこがグッズの制作を引き継ぐ可能性もあるし、制作会社が名前を変えてしまうことだってありえます。
苦労する割には「いたちごっこ」になる気がしますよ。




何かしらの規制が入れば状況も変わってくるかもしれませんが、今のところそういう動きはないです…。



このイラスト無断使用の無許可グッズ問題は昔からずっと続いており、今後もなくならないのかもしれませんね…。
posted by Coo at 16:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

「AMUSEMENT PLACE funfun 秋葉原店」にいってみた

JR秋葉原駅昭和通り口から歩いてすぐのところにあるゲームセンター、「AMUSEMENT PLACE funfun 秋葉原店(ファンファン秋葉原店)」に行ってきました。

意外と知っている方は少ないかも…。

秋葉原駅前にあるゲームセンターなのですが、中央通りの電気街とは反対側に立地しているため、人通りも少ないんですよね。
近くに「ヨドバシAkiba」が出来た関係で、これでも数年前よりは人通りも多くなったと思うのですが…。



さて、このゲームセンターは地下1階がビデオゲームと音ゲー、1階がプライズ、2階がオンラインゲーム(麻雀ゲーム)という構成ですね。
3階より上はまんが喫茶となっております。

各フロアは秋葉原の他のゲームセンターに比べれば狭いのですが、それでも地下1階に音ゲーのような大型筐体が数台置かれ、ビデオゲーム(対戦格闘ゲームがメイン)も沢山設置されておりましたよ。

シューティングゲームに関しては、オトメディウスが1台のみ稼動しておりました。
シューティングゲームがこれしかないのは寂しい限りですが、現在の不況のご時勢、インカムが出ないシューティングゲームを大量におくのは厳しいと思いますので、仕方がないとあきらめるしかないですね…。






さて、1階のプライズゲームなんですが、ほとんどのプライズゲームの景品はよくあるゲームセンターのプライズ品です。
しかし、奥のほうのプライズの景品は、市販されているフィギュアなどが景品として並べられております。

こういうものが景品になっております

私が持っているこのグッドスマイルカンパニー「初音ミク」のPVCフィギュアは、秋葉原の某ショップで購入したものですが、こういったフィギュアが景品になっているんですよね。
今回はグッドスマイルカンパニーの「鏡音リン」と「鏡音レン」が景品となっておりました。
過去にも「figma」や「ねんどろいど」、他のいろいろなPVCフィギュアなども景品になっているのを確認しました。





但し、筐体は「ファンファンタジア」ですね。
棒を小さな穴に入れて、景品を落とすタイプのプライズゲームです。

「ファンファンタジア」は、秋葉原のゲームセンターではこのゲームセンターの他に、「秋葉原レジャーランド1号店」と「2号店」で稼動しているのを確認しております。

この「ファンファンタジア」の景品は、かなり高額なものを景品にしてあることが多いんですよね。
秋葉原で高額と思えるものを景品としているところは、ここぐらいなんですが、都内の某ゲームセンターでは「ニンテンドーDS本体」や「Wii本体」、「PS3本体」などといったゲーム機そのものを景品にしていたのを見たことがあります。

それでいて、1プレイ100円です。





しかし、難易度が高く、運の要素も大きく絡んでくるプライズ機ですよ。
個人的には遊ばない方がいいと思います。



知らない方も多いかと思うので、念のため書いておきますが、この「ファンファンタジア」はパチンコやスロットのような確率機みたいなもので、正確に穴に合わせたと思っても、大当たりフラグが発生していない場合、うまく穴に入らないようになっております。
大当たり確立も低いので、あまりオススメできません…。
稀に店側の棒の位置調整が不十分でハズレフラグの時でも穴に入ることもあるようですが…(笑)





はっきり言って、こういう腕だけでなく確率の要素まであるプライズ機はやらないほうがいいのですが、この「AMUSEMENT PLACE funfun 秋葉原店」では、ショップでは売り切れてしまい入手が困難なフィギュアなども置かれることがあるので、気になる方はチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

でも、これらの景品を入手するのは極めて難しいと思います…。
どうしても欲しい方は、ここで景品の取得を目指すよりフィギュアなどを扱っている中古ショップで、レアもののフィギュアを探し出して入手したほうが安価で済む場合がありますよ…(笑)




なお、風営法的に、こういった高額なものを景品とするのはアリなのか気になるところです。
プライズの景品は、800円までのものですからね…。
posted by Coo at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年07月05日

「東方遊戯 第12弾」のオイルライターを取ってきました

先日、会社の同僚が確認した「東方遊戯 第12弾」のオイルライターですが、私も「ドンキホーテ秋葉原店」の2階プライズゲームコーナーにてとりあえず一つだけ入手してきました。

第11弾の時もアリスから取ったので、今回も…。

ゲームコーナーの入口付近の「UFOあらかると(セガ)」に単品の東方オイルライターが入荷しており、向かいの「UFOキャッチャー」にも東方オイルライター4つで一組の景品が入っておりました。

「UFOあらかると」の筐体の中の広告には、同僚の情報通り、「東方遊戯 第12弾」と明記されてますね。
今回もこれらが無許可品だということは言うまでもないでしょう…。

「東方遊戯 第11弾」と同様、全部で10種類のイラストがあるようです。
もしかすると、この「第12弾」を全部集めてみたいというコレクターのような方もいらっしゃるかもしれませんね(笑)

まだオイルライターしか入荷していないようで、マウスパッドやステンレスカードミラーなどで「第12弾」のイラストを使用しているものは見かけませんでした。
秋葉原にはここのゲームセンターにしかない、「東方遊戯の掛け時計」も、まだ「第11弾」のままですね。






さて、今回は「UFOあらかると」で500円を使って入手しました。
実は初めて「UFOあらかると」を遊んでみたのですが、意外と簡単に景品が取れるものですね。



この景品についてですが、イラストに東方のものを使われている以外はごく普通のオイルライターです。

タバコを吸う方には使えるかもしれませんが、吸わない方にはコレクションにして部屋に飾るしかないような…(笑)
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年07月03日

ドンキホーテ秋葉原店にて、「東方遊戯 第12弾」を確認

私の会社の同僚(プライズ部長(笑))から、メールが届いておりました。
それを見てみると、ドンキホーテ秋葉原店にて、「東方遊戯 第12弾」という景品が入荷したようです。

東方遊戯 第12弾オイルライター

わざとピンボケの写真を送っていただき、ありがとうございます(笑)

これは、ZIPPO(オイルライター)ですね。
やがて、このイラストのマウスパッドやステンレスカードミラー、掛け時計やフォトフレームがどんどん作られていくわけ…か。

「高田馬場ミカド」や「秋葉原クレーン研究所」など、東方の景品を扱ったことがある全国のゲームセンターにも、これのカードミラーやマウスパッドなどが近々入荷しそうですね。





しかし、このシリーズはいつまで続くのでしょうかね〜。
これも間違いなくZUNさんやこのイラストを描かれた作家さんには無許可なシロモノだと思います。

それでも欲しいと思う方は、こういった東方系、アニメ系のプライズゲームに挑戦してみてはいかがでしょうか。





現在はプライズゲームの景品やちょっと怪しげなグッズを置いてある店にしか存在しない「東方遊戯」系グッズや明らかに著作権を無視しているようなアニメ系グッズ。
こういうものが、もしも大量に出回ってしまったら、権利者の損失(著作権侵害)だけでなく、同人業界全体に多少なりとも悪影響を与えてしまうと思います。

う〜ん。。。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年06月24日

ドンキホーテ秋葉原店のクレーンの景品に、東方の壁掛け時計など…

以前の「ドンキホーテ秋葉原店」、2階のプライズゲームの追記です…。




私の書いた記事を見て、同僚が早速ここのクレーンゲームに挑戦したようです。

取ったのは、やはり掛け時計。
あまりこういうのは見かけませんですからね〜。

相変わらず取るのが上手い…

なお、取得するのに2000円ぐらい使ったとのこと…。

実際に私が取ったわけではないのでよくわからないことも多いのですが、プライズ景品としてはやや大型です。
しかし、掛け時計として使うには小さめかと思います。



ここの台は、トリッキーな仕掛けがない分、クレーンゲームの難易度的には「秋葉原クレーン研究所」より低いかもしれませんね。

本当にどこの業者が作っているのやら…。著作権的に問題があるため、まず日本では作られないと思いますが、実際のところはどうなんでしょうか…。


この東方遊戯第11弾の絵柄を使った掛け時計は、秋葉原ではここにしか置いていないのではないでしょうか。






ちょっとグレーな景品が多いゲームコーナーですが、私の同僚のようにこういったものにも興味がある方は、一度遊びに行ってみるのも良いかと思います。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年06月22日

「ドンキホーテ秋葉原店」のプライズゲームコーナーに行ってみた

今回は、「ドンキホーテ秋葉原店」の2階のエスカレータ付近にあるプライズ専門ゲームコーナーに行ってきました。

写真は以前のものを流用しました…。今日は雨だったから上手く撮れませんよ…。

ここはドンキホーテの上の階にある「東京レジャーランド秋葉原2号店」とは別の店です。
確かに「東京レジャーランド秋葉原2号店」もプライズコーナーが大きいのですが、こちらのドンキホーテのゲームコーナーは、別の意味で凄いです。



ゲームコーナーはそんなに広くはないです。
エスカレータ脇の限られたスペースのゲームコーナーですからね〜。

ゲームコーナー内は入口にカウンターがあり、メイド服の店員さんがいらっしゃいました。
そのカウンターから店内全てのクレーン機が確認出来てしまうんですよね。
店内は当然撮影禁止なので、撮影しようものなら簡単に出入り禁止にされてしまうかもしれないので、今回は写真抜きです(笑)

ほとんどが200円1プレイの高額クレーン機なのですが、景品が「秋葉原クレーン研究所」や「新宿ミカド」などで目にしたものもあり、ここでしかないレアな景品もあるんですよ。

驚くべきは、その絵柄を使った大型の掛け時計やオイルライター(ZIPPO)、置時計など、他のゲームセンターではありえないものが景品としているのも特徴です。





東方Project関連で言えば、東方の「掛け時計」や「マウスパッド」、「ZIPPO」などが置かれておりました。

以前は、「高田馬場ミカド」にあった「東方遊戯 第11弾 ステンレスカードミラー」が箱に入って全10枚セットとか…(笑)
初めて見た時は驚いたものです。

今回纏めてあったのは、「ZIPPO4個セット」でしたけれど…。





初音ミク関連は「抱き枕カバー」や「クッション」、「タペストリー」、「置時計」など…。
その他、「けいおん!」のZIPPOや、ハルヒのフィギュア、「スラムダンク」の「Tシャツ」などなど…。

昔は市販されていた「figma 初音ミク」や「ねんどろいど」も景品にされていたこともありましたよ。

しかし、風営法的には問題ないのだろうか…。
確か景品の値段は800円以内と聞きましたので…。




難点があるとすれば基本的に200円1プレイなのですが、500円3プレイの筐体もあれば、そうでない台もあるので注意が必要です。

そういうブースには注意書きがされており、500円を入れる前に店員さんを呼ぶことで3プレイにしてくれるそうですが、忘れてしまうとと1プレイ分損をしてしまいます。



また、ここのプライズゲームは500円玉が使えないです。
100円玉を5枚投入することで、3プレイができるようになっております。
これも、ちょっと面倒ですよね…。





他のほとんどのゲームセンターには置かれてない景品が置かれているのが「ドンキホーテ秋葉原店」の最大の特徴ですね。
秋葉原のドンキホーテに立ち寄る機会があり、こういうようなレアもの(裏モノ)に興味がある方は、是非挑戦してみてはいかがでしょうか…。




続きを読む
posted by Coo at 00:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年06月21日

同僚から例の景品を頂きました…。

今日、同僚から「秋葉原クレーン研究所」で取った、東方グッズを貰う約束をしており、早速頂いてきました。

フォトフレームやマウスパッド、コレクションタオルです

しかし、よくもこんなに簡単に取れるんでしょうかね〜、私の同僚は…。



フォトフレームですが、裏側はホワイトボードになっており、磁石でメモを貼り付けることが出来るようです。
取扱説明書も付属しており、時計機能だけでなく温度計やアラーム機能も備わっているようですね。

今度、電池を入れてみて、実際に動かしてみますか…。
アラーム音が、東方Projectの曲かどうかも気になるところですからね〜。




それにしても、こういった著作権を無視したアミューズメント景品や秋葉原の小さな店でよく売られている製造元すら書いていないような小物商品(有名アニメキャラや初音ミクなどの抱き枕とかタペストリーなど)は今後も増えていく傾向にあるんでしょうかね〜。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年06月07日

「秋葉原クレーン研究所」に、東方フォトフレーム(時計つき)が入荷

本日、「秋葉原クレーン研究所」に寄ってみたんですが、土曜日ということもあってか、かなり混んでおりました。



以前にも話題にしたように、ここのプライズ専門ゲームセンターは東方関連のグッズも取り扱っているんですよね。

今回の東方グッズの注目品は、「東方フォトフレーム」でしょうか。

早速同僚が取ってきたようです。しかし、よく取れたものですよ…。


このフォトフレームは下部にデジタル時計が付いているもので、結構使い道がありそうですね。
イラストは「東方遊戯 第11弾」に使用されていたものでした。

間違いなくイラストを描いた方には無許可でしょうが…(苦笑)



ちなみに「東方遊戯 第11弾」の絵柄はどういうものかというと…。
「東方遊戯 第11弾 ステンレスカードミラー」


これと同じイラストが、この「フォトフレーム」に使われております。
一番左上の「霊夢」なんかは、今年の例大祭に参加された方なら、誰だって見たことがあるイラストですよね…(笑)



1プレイ200円、3プレイ500円のUFOキャッチャーの景品なのですが、これまた入手するのには難易度が高そうです。

私は入手できませんでしたが、取れた方は1つのフォトフレームに連続プレイで3000円以上も投資しておりました…。
(私の会社の同僚も3000円くらいだそうです)

普通に考えると「回収台」と思われてもおかしくないのですが、やはりどうしてもこれが欲しいという方が沢山いらっしゃるようですね。
私が来た時は、これに挑戦するために順番待ちの列まで出来てましたので…(笑)





また、在庫切れかと思われていた「東方マウスパッド」も再入荷しておりましたよ。
このクレーン台もかなり多くの方がプレイなさってました。
こちらも「東方遊戯 第11弾」のイラストのものが入っております。





今までは休日でもあまり客が入っていなかった「秋葉原クレーン研究所」ですが、この人通りの多い場所に引越ししたおかげで、なかなかいい売り上げが期待できるかもしれないですね。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年06月03日

「秋葉原クレーン研究所」の東方マウスパッドが在庫切れ!?

本日、「秋葉原クレーン研究所」に、またお邪魔してみました。

訪れた動機としましては、同僚があれほど沢山「東方マウスパッド」を入手していたので、私も頑張ってみたくなったためです(笑)

看板が出来て、本格始動ですね!


ようやく看板も出来上がったようですね。
ちなみに右側のキャラクターはマスコットキャラの「くれなちゃん」だそうです。
腕がクレーンなのが印象的ですよね。





さて、景品のひとつである「東方マウスパッド」なんですが、ほとんど取られてしまっている状況でした。
残っていたのは、「橙(チェン)」のマウスパッドのみ…。
(他は「リトバス」などのマウスパッドに…)

あれからまだ数日しか経っていないのに、あんなにあった東方系のマウスパッドがほとんどなくなってしまうとは…。

「けいおん!」マウスパッドや「初音ミク」マウスパッドはまだ残っているのに…。

東方グッズの好きな方が、みんな取得してしまったというのでしょうかね〜。

まさか、私の同僚がほとんど取ってしまったとか…(笑)



いやはや、何にせよ人気が高い景品ですわ…。
また沢山入荷してほしいですよね〜。





しかし、以前店員さんから聞いたことがあるんですが、この「東方マウスパッド」は入荷数がかなり少ないそうです。
景品として中に入っていたマウスパッドの同じ絵柄のものを、後日再入荷するということは、あまり無いのかもしれませんね。

気に入ったイラストのものがあったならば、頑張ってその日のうちに入手するのが一番かと…。



でも、前にも書きましたが、このUFOキャッチャー、かなり難易度が高いと思います…。

簡単に取れる方が羨ましいです…。
posted by Coo at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年06月01日

昔は設定がそんなに厳しくなかったとか…

今回は「秋葉原クレーン研究所」(旧店舗)のプライズゲームの景品の一つ、「東方マウスパッド」の話題…。



私の会社の同僚の話です。

今では閉鎖されている「秋葉原クレーン研究所」(旧店舗)ですが、今年の初めにこの店舗が出来た頃には、既に「東方関連」のグッズが景品におかれていたようですね。
「マウスパッド」にあっては、今ほど設定が厳しくなく、なかなか取りやすい状況だったとか…。

早速、その同僚からメールが来まして、今までここで取得した「東方マウスパッド」の写真を添付してくれました。




しかし、こんなに取ったのか…。
正直言って、1枚ぐらい譲っていただきたいものです…(笑)

昔から東方の景品はあったのですね…。まりさ天子と小町それにしてもよくこんなに取れたものです今では入手できないイラストもありますね。



最初、話を聞いたときは、2、3枚くらい入手出来たものかと思っていたのですが、まさかこれほどまで取得していたとは思いませんでした。
当時も1プレイ200円だったようですが、今とは違って簡単に持ち上がったそうです。

これらを見ると、今では入手できないようなイラストもありますね。
現在のチチブデンキ跡地に出来た新店舗では、「東方遊戯 第11弾」のイラストが中心だし…。




こんな状況だったのを知っていれば、私もここのプライズを遊んでいたと思いますよ。

ああ、同僚が羨ましいですわ…。




また、その他にも「ステンレスカードミラー」のような景品だけでなく時計などのアクセサリーもあったようです。

一度目にしたいものですね〜…。
posted by Coo at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年05月30日

秋葉原クレーン研究所に行ってみた

今回は、5月28日にオープンしたばかりゲームセンター、「秋葉原クレーン研究所」に行ってきました。

チチブデンキ跡地がプライズゲームセンターに…


ここは秋葉原の「おでん缶の聖地」とも呼ばれるチチブデンキ跡地に出来たプライズゲーム専門のゲームセンターで、「Try Amusement Tower」の別館ともいえる店ですね。
店内はかなり狭いです。
それでも大型のUFOキャッチャーやコンビニキャッチャーなどが沢山置かれております。

以前よりもお客さんが沢山いらっしゃいましたよ。
立地条件が悪くて閑散とした旧店舗よりも、こちらは人通りが多いところですからね〜。



前にも話題に取り上げましたが、このゲーセンの魅力は他ではあまり見かけないような景品を扱っていることが多いことでしょうか。





今回は中にフィギュアが入った福袋(大・小)が目玉と言えば目玉でしょうか…。

早速、挑戦してみましたが、私は全然取れませんでしたよ。
運良く1回で取れた方もいらっしゃったようで、羨ましい限りです(笑)
アームの力が強かったので、もしかすると頑張れば取れたかもしれませんね。
この福袋は大の袋のほうが1プレイ200円、小の袋は1プレイ100円でした。



予想通り、「初音ミク オルゴールフィギュア」もありました。
しかも結構在庫が残っているようで…。

まだ在庫がありますね〜。


他のゲーセンでは、もうあまり見ることができない景品だけに入手したいところです。
これも1プレイ200円…。

挑戦したところ、なんと1回で取れちゃいました(笑)
調子に乗って、また何回かやってみましたが、3000円も使わずして、もう一方の「はちゅねミク」も入手することが出来ましたよ…。
かつては13000円も使って、ようやく取れた景品だったのですが…(笑)

やっと2種類揃いました…


これで全2種類コンプリートですね〜♪



それと東方関連の景品ですが、やはりありましたよ…。
「ステンレスカードミラー」かと思ったのですが、今回は「Wカードケース」でしたね。
個人的には「ステンレスカードミラー」のほうが良かったのですが…。

ぶっちゃけて言えば、著作権的にも怪しい景品なんですけれどね…。


この「Wカードケース」に関しては、「新宿ゲーセン・ミカド」や仙台の「ゲームコーナー東部」でも見かけたことがありますね。

これは1プレイ100円ですが、難易度が高いので注意ですね。
入手するには運も必要になってくるかと思います。
とりあえず、ひとつだけ入手できました。

カードミラーと比べると、チープな感じが否めませんね…。





また、「マウスパッド」もやはり景品になっております。
これも非常に難易度が高いかと思われます。
なかなか上手くつかんでくれないんですよ…。
1プレイ200円なのもきついですよね。

そういえば、このゲーセン以外に東方などのマウスパッドを置いているゲーセンはあまり見かけませんね〜…。


ちなみに、左隣の筐体には「けいおん!」のマウスパッドが入っていました。
「秋葉原クレーン研究所」の限定商品だそうです。





さて、このゲーセンの特徴の一つですが、女性の店員さんがアニメキャラクターのコスプレをしていることでしょうか。
今回は人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の「ハルヒ」でした。

旧店舗でもやっていたコスプレですが、どうやらここでも続けるようです。




店がかなり狭いのが難点ですが、普通のゲームセンターにはないような怪しげで(?)珍しい景品に興味がある方は一度足を運んでみるのもよいかもしれませんね。




続きを読む
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年05月26日

高田馬場ミカド、「東方遊戯 第10弾 ステンレスカードミラー」が入荷…。

高田馬場ミカドの「コンビニキャッチャー」ですが、「東方遊戯 第10弾 ステンレスカードミラー」が入荷しておりました。

欲しいと言われれば、欲しいんですけれどね…。


これは、以前、秋葉原のゲームセンター、「秋葉原クレーン研究所」や秋葉原の「ドンキホーテ」のプライズゲームにあった景品と同じものと思われます。
秋葉原で取り逃してしまった方には、もう一度入手するチャンスかと…。

なお、この第10弾のカードミラーの種類も全部で10種類あるようです。

東方遊戯シリーズは、どれも10種類の絵柄なのかな…

ここで私も試してみたんですが、なんか前に比べて引っ掛けづらくなっているようで、微妙に難易度が上がったかもしれません。
以前は思いのほか、あっさり入手することができたんですが…。





個人的には、新製品である「第11弾」のカードミラーを入れてほしいんですけれど…。

あと残り3つでコンプリートなのですが、やはりどこのゲーセンにも「第11弾」は無いんですよね…。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年05月25日

「秋葉原クレーン研究所」のオープン予定日が決定

秋葉原のチチブデンキ跡に移転する「秋葉原クレーン研究所」ですが、オープン予定日が5月28日に決定したとのこと。

オープンを記念して、大サービス台や福袋なども用意するようです。




以前の「秋葉原クレーン研究所」のときもそうでしたが、この店は他では目にしないような景品を取り扱っているのも特徴だと思います。

「初音ミク オルゴールフィギュア」も、つい先日まで景品にあったりしましたからね〜。

また、「新宿・高田馬場ミカド」にあったコンビニキャッチャーも設置されており、秋葉原では珍しい「東方遊戯 ステンレスカードミラー」などを景品にしていたのも印象的です。
そういえば、東方のマウスパッドやトレーディングカードケースなども景品にしていたときもあったので、東方Projectのファンの方もチェックすべきゲーセンかもしれません。





場所的には「あきばお〜」や「まんだらけ」など、PCグッズやおもちゃ、同人関係を扱う店舗が多いところなので、こういうものに興味のある方は立ち寄りやすい場所かと思います。





個人的な話ですが、28日は仕事の関係上秋葉原に行く予定がないので、30日か31日にお邪魔してみたいと思います。
そのときまでに福袋とか、まだ残っていればいいんですけれどね…。
posted by Coo at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年05月17日

「東方遊戯」の幽々子さま、ようやく入手できました…。

「高田馬場ミカド」のコンビニキャッチャーに入っている「東方遊戯」のゆゆ様ですが、ようやく取得することが出来ました。

これ1枚のために、かなりの金額を払いましたね〜(涙)


ああっ、やっと取れましたよ〜♪



それにしても長い戦いでした…(笑)

今回の投資金額は500円ぐらい…。
しかし、今までこのカード1枚を入手するのにどれだけのお金を使ったことか…。





さて、とりあえず現在入手済みの「東方遊戯第11弾 ステンレスカードミラー」を並べてみました。

もうここまで揃えたらコンプリートも夢じゃないかもしれません…。


こうしてみると我ながらよく集めたものだと思います…。
カードはどれも綺麗だし…。





あとは「鈴仙」と「咲夜」の2枚だけなんですが、どこかのゲーセンにコンビニキャッチャーの景品として入っていないものでしょうか…。

未だに、こういったゲームセンターを見つけられないですわ…。
posted by Coo at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年05月15日

「初音ミク」のカードミラー

高田馬場ミカドのコンビニキャッチャーにある「東方」のカードミラーは、ほとんど取得してしまったので、今度は「初音ミク」のほうに的を絞ってみました。



こちらは、2000円ぐらいの投資で6枚ほど取得することが出来ました。
設定が甘いと取得するのもあまりお金をかけずに済みますよ。

なんか簡単に入手できました。


一度、出口付近でカードがひっかかってしまい店員さんを呼び、これに便乗して奥にあったカードを手前に引き出してもらったので、狙っていたものがポンポン取れました。
サービスいいですよね〜。

でも、この初音ミクのカードは全部で25種類もあるそうです。
あまりに多いため、コンプリートは絶対に無理かもしれません…。





初音ミク関連のものは、他のゲーセンでも目にすることが多かったです。



「新宿ミカド」では、これの他にメガネ拭き(クリーナー)
UFOキャッチャーに入っているのですが、軽すぎて入手は厳しそう…。



「トライタワー」では、マウスパッドなどもありました。

なお、ここでは未だに「初音ミクオルゴールフィギュア」が景品に残っているのが素晴らしいですね。
欲しいと思っている方は、ここで挑戦するのもよいかと思います。
posted by Coo at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

今回も「東方のカードミラー」は入手できず…。

「高田馬場ミカド」にて、またもコンビニキャッチャーで「東方遊戯第11弾 ステンレスカードミラー」の取得に挑戦してきました。



しかし今回も「幽々子」のカードだけがどうしても取得できません。
なんか神々しく見えてきましたよ、このゆゆ様のカードが…(笑)

何故かうまく取れません…。


お隣りの「妖夢」は簡単に取れたんですけれどね〜…。



他のゲーセンにも行ってみたのですが、この種類のカードはないんですよね。
閉店間際の「新宿ミカド」にも「トライタワー」にもありませんでした。

ただ、秋葉原の「トライタワー」には、この絵柄のマウスパッドが置いてありました。
入荷量が少ないらしいので、お気に入りのものがあるのならば、頑張って入手するしかないと思います。

しかし、前にも話したことがありますが、トライタワーの「クレーン研究所」は設定が厳しいです。
このマウスパッドの入っているUFOキャッチャーですが、商品を落とす穴がぎりぎり商品が落ちるような感じですので、相当手こずるかと思います。
1プレイ200円、3プレイ500円というのも…。
私も1000円ほどやってみたのですが、取得はできませんでした。




高田馬場ミカド以外にこのカードを扱っているゲームセンターがない以上、カードミラーの全取得はやはり無理です…。

もっと良く探す必要があるかもしれませんが…。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年05月10日

あと残り3種類なんですけれどね…

「東方遊戯 第11弾ステンレスカードミラー」ですが、今日もまた「高田馬場ミカド」にて挑戦してきました…。

今回は1600円くらい使って、取得したのは4枚でした。

あと残り3種類…


左から「パチュリー」、「妖夢」、「文」、「紫」です。
これで7種類入手済み。
残りは「幽々子」、「咲夜」、「うどんげ」の3種類を残すのみとなりました。



実をいうと、この4つを取得した段階では800円しか使っていなかったんですけれどね。

1000円ほどゆゆ様のカードのみを狙ったのですが取得できませんでした…。
完全にカードが斜めになってしまっていて、アームの微調整で元に戻しても、うまくカードを挟んでくれない…。

ゆゆ様、恐るべし…。
流石はラスボスといったところでしょうか(笑)





さて、先日まで景品にあった「うどんげ」のカードが無くなっていたのが残念です。

他のゲーセンでは、このシリーズがコンビニキャッチャーの景品として入荷しているところはなかったので、残りを入手するのは厳しそうですね。

秋葉原のドンキホーテのクレーンの景品にこれの10種類セットというものがありましたが、まず簡単に取れそうにないですし…。



ドンキホーテの景品上に「新製品」と書かれていたので、「トライタワー」あたりに入荷するとは思いますが、あそこは設定が厳しいからな〜…。
posted by Coo at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品

2009年05月07日

暇つぶしにコンビニキャッチャーを…

今回は、久しぶりにプライズゲーム。
バンプレストの「コンビニキャッチャー」を初めてやってみました(笑)

最近の私は、プライズゲームというと「UFOキャッチャー」ぐらいしかやっていなかったんですよね。
あとはお金さえ入れれば絶対に出てくる「ガチャガチャ」みたいなものとか…。

仕事帰りにまた「高田馬場ミカド」に寄ったので、他のゲームをプレイした息抜きに遊んでみました。





昨日、このブログの東方フィギュアの話題で「アリス」についてのレスがあり、思えば私は「アリス」を含め、東方に関するグッズはあまり持っていないんですよね。

ちょうど、ここのコンビニキャッチャーに東方の「ステンレスカードミラー」が入っていたので、これに初挑戦したわけで…。





結果からいうと、すごくあっさり取れてしまいました。
1回目にアリスのカードを狙ってみたら、2枚一緒に掴む事が出来、いとも簡単に2枚入手…。

1回目で失敗したらあきらめようかと思った私ですが、2枚取れたことで調子に乗って800円ほど使ったところ、さらに「霊夢」も「魔理沙」も取れてしまいました。

800円で合計4枚。
但し、アリスはダブってしまいましたが…(笑)

設定が甘いのかな、これ…。





去年、UFOキャッチャーの景品である「初音ミクオルゴールフィギュア」に1万円以上つぎ込んで、ようやく1つ取ったという苦い経験から、ちょっとプライズゲームから遠ざかっていたんですが、こういう小物狙いだと、そこまで投資せずに済みそうです。

カード自体は綺麗で、中には専用のケースが付属しているようです。


今回入手した、東方のステンレスカードミラーは全部で10種類あるとか…。
このバージョンは緋想天のキャラが中心なのかな…。
「霊夢」は今年の例大祭のイラストと同じですね。

流石にコンプとかは難しそうですが、他の店にもあったら挑戦してみますか…。続きを読む
posted by Coo at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 裏プライズ景品